Exifおすすめソフト! Exif情報の詳細確認やGPS含め一括削除、撮影データ編集などなど  

デジタルカメラで撮影された写真データには撮影の際にどういったカメラの設定がなされているかなどの情報が入っています。

写真データ内に記録されているExifがそれです。

携帯電話、スマートフォンなどで撮影した写真データにはGPSデータとして位置情報なども書き込まれていますね。

パソコンのプロパティを見たりカメラの詳細表示で確認や一部編集などは出来ますがExifには膨大なデータが含まれていて、是非一度は見てみることをオススメします!

あまり知られていないExif情報としてはカメラの総レリーズ回数というのもあります。あなたがカメラを購入してから現在までの総シャッター回数です。結構気になりますよね。他にも色々と知られていことが書き込まれています。

今回ご紹介するのは玄人好みのExif解析や閲覧、編集などのソフト達です。

初心者の方が使えば写真データにはこれほど多くのカメラ情報が書き込まれているのかと驚くことは間違い無しです。

プロフェッショナルな方は下でご紹介するソフトを使ってバイナリデータで画像データを見てみたりすると面白いかも知れません。

私が某社と写真関連ソフトの改良を行う際にExif情報を調べる必要があり以下のソフト達が大活躍してくれました。

備忘録として優秀なExif関連ソフトをご紹介しようと思います。


XnView


・非常に多機能。本当に驚くほどの機能満載。

XnViewは有名なのでご存知の方も多いかもしれませんね。EXIFを表示するだけでなくレーディング機能付きのサムネイルビュアーソフトしても使用可能。また画像をクリックし拡大表示した状態ではトリミングやリサイズ、明るさ・コントラストの自動調整、赤目補正も可能。

その他にも一括リネームやコンタクトシート作成、印刷まで出来る。バイナリデータの閲覧も可能。オールマイティのExif表示ソフト。現在でも最新版へ更新し続けている数少ないExif関連ソフト。

「iOS 11」で採用されたHEIF画像をいち早くサポートしたことでも有名です。

EXIF表示ソフトというよりも500種類以上の画像形式に対応していることもあり、エクスプローラー型画像ビューワーとしての認知度が高いと思います。Exif閲覧ソフトとしても優秀です。


ExifToolGUI



・ExifToolGUIはExif表示ソフトだけあって解析できる項目が非常に多く情報表示がとても見やすい。

画像内データを「EXIF」「XMP」「IPTC」「MAKERノート」の項目別に見ることが可能。また全てを一覧で見る「ALL」の選択も可能。ただ機能は英語表示なので慣れが必要かも。

また写真に埋め込まれた位置情報(GPS)を“Google マップ”で表示することも出来ます。メーカーのビュワーソフトだとGPSのデータからGoogle Mapに飛ぶのは一般的かもしれませんが、今回ご紹介するソフトではこのソフトだけの機能になります。

Exif閲覧、編集の専用ソフトだけあってExif内の撮影日時、作成日時、更新日時を指定した時間だけ進めたり戻したりすることも可能です。一部の方には非常に重宝されているソフトなのでは?と感じます。

使い方が分からないという方は以下のサイトで丁寧に解説してくれています。

解説ページ ExifToolGUI - k本的に無料ソフト・フリーソフト



JpegAnalyzer



・JpegAnalyzerはEXIFのタグIDを確認することが可能。かなりマニアックになってきたと思います。

タグIDはアプリ開発の際などに必要だったりしますのでタグIDが必要な場合はとても助かります。IPTCのタグに関しても表示可能。他のExif関連ソフトと違う点はタグIDが確認できる点と破損しているJPEGファイルの修復ができることです。

また違った拡張子に間違って変更されてしまった画像なども正しい拡張子を見つけ出し変換してくれます。タグIDを確認できるソフトとしては「F6 Exif」というソフトもあります。タグ確認にはどちらかのソフトが便利です。


F6 Exif



・F6 ExifもJpegAnalyzerと同様にExifタグを確認するには非常に便利なソフトです。書き込まれているデータを書き換え更新することも簡単に出来ます。

このソフトは元々スキャン画像に撮影情報(EXIF)を付加することを目的として開発されたものなので、他のExif編集ソフトと違って通常は書き換えないタグに関しても変更することが可能となります。スキャンデータはExif情報が入っていませんから手動入力するわけですが、デジタルカメラで撮影したデータでも書き換えることが可能です。

玄人向きの詳細編集では、ほぼ全てのタグ編集(追加、変更、削除)が可能なのは凄いですね。

Moontail




・画像内にあるバイナリデータの閲覧や検索をする場合に役に立ちます。製作者は648円の寄付を求めており基本的には有料ソフトですが寄付として代金を求めているので無料で使用することも可能です。ソフトが気に入ったら寄付という形がとれるソフトです。

バイナリデータ内を検索することが容易です。フォトグラファーでこのソフトを必要とする方は少ないかと思いますがマニアックな方用に念のためにご紹介しておきます。



以下は番外編として2つのソフトをご紹介します。

Exifデータを削除するソフトとネットにアップされている画像のExif閲覧ソフトです。似たソフトは他にも色々ありますので使い勝手のあっているものを見つけて見て下さい。


ExifEraser

画像内にあるExifデータを一括で削除できるソフト。一枚ずつExifデータを消すのが面倒だという方にはピッタリ。


EXIF確認君
Web上にある画像のExif画像を簡易閲覧出来るサイト
PC内の画像もファイル選択で閲覧も可能

カメラ関係 | 2017.11.30 [EDIT]

AIを使用した無料の画像拡大ソフトが本当に凄い!想像以上の写真に!

10月21日に公開され世界中で話題になっている画像拡大ソフト(Webアプリケーション)Let's Enhanceをご紹介します。

Let's Enhanceはニューラルネットワークを使用して画像拡大をするWebソフトです。


通常のソフトで行われている画像拡大と手法が異なり、最初にポートレートや風景、食品など画像種類やタイプを認識。その上でネットワークを使用し画像タイプごとに自然な画像拡大を実現。

使い方はサイトへアクセスしてPC内にある画像をドラッグ&ドロップするだけ。本当に簡単です。ダウンロードするにはFacebookアカウントなどを使用してログインする必要はあります。



Let's Enhanceに画像をアップロードすると即座に処理が開始され約2分程で画像処理が完了します。ただ世界的に取り上げらたこともあり混み合っている時には10分程度処理に時間がかかることもあります。

詳細は以下で。





DxO版「Nik Collection 2018 Edition」は2018年中頃にリリース!価格は?

画像処理のプラグインソフトとして多くのフォトグラファーから支持を受けている「Nik Collection」ですが、GoogleからDxOへと権利が移り来年の2018年中頃にパワーアップしてリリースされるのだそうです。

「Nik Collection」といえばレタッチソフトのプラグインソフトとして500ドルほどで販売されていた有料ソフトでしたがGoogleに買収され2016年からは無料公開されていました。



無料ということもあって多くのフォトグラファーがこのプラグインソフトを使っています。
ただグーグルが「Nik Collection」バージョンアップを止めてしまい現行バージョンが最終版となっていました。

そこへDxOが手を上げ「Nik Collection」に新たな命を吹き込んでくれるようです。
現在は無料で公開されていますが「Nik Collection 2018 Edition」が無料で公開されるのか有料になるかのアナウンスはありません。

ネット上では年80ドル程度で公開されるという話が出ていますが真偽の程は分かりません。
現在無料のものを一気に500ドルなどに引き上げることは難しいでしょうから、有料の場合は100ドル以下での公開というのは真実味はありますね。


現在公開されている無料バージョンはグーグルの以下のページからも現在DL可能です。
https://www.google.com/intl/ja/nikcollection/
今後はDxOのページのみに変更されるかもしれませんね。DxOのDLアドレスは以下のプレスリリースページにてメールアドレス登録するとアドレスが送られて来るようです。


DxOのNik Collectionプレスリリースページはこちら↓
メールアドレスを登録しておくと公開時には連絡がくるかと思います。

Homepage - Nik Collection by DxO



すごい便利で高性能の無料のスキャンアプリ「Adobe Scan」 OCR認識率も抜群です

すでにDLしている方が多いかと思いますが、Adobeから新しく発表されたスキャンアプリ「Adobe Scan」は使い勝手の良さや性能の良さから大満足なアプリです。

Adobe Acrobat Readerモバイル版アプリと連動させることでOCRされたテキストをコピーや検索することも可能。PDFに下線やハイライト、注釈などを追加することも可能です。

OCRアプリだとOffice LENSが優秀でよく使っていましたが、このアプリも負けず劣らずというか勝っているかも。 使い勝手から言えば明らかに「Adobe Scan」を常用したくなります。

自動シャッター機能も付いていますし(シャッターを切った後に手動でトリミングをすることも可能)、複数枚の撮影を1つのPDFファイルにすることも当然可能です。
1つのPDF内ではOCRされた文字を検索することも可能ですが、複数のPDFファイル内を一括検索することは現在の所できません。この点はエバーノートに軍配が上がりますね。ただ今後のバージョンアップに期待です。

とにかく他人に教えたくなるアプリであることは確実。もしもまだダウンロードされていなければ是非試してみてくださいね。

Adobe Scan:   App Store

「Adobe Scan: PDFスキャナー、ドキュメント、レシート」のレビューをチェック、カスタマー評価を比較、スクリーンショットを確認、詳細情報を入手。Adobe Scan: PDFスキャナー、ドキュメント、レシートをダウンロードして iPhone、iPad、iPod touch で利用。



Adobe Scan - Android Apps on Google Play

無料のスキャンアプリ「Adobe Scan」の使い方 | Adobe Document Cloud - Japan

もう怖くない!写真好きのためのNAS入門!NASのメリット、デメリットから選び方までまとめ | studio9

カメラ:[お手軽RAW現像]各種補正の効果を比較しながら徹底解説! キヤノンDPP4の使い方[上級編](GetNavi web) - 毎日新聞

山手線、全車両に防犯カメラ 18年春から

無料!誰でも簡単にポスターや雑誌などのデザインが作成できる「Canva」が日本語化

クラウド型グラフィックデザイン作成サービス「Canva」の日本語版が登場したとのこと。

公式プレスリリース

Internet Watchの記事を読むと8000種類以上のテンプレート、アイコンや写真など5万点以上の画像素材が用意されているのだとか。

ポスターや雑誌などのデザインカードを使ったり名刺を作ったりブログデザイン、Facebookのバナーなど色々なテンプレートがあるそうです。

早速使ってみましたが、たしかにテンプレートは多いですね~。テンプレートだけなら最近はスマホ内の画像を使って自動的にテンプレートに沿って自動的に配置してくれるアプリも結構ありますから使い勝手だけを言えばスマホのアプリのほうが簡単。

ただテンプレートの数やフォント数、そしてカスタマイズ性能から言ったら確実に「Canva」の方が良いですね。

デザインのイメージが欲しい時のネタ帳的にも使えるかも。

Facebookアカウントがあればログインは一瞬で可能ですので試しに使ってみても良いかと思いますよ~。

あと、気になったのはカメラマンに必要なスキル的な記事とか。Photographerとは言っても最近はレタッチも出来ないと仕事が・・・。確かにレタッチは昔で言えば焼きの技術にも通じるものがありますしね。

今更ながらの内容ですがご紹介。

無料で使えるクラウド型グラフィックデザイン作成サービス「Canva」が日本語化 オシャレなプレゼンスライドやSNSヘッダー画像、名刺など、ブラウザー上で簡単作成

クラウド型グラフィックデザイン作成サービス「Canva」の日本語版が登場した。プレゼンテーション用のスライド、SNS用のヘッダー画像、名刺、ポストカード、ポスター、賞状、商品ラベル、本などのデザインをウェブブラウザーまたはiOSアプリ上から簡単に行える。





New to Canva? Sign up!

カメラマンになるには 仕事内容と求められるスキル - Ameba News [アメーバニュース]

ニコン、デジタル一眼レフ「D7500」を6月9日に発売 D500譲りの画質性能を持つDXフォーマット新モデル

カメラが有効な入力手段に、「Google Lens」が拓くモバイルの可能性 (1) Google Lensで何ができるか

カメラのキタムラ、ネガフィルムをデータ化する「スマホ転送サービス」

Galaxy Note8、デュアルカメラに「3倍光学ズーム」機能を実装か - GGSOKU - ガジェット速報

The Korea Hearaldは16日(現地時間)、「Galaxy Note8」には、最大3倍の光学ズーム機能が搭載される見込みと報じています。 デュアルカメラ搭載機のコンセプト画像 業界観測筋によると、Galaxy Note8には、1200万画素の広角カメラと1300万画素の望遠カメラで構成されるデュアルカメラが搭載され、最大3倍の光学ズーム機能が実装される見通しとのことです。



SNS映えする写真の要素、色は?ポイントは「食」/テーマによって異なる人気色【スナップレイス調査】



Adobeが公開した自撮り写真の加工動画やAppleの新しい動画作成アプリ「Clips(クリップス)」など

先週末に公開された写真関連ネタですが、AdobeがYouTubeに公開した自撮り撮影加工動画が話題になっています。
Adobeが将来行われるであろう自撮り風景を動画にしたものですが、これが凄い。もちろん現在まったく同じことが行えるアプリが公開されている訳ではありませんが、こういったアプリの登場は時間の問題かもしれません。

何が凄いかは動画を見てのお楽しみ。

他にはAppleの新しい動画作成アプリ「Clips」(クリップス)が話題になっています。1つの動画の中で別々のフィルターが使用可能だったりテロップの入力や吹き出しの入力も簡単に行えたりと慣れれば色々と面白い動画が作れるのかもしれません。写真から動画を作ったり動画編集をiPhoneで行ったりしている方は試してみると良いかもしれません。

個人的に一番驚いたのはスカイプのリアルタイム音声翻訳機能です。後半に動画を載せておきました。使えば使うほど賢くなるらしくあと10年もすれば商談や会談など公式な場面以外では通訳が必要なくなる???まあそれは無いか・・・。

写真の一部だけのカラーを残してモノクロ化するアプリが無料とのこと。先ほど見てみたら4/9時点ではまだ無料でした。一応リンク貼っておきます。





写真はますます頭脳的になる!電通デザイントーク【前編】 | AdverTimes(アドタイ)

フィルムへの回帰が起きている 菅付:2010年代の写真はデジタルの浸透によって、2つの領域で大きな変化が起きています。まず1つ目は「写す道具のデジタル化」、そして2つ目は「見せるメディアのデジタル化」です。写す道具のデジタル化は、なんといってもスマートフォンが象徴的です。iPhoneだけを見ても、半年前の統計では世界で約10億台が売れています。スマートフォンにはカメラが付いており、ほとんどの人が常時、カメラを持って生活しているわけです。



360度カメラ全方位チェック--VR時代のカメラ選び【動画画質比較編】



最速レビュー:iPhoneでの動画作成を"作業"ではなく"楽しい"にする「Clips」は一刻も早く使うべき




Clips App Store

Clipsは、愉快で面白いビデオクリップを手軽に作成して世界中の友人や家族と共有するための新しいAppです。数回タップするだけで、ビデオメッセージを簡単に作成・送信ができ、アニメーションテキストやグラフィックや絵文字やミュージックなどを入れたストーリーも作れます。




240円→無料!自由にアクセントカラーだけ残して全体をモノクロにするカラースプラッシュ写真が作れるアプリ「Depello」ほか




Microsoftが自撮り用カメラアプリを公開やドローン操縦教育が目的の新商品発表

Microsoftが新しい自撮りアプリを出したようですね。私はまだダウンロードしてないのでコメントが控えさせて頂きます^^;

全然話は違いますが機能はヤフーにネット回線の質問で電話したのですが待たされた時間が1時間を超えました・・・。
さすがに17時辺りは非常に混んでいますね~。もう少しオペレーターさんの数を増やせないものですかね。現場のオペレーターさんが可哀想です。


ドローンの新商品情報もありましたが今回のは操縦講習が目的の商品。こういうのを待っていた人も多いかも。私も結構欲しい。買うかも。


Microsoft、Snapchat風の自撮り用カメラアプリを公開 4/5 夕方のセール情報!画像のコラージュや合成が簡単にできる『GoPic』120円→無料 | かみあぷ - iPhoneひとすじ! ドローン操縦者向け教育アプリ「DRONE STAR™」を発表 総務省、「ドローン等に用いられる無線設備について」を公開

Nikon | ニコンミュージアム | 企画展・イベント

創立100周年記念企画展第2回「カメラ試作機~開発者たちの思い」

約450種類の無料WiFiに自動接続できる神アプリ『タウンWiFi』がアメリカに対応!! | AppBank - iPhone, スマホのたのしみを見つけよう 続きは以下へ



無料の高品質写真素材サイト「Burst」が凄い件や各地のロケハン/ロケ地マップの紹介など

皆さんフリー素材サイトってどこを使っていますか?え?使ってない?^^;
でも気になりますよね高品質な大量の写真が無料でダウンロード可能と聞くと・・・7。

Burstという無料素材サイトが最近公開されたらしいのですが、そこで検索できる写真は全て使用無料!Creative Commons Zeroのライセンスで提供されているとのこと。

実際にサイトを訪れ写真を見てみましたが写真の質も悪くないですし長辺5000px程度ある写真が多いです。事前に登録作業も無くて写真が表示されているページのダウンロードボタンを押せばパソコンへダウンロードされる仕組みです。あまりのあっさり加減にびっくりしました。
日本にも無料の素材サイトは沢山ありますが、今回紹介したサイトは今後も登録枚数が増えることを考えると非常に秀逸なサイトかと思いましたのでご紹介しました。

あと、最近はロケ誘致などを行うフィルムコミッションが盛んなようです。数年前と比べると行政が運営するフィルムコミッションサイトも多くないっているように思います。浜松市でも昨年は過去最高のロケ誘致が出来たとプレスリリースしていました。そんな話も聞いたものでロケ地マップのリンク集やロケ支援実績情報リストサイトなどのリンクを貼っておきました。気になる方はご活用下さい。

最後にひとこと。写真と全然関係ないのですが「Amazon Echo」って非常に話題になってますよね。で、あのエコーに搭載されているAlexaの音声認識機能が先月中旬に『Amazon』アプリに搭載されることが発表されたとのこと。これは非常に面白いかも。実際に搭載されたら試してみたいです。そのニュースも貼り付けておきました。



ShopifyのBurstは無料の素材写真サイト、ネット・ショップの内外装用に無難できれいな画像を集める | TechCrunch Japan
Popular collections ロケ地マップ情報リスト|ジャパン・フィルムコミッション ロケ支援実績情報リスト|ジャパン・フィルムコミッション ロケ地探しに最適なサイトのまとめ! 撮影場所探しの検索に困ったらどうぞ|写真関係全般 デジタル@備忘録 米大統領夫人写真に賛否=「修正し過ぎ」:時事ドットコム 続きは以下へ



無料セールのパノラマアプリやマイクロストックフォトリニューアル情報など

今日は360度パノラマビューアプリの無料セール情報やマイクロストックフォトリニューアル情報などです。
無料になっているEOPANアプリはTHETAなどで撮影した360度全天周画像をスマフォのジャイロ情報を使って見られるようにしたアプリですが、画像にポイントを打ってメモを記入できるなど純正のビューアプリには無い面白い機能も持ち合わせています。

360度撮影カメラをお持ちの方は無料の今のタイミングで試しにダウンロードしてみてはいかがでしょうか。
その他360fly 4Kのレビュー動画がありましたのでそちらもリンクしておきました。

そして、アマナやゲッティの素材を購入できるマイクロストックフォトのリニューアル情報がありました。Photographerとして登録可能なサイトもありましので気になる方は新規販売サイトとしてチェックしてみては?

個人的にはデジカメinfoさんのNikonカメラのセンサーメーカー一覧が一番気になりました。昔から確認しているセンサー情報を一覧にしてくれています。

4/2のセール情報:ジャイロ機能に対応したパノラマ画像アプリ「EOPAN」無料セール | かみあぷ - iPhoneひとすじ!
動画:ダイビングでも使える! アクションカムになるパノラマカメラ「360fly 4K」 レビュー。最深40mの防水仕様 - Engadget Japanese カメラはやっぱりキヤノン!買取価格と高く売るコツ&注意点伝授 | ガジェット通信 アマナ、ロイヤリティフリー写真サイトをリニューアル--クリエーターが販売も ニコンの一眼レフのセンサーメーカーの一覧 - デジカメinfo 続きは以下へ



CP+のトークショーやアドビセッションがWEBで公開。 男子必見?ふともも写真展情報など

今年も大盛況だったCP+ですが、参加できなかった方に朗報です。
キヤノンの公式ページにてCP+写真家トークショーがUPされました。行きたかったけど行けなかった方々やもう一度聞きたいあの話!なんて思っている方は是非チェックしてみて下さい。

アドビブースにて行われたセッションで行われたジュリアン・コスト氏にる講演に関してもShuffle by COMMERCIAL PHOTOにて文字起こししてくれています。これもじっくり読みたいですね。


auからは個人で手軽使えるNASの「Qua Station」が4月7日に発売するとのこと。1TBの容量です。
NASですから外出先からアップロードすることもダウンロードすることももちろん可能。写真や動画をどこでも保存・視聴可能です。クラウドサービスが信用できない方や自分で手軽にデータをバックアップしておきたい方にも良いかもしれませんね。

一般的なNASとの違いはパケット通信量節約のために外出先など外からのアクセスの場合は自動で1枚あたり300KB程度にリサイズしてくれるらしいです。もちろんソースデータを見ることも可能だそうですが、気がきいていますね。

その他にも色々と気になる写真関係記事がありましたのでご紹介しておきます。

CP+2017 写真家トークショー
キヤノンマーケティングジャパン / Canon Marketing Japan20 本の動画


  



写したままから、感じたままへ- LightroomとPhotoshopでクリエイティブな写真表現 | CP+ 2017 アドビセッション | Shuffle by COMMERCIAL PHOTO NEWSポストセブン|日本の写真技術 誰が、いつ、どのように広めたのか│ auの「Qua Station」が4月7日発売決定、1TB(1000GB)の写真や動画をどこでも保存・視聴可能に どれがおすすめ? スマホの写真をプリントする方法まとめ【コンビニ・ネットプリント・家電量販店】 以下へ続きます。



| ホームへ | 次ページ