ブログエディタのOpen Live Writerを日本語化する方法(パッチが公開されていました)

今までジャストシステムのxfy blog editorというブログ記事ソフトを使って書いていたのですが、パソコンのOSが変わって使えなくなってしまいました。とっくに開発は終了しているソフトだったので64bitには対応してなかったんですね。
まあ、xfy blog editorを現在まで使っていたのは私ぐらいかな(-_-;)

xfy blog editorは起動が遅くストレスも感じるソフトでしたが使い勝手は非常に良くて重宝していたので残念。で、代替ソフトをいろいろ探していたら、「Windows Live Writer」ってのがあったのですが、既にダウンロードは終了しているようで、後継ソフトの「Open Live Writer」を見つけました。

で、使ってみると日本語化されてないんですね。別に特別難しい設定とか無いので問題は無いかと思うんですが、日本語化パッチって公開されているのかな?とGoogleで検索してみると、ナント「鹿児島県肝属郡田代町関連の情報発信サイト」という個人ブログ運営者の方がパッチを公開されていました。1961年生まれとプロフィールに書かれていました。2018年現在で57歳になられるってことですよね。
こういうパッチの作成や公開ってもっと若い方を想像していただけに、意外でした。でも本当にありがとうございます。おかげで便利に使えております。

で、日本語化する方法ですが、非常に簡単です。
①サイトからパッチをダウンロードして解凍(展開)する。

②パソコン内にある「Open Live Writer > app-0.6.2」のフォルダを開く

③ダウンロードしたフォルダ内に入っている「OpenLiveWriter.Localization.dll」というファイルだけを「app-0.6.2」フォルダに入れる

④ソフトを再起動すると日本語化されます。

もともと同名のファイルが「app-0.6.2」フォルダに存在しているので、元々ある「OpenLiveWriter.Localization.dll」の拡張子をorgに変更しておくことを作成者の方はオススメされています。こういったパッチを公開してくださっている方には本当に感謝です。ありがとうございます。





Exifおすすめソフト! Exif情報の詳細確認やGPS含め一括削除、撮影データ編集などなど  

デジタルカメラで撮影された写真データには撮影の際にどういったカメラの設定がなされているかなどの情報が入っています。

写真データ内に記録されているExifがそれです。

携帯電話、スマートフォンなどで撮影した写真データにはGPSデータとして位置情報なども書き込まれていますね。

パソコンのプロパティを見たりカメラの詳細表示で確認や一部編集などは出来ますがExifには膨大なデータが含まれていて、是非一度は見てみることをオススメします!

あまり知られていないExif情報としてはカメラの総レリーズ回数というのもあります。あなたがカメラを購入してから現在までの総シャッター回数です。結構気になりますよね。他にも色々と知られていことが書き込まれています。

今回ご紹介するのは玄人好みのExif解析や閲覧、編集などのソフト達です。

初心者の方が使えば写真データにはこれほど多くのカメラ情報が書き込まれているのかと驚くことは間違い無しです。

プロフェッショナルな方は下でご紹介するソフトを使ってバイナリデータで画像データを見てみたりすると面白いかも知れません。

私が某社と写真関連ソフトの改良を行う際にExif情報を調べる必要があり以下のソフト達が大活躍してくれました。

備忘録として優秀なExif関連ソフトをご紹介しようと思います。


XnView


・非常に多機能。本当に驚くほどの機能満載。

XnViewは有名なのでご存知の方も多いかもしれませんね。EXIFを表示するだけでなくレーディング機能付きのサムネイルビュアーソフトしても使用可能。また画像をクリックし拡大表示した状態ではトリミングやリサイズ、明るさ・コントラストの自動調整、赤目補正も可能。

その他にも一括リネームやコンタクトシート作成、印刷まで出来る。バイナリデータの閲覧も可能。オールマイティのExif表示ソフト。現在でも最新版へ更新し続けている数少ないExif関連ソフト。

「iOS 11」で採用されたHEIF画像をいち早くサポートしたことでも有名です。

EXIF表示ソフトというよりも500種類以上の画像形式に対応していることもあり、エクスプローラー型画像ビューワーとしての認知度が高いと思います。Exif閲覧ソフトとしても優秀です。


ExifToolGUI



・ExifToolGUIはExif表示ソフトだけあって解析できる項目が非常に多く情報表示がとても見やすい。

画像内データを「EXIF」「XMP」「IPTC」「MAKERノート」の項目別に見ることが可能。また全てを一覧で見る「ALL」の選択も可能。ただ機能は英語表示なので慣れが必要かも。

また写真に埋め込まれた位置情報(GPS)を“Google マップ”で表示することも出来ます。メーカーのビュワーソフトだとGPSのデータからGoogle Mapに飛ぶのは一般的かもしれませんが、今回ご紹介するソフトではこのソフトだけの機能になります。

Exif閲覧、編集の専用ソフトだけあってExif内の撮影日時、作成日時、更新日時を指定した時間だけ進めたり戻したりすることも可能です。一部の方には非常に重宝されているソフトなのでは?と感じます。

使い方が分からないという方は以下のサイトで丁寧に解説してくれています。

解説ページ ExifToolGUI - k本的に無料ソフト・フリーソフト



JpegAnalyzer



・JpegAnalyzerはEXIFのタグIDを確認することが可能。かなりマニアックになってきたと思います。

タグIDはアプリ開発の際などに必要だったりしますのでタグIDが必要な場合はとても助かります。IPTCのタグに関しても表示可能。他のExif関連ソフトと違う点はタグIDが確認できる点と破損しているJPEGファイルの修復ができることです。

また違った拡張子に間違って変更されてしまった画像なども正しい拡張子を見つけ出し変換してくれます。タグIDを確認できるソフトとしては「F6 Exif」というソフトもあります。タグ確認にはどちらかのソフトが便利です。


F6 Exif



・F6 ExifもJpegAnalyzerと同様にExifタグを確認するには非常に便利なソフトです。書き込まれているデータを書き換え更新することも簡単に出来ます。

このソフトは元々スキャン画像に撮影情報(EXIF)を付加することを目的として開発されたものなので、他のExif編集ソフトと違って通常は書き換えないタグに関しても変更することが可能となります。スキャンデータはExif情報が入っていませんから手動入力するわけですが、デジタルカメラで撮影したデータでも書き換えることが可能です。

玄人向きの詳細編集では、ほぼ全てのタグ編集(追加、変更、削除)が可能なのは凄いですね。

Moontail




・画像内にあるバイナリデータの閲覧や検索をする場合に役に立ちます。製作者は648円の寄付を求めており基本的には有料ソフトですが寄付として代金を求めているので無料で使用することも可能です。ソフトが気に入ったら寄付という形がとれるソフトです。

バイナリデータ内を検索することが容易です。フォトグラファーでこのソフトを必要とする方は少ないかと思いますがマニアックな方用に念のためにご紹介しておきます。



以下は番外編として2つのソフトをご紹介します。

Exifデータを削除するソフトとネットにアップされている画像のExif閲覧ソフトです。似たソフトは他にも色々ありますので使い勝手のあっているものを見つけて見て下さい。


ExifEraser

画像内にあるExifデータを一括で削除できるソフト。一枚ずつExifデータを消すのが面倒だという方にはピッタリ。


EXIF確認君
Web上にある画像のExif画像を簡易閲覧出来るサイト
PC内の画像もファイル選択で閲覧も可能

カメラ関係 | 2017.11.30 [EDIT]

DxO版「Nik Collection 2018 Edition」は2018年中頃にリリース!価格は?

画像処理のプラグインソフトとして多くのフォトグラファーから支持を受けている「Nik Collection」ですが、GoogleからDxOへと権利が移り来年の2018年中頃にパワーアップしてリリースされるのだそうです。

「Nik Collection」といえばレタッチソフトのプラグインソフトとして500ドルほどで販売されていた有料ソフトでしたがGoogleに買収され2016年からは無料公開されていました。



無料ということもあって多くのフォトグラファーがこのプラグインソフトを使っています。
ただグーグルが「Nik Collection」バージョンアップを止めてしまい現行バージョンが最終版となっていました。

そこへDxOが手を上げ「Nik Collection」に新たな命を吹き込んでくれるようです。
現在は無料で公開されていますが「Nik Collection 2018 Edition」が無料で公開されるのか有料になるかのアナウンスはありません。

ネット上では年80ドル程度で公開されるという話が出ていますが真偽の程は分かりません。
現在無料のものを一気に500ドルなどに引き上げることは難しいでしょうから、有料の場合は100ドル以下での公開というのは真実味はありますね。


現在公開されている無料バージョンはグーグルの以下のページからも現在DL可能です。
https://www.google.com/intl/ja/nikcollection/
今後はDxOのページのみに変更されるかもしれませんね。DxOのDLアドレスは以下のプレスリリースページにてメールアドレス登録するとアドレスが送られて来るようです。


DxOのNik Collectionプレスリリースページはこちら↓
メールアドレスを登録しておくと公開時には連絡がくるかと思います。

Homepage - Nik Collection by DxO



iPhone 8/8Plusの画質が想像以上に凄かった!DxOMarkのテスト結果を見て思ったこと。

DxOMarkがiPhone 8 と iPhone 8 Plus の画像スコアを公開しましたが、その値と以前の機種との差を見比べると「マジで~~」と声が出るぐらい驚きました。

私が今使っているのはiPhone6sで今回発売発表されたiPhone8やiPhoneXに乗り換えるか悩んでいたんですが、完全に乗り換えモード全開に変わりました。正直iPhone8の新しいスペックに惹かれるところが何もなくて今回は乗り換えずにiPhone6sでNMPにでもしようかなぁと思っていたのですが・・・。

他のスマートフォンと比べてもDxOMarkによればiPhone 8 Plusがぶっちぎりの1位!そして2位もiPhone 8 ということで1,2位ともに今回の新型iPhoneが最高画質を叩き出しています。
詳しい数値は後にして、歴代機種の画質の差がこちら↓



同じ条件下で撮影した画像を比べるとこんなに差があるの~~~~???と驚きます。
私のiPhone 6s ってこんなに画質悪く見えてしまうのか!
新しいiPhoneを購入させるためのDxOMarkとAppleの作戦か?と疑ってしまうほどの差です。写真の一部分を切り抜いたものの比較だと思うのですが、あまりにも人物が同じ表情なのと帽子の角度も変わっていないので比較イメージ写真なのか?と疑ったのですが・・・。

ただ、上の写真では出てこないiPhone 7 Plus との比較画像を見て実際にコレぐらい差があるんだろうなぁと確信しました。その比較画像がこちら↓


一世代上がっただけでこんなに画質が上がるんですから2世代前のiPhone6sと比べたらいわんやですね。

この違いにプラスしてiPhone8Plus/Xにはポートレートライティングという機能がベータ版ですが実装されていますから、この機能を使えば更に見た目の良さはアップするかもしれません。iPhoneXに関してはフロントカメラにも実装ということですから、買うとしたらやっぱりXかなぁ。

背面側についているカメラを比較してみると、やはりXだけが望遠側にF2.4という少し明るいレンズを搭載していますからカメラの機能を考えるならXを買うしかない!?

  • iPhone7/8・・・F1.8、6枚構成
  • iPhone7Plus/8Plus・・・広角:F1.8、望遠:F2.8 広角側のみ手ぶれ補正機能
  • iPhoneX・・・広角:F1.8、望遠:F2.4 広角と望遠レンズの両方に手ぶれ補正機能

新しいiPhoneに最初は魅力を感じていなかったものの、カメラの性能に関してここまで違うならカメラ目的で機種変するならiPhoneXにしたいところ。でも価格がね~~。



で、DxOMarkがテストして叩き出したスコアに戻りますが、一つ一つの丁寧な説明はDxOMarkのサイトで確認するとしてざっくりした感じだとこんな感じみたいです↓





iPhone/iPod touch | 2017.09.23 [EDIT]

「Insta360 ONE」VS「RICOH Theta V」や日食の撮影で壊されたカメラ写真集など

来ましたね~。「Insta360 ONE」と「RICOH Theta V」の発売が!
個人的にはずっとRICOH Thetaを使い続けているので他の360度カメラがどうなっているのか気になる所。

スペック的には「Insta360 ONE」が勝っているように感じますよね~。かなり次に購入する360度カメラは「Insta360 ONE」に傾いているのですが、比較動画を見てみるとスペックだけでは決められない気になってきました。

下に貼ったYouTubeの動画は「Insta360 ONE」と「RICOH Theta V」を比べているものなのですが、スペックでは「Insta360 ONE」が勝っているものの実際の静止画などを見るとステッチが荒くて解像度もそれほどでも無いように感じます。

やはり「RICOH Theta V」は改良を加え続けれてきている分だけスペックに現れない素晴らしさが感じられます。
この動画を見てしまうと「Insta360 ONE」へ傾いていた心が少し戻ってきてしまうような・・・。

レンズではTHETAの方が明るいレンズを使っていますが静止画の場合は「Insta360 ONE」はRAWでも撮影できるしスペックも高い。ですがステッチ部分が荒い。ただ同じ条件下で両機を比べたわけではないので比較としては正確ではありません。

THETAもmicroSDカードに対応してくれればなぁ~と。Insta360の6軸手ブレ補正とかは非常に魅力的。2つの良いとこ取りみたいなカメラが欲しい!


あと、アメリカで話題だった日食で撮影していたカメラが沢山壊れてしまったケースが沢山あるのだとか。多くがNDフィルターを使わずに撮影したのが原因のようです。そりゃそうだよなぁ^^;
レンタル業者が公開したレンズやカメラなどが話題になっていました。そんなLINKも貼っておきます。



日食の撮影で壊されたカメラ写真集、レンタル業者が公開。100万円超の大玉も - Engadget Japanese

Google、ストリートビュー・カメラを高解像度にしてデータ収集にも活用 | TechCrunch Japan

4K動画対応になった「RICOH THETA V」ハンズオンレビュー

動画:Insta360 ONEはここが凄い、360撮影できるハイスピード自撮りカメラ徹底レビュー - Engadget Japanese

Sony a9 vs. Canon 1D X II vs. Nikon D5: A Flagship Camera Shootout

Facebook、歪んだ360度写真の修正機能を提供へ | TechCrunch Japan

Fake War Photographer Gets Exposed After Fooling the World



カメラ関係 | 2017.09.06 [EDIT]

すごい便利で高性能の無料のスキャンアプリ「Adobe Scan」 OCR認識率も抜群です

すでにDLしている方が多いかと思いますが、Adobeから新しく発表されたスキャンアプリ「Adobe Scan」は使い勝手の良さや性能の良さから大満足なアプリです。

Adobe Acrobat Readerモバイル版アプリと連動させることでOCRされたテキストをコピーや検索することも可能。PDFに下線やハイライト、注釈などを追加することも可能です。

OCRアプリだとOffice LENSが優秀でよく使っていましたが、このアプリも負けず劣らずというか勝っているかも。 使い勝手から言えば明らかに「Adobe Scan」を常用したくなります。

自動シャッター機能も付いていますし(シャッターを切った後に手動でトリミングをすることも可能)、複数枚の撮影を1つのPDFファイルにすることも当然可能です。
1つのPDF内ではOCRされた文字を検索することも可能ですが、複数のPDFファイル内を一括検索することは現在の所できません。この点はエバーノートに軍配が上がりますね。ただ今後のバージョンアップに期待です。

とにかく他人に教えたくなるアプリであることは確実。もしもまだダウンロードされていなければ是非試してみてくださいね。

Adobe Scan:   App Store

「Adobe Scan: PDFスキャナー、ドキュメント、レシート」のレビューをチェック、カスタマー評価を比較、スクリーンショットを確認、詳細情報を入手。Adobe Scan: PDFスキャナー、ドキュメント、レシートをダウンロードして iPhone、iPad、iPod touch で利用。



Adobe Scan - Android Apps on Google Play

無料のスキャンアプリ「Adobe Scan」の使い方 | Adobe Document Cloud - Japan

もう怖くない!写真好きのためのNAS入門!NASのメリット、デメリットから選び方までまとめ | studio9

カメラ:[お手軽RAW現像]各種補正の効果を比較しながら徹底解説! キヤノンDPP4の使い方[上級編](GetNavi web) - 毎日新聞

山手線、全車両に防犯カメラ 18年春から

無料!誰でも簡単にポスターや雑誌などのデザインが作成できる「Canva」が日本語化

クラウド型グラフィックデザイン作成サービス「Canva」の日本語版が登場したとのこと。

公式プレスリリース

Internet Watchの記事を読むと8000種類以上のテンプレート、アイコンや写真など5万点以上の画像素材が用意されているのだとか。

ポスターや雑誌などのデザインカードを使ったり名刺を作ったりブログデザイン、Facebookのバナーなど色々なテンプレートがあるそうです。

早速使ってみましたが、たしかにテンプレートは多いですね~。テンプレートだけなら最近はスマホ内の画像を使って自動的にテンプレートに沿って自動的に配置してくれるアプリも結構ありますから使い勝手だけを言えばスマホのアプリのほうが簡単。

ただテンプレートの数やフォント数、そしてカスタマイズ性能から言ったら確実に「Canva」の方が良いですね。

デザインのイメージが欲しい時のネタ帳的にも使えるかも。

Facebookアカウントがあればログインは一瞬で可能ですので試しに使ってみても良いかと思いますよ~。

あと、気になったのはカメラマンに必要なスキル的な記事とか。Photographerとは言っても最近はレタッチも出来ないと仕事が・・・。確かにレタッチは昔で言えば焼きの技術にも通じるものがありますしね。

今更ながらの内容ですがご紹介。

無料で使えるクラウド型グラフィックデザイン作成サービス「Canva」が日本語化 オシャレなプレゼンスライドやSNSヘッダー画像、名刺など、ブラウザー上で簡単作成

クラウド型グラフィックデザイン作成サービス「Canva」の日本語版が登場した。プレゼンテーション用のスライド、SNS用のヘッダー画像、名刺、ポストカード、ポスター、賞状、商品ラベル、本などのデザインをウェブブラウザーまたはiOSアプリ上から簡単に行える。





New to Canva? Sign up!

カメラマンになるには 仕事内容と求められるスキル - Ameba News [アメーバニュース]

ニコン、デジタル一眼レフ「D7500」を6月9日に発売 D500譲りの画質性能を持つDXフォーマット新モデル

カメラが有効な入力手段に、「Google Lens」が拓くモバイルの可能性 (1) Google Lensで何ができるか

カメラのキタムラ、ネガフィルムをデータ化する「スマホ転送サービス」

Galaxy Note8、デュアルカメラに「3倍光学ズーム」機能を実装か - GGSOKU - ガジェット速報

The Korea Hearaldは16日(現地時間)、「Galaxy Note8」には、最大3倍の光学ズーム機能が搭載される見込みと報じています。 デュアルカメラ搭載機のコンセプト画像 業界観測筋によると、Galaxy Note8には、1200万画素の広角カメラと1300万画素の望遠カメラで構成されるデュアルカメラが搭載され、最大3倍の光学ズーム機能が実装される見通しとのことです。



SNS映えする写真の要素、色は?ポイントは「食」/テーマによって異なる人気色【スナップレイス調査】



Google Lensアプリによる写真の不要物除去技術に期待!MITとの共同開発技術を応用?

先日行われたGoogle I/Oデベロッパー・カンファレンスのキーノートで発表されたGoogle Lensという新しいテクノロジーが非常に話題になっていますね。

この技術を使ったGoogle Lensアプリを使うことによって何が出来るのか?

たとえば、
・Google Lensアプリを使ってカメラを「花」に向けると花の名前を教えてくれる
・カメラをお店に向けるとお店の看板を読み取ってお店の情報を表示してくれる
・コンサートのポスターにカメラを向けるとコンサート情報が表示されオンラインでチケットを購入できる
などなど

これを聞くだけでも結構凄いですが、私が一番驚いたのは、写真を撮影した際の不要物の除去!
キーノートで事例として紹介された画像が以下のフェンス越しに撮影した野球の写真。



これは凄いですね。

一昨日お伝えした飯塚助教が開発した新技術に似ているものがあります。

人工知能を使った次世代画像補完技術はレベルが違いすぎる!

人工知能というか正確に言えば更に発展したディープラーニングを使った画像補完技術が予想を上回るレベルになっています。



この除去がワンシャッターで可能なのかどうかが一番気になります。

というのも、昨年の夏にGoogleとMITが共同不要物の除去に関しての技術を発表したのですが、その技術での不要物の除去方法は複数枚の写真を撮影することによって完成するものだからです。

複数枚の撮影が必要になるものの、ガラスの写り込みや柵や金網など手前にある邪魔な被写体は、ほぼ完全に除去できる作例で紹介されていました。

うわ!これは凄い。撮影時のガラスへの写り込みを完全除去できる驚きの新技術

GoogleとMITが共同でとんでもない技術が開発中らしいです。ガラスの写り込みや柵や金網など手前にある邪魔な被写体をほぼ完全に除去できる恐るべき技術です。



その写真がこれです ↓





写真関係全般 | 2017.05.19 [EDIT]

ビックカメラが「Adobe Creative Cloud 5周年記念キャンペーン!」最大40%OFFなど

Macお宝鑑定団 blogで知ったのですがPhotoshop CCなどのクリエイティブクラウド商品の割引キャンペーンを行っているようです。私はフォトグラフィープランと古いIllustratorで満足しているので買う気はないですが^^;

海外で撮影する時には十分気をつけて!という実際の経験を元にしたコラムも面白かったです。ケニアでスマフォで写真撮影したら大変になった話。結構怖いですね~。オリンピックで水中にカメラを仕掛けていたらマシンガンを突きつけられたというスポーツカメラマンのあいだでは有名な話もありますが、これは一般的な場所でも充分に気をつけて!という話しです。

あと、GoogleフォトやAmazonフォトなどクラウドに写真をUPしておくことが日常化してきていますが、まだクラウドにアップしていない人にクラウドに写真をUPするとこんな便利な機能もありますよという記事もありましたので貼り付けておきました。

実際私もGoogleフォトにスマートフォンで撮影した写真は全てUPしていますが写真を探すのには本当に助かります。Googleの写真解析アルゴリズムの恩恵を日常的に受けています。Googleフォトありがたいですね~。


Snapchat、写真を「フォトショップ」するマジック消しゴムを公開 | TechCrunch Japan

ビックカメラ、12ヶ月版のAdobe Creative Cloud、Illustrator CC、Photoshop CCを最大約40%オフで販売する「Adobe Creative Cloud 5周年記念キャンペーン!」を実施 | プロモーション | Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)

【注意喚起コラム】ケニアの高級ショッピングモールで写真を撮ってはいけない / 下手したら銃殺される

思い出写真をカンタンに掘り出せる! "写真クラウド"3選

"詐欺写真"を見分けるアプリ「Truepic」 開発元が175万ドル調達

Apple、iPhoneの少し高度な撮影テクニック動画4本を追加公開!

パノラマ写真をInstagramに投稿する方法。トリミングせず全体を綺麗に見せる - エキサイトニュース





「日本一の星空」 阿智村からRICOH THETAで撮影した画像/Googleフォトに動画手ブレ補正など

先日先行予約していた「DRONE STAR」が本日届きました。
思っていた通り非常に小さく操縦が結構難しいですが練習機としては最適かも。この話は別エントリーで書こうと思います。

本日気になった1本目はパイロットが操縦室から撮影した数々の写真。凄いですね~。パイロットはこんな風景を日々見ているのかと思うと羨ましい。日本の航空会社の場合はパイロットが機内から撮影するのは規定としてはOKなのかな?


個人的におっ!と思ったのは産経新聞が産経フォトで公開したパノラマ画像。いつもは一眼レフで撮影しステッチしたものが公開されていますが今回のパノラマ画像はRICOHのTHETA  Sで撮影した星空。
THETA Sでは長時間露光で低ISO感度にしておけば星空もそれほどノイズが出ずに撮影が可能ですが、その機能をあの有名な長野県の阿智村で行ってくれました。
阿智村でTHETAを使うなんてRICOHにとっては良い宣伝になりますね。これってRICOHとの提携記事なのかな~。


写真関係アプリで見つけたのがGoogleフォトの新機能。まだAndroid端末だけですが動画のスタビライザー機能が付いたようです。
撮影した動画の手ぶれ補正を後からソフトで行ってくれる機能です。

撮影アプリとしては手ぶれ補正が可能なアプリはいくつもありますがクラウド上にUPした画像に対してブレ補正をかけられるのは便利ですよね。

動画の手ぶれ補正ではMicrosoft Pixを個人的には多用しています。撮影した動画をハイパーラプス化出来るのですが、スピードを×1にしておけばハイパーラプスにはならずに通常スピード動画でブレ補正がかかります。若干コントラストが変化しますが手ブレ補正機能は優秀ですので補正したい場合には多用していますがGoogleフォトにも同様の機能が付いたら性能によっては乗り換えるかも。まだiOS版が出ていないので楽しみに待ちたいと思います。





【写真で見る】操縦室から――パイロットが目にする光景 - BBCニュース

Googleフォトに動画の手ぶれ補正(スタビライズ)機能が追加

カメラ:等倍マクロもスナップも両方得意! 標準レンズとしても優秀なLEDライト内蔵マクロレンズが登場(GetNavi web) - 毎日新聞

「日本一の星空」 長野県阿智村【360°パノラマ】 撮影機材:リコー THETA S

南信州の豊かな自然に囲まれた村に、宝石をちりばめたような星が降り注ぐ。長野県の南に位置する阿智村で、「星空」を観光資源にした村おこしが奏功、観光客が増加している...



条件守れば展示品撮影OK 高知県立美術館と高知城博物館





| ホームへ | 次ページ