デジタルカメラでの実践的なホワイトバランスの取り方

ホワイトバランスの本当の正しい取り方は、様々な先生方が書いた数多くの書籍に載っていると思いますので、非常識かも知れないけれど、実用的な反則技?を書いて見ます。




これは私の自己流なので、同じようにやって、色が出ない!とかのクレームはおやめ下さい(~_~;)
あくまでも、私の非常事態の自己流であることを明記しておきます。
ホワイトバランスの正しい取り方マニュアルではありませんのでお気をつけ下さい。


一応、簡単に正しいホワイトバランスのおさらいをしますが、グレーボードを使って(これも安いものではなく、マクベスのような個体差が無い高級品を使うことが良いとされていますが)被写体の位置にあわせて正しくプリセットをするか、グレーを写しこんで、あとで現像ソフト上にてグレーポイントをチェックして正しい色を出す。

まあ、簡単に書けばこんな感じだと思います。

しかし、実際はどうでしょうか?
私の仕事では、こんなことやってられないことが結構多いです。
そもそも、被写体の場所まで行けないことって無いですか?
スタジオならともかく、会見場だったり、劇場だったり、議会だったり、ホールだったり、室内競技場だったり。

被写体の場所まで行ける場合もあるでしょうが、行けない場合だって多々あります。


ホワイトバランスってデジタルカメラの設定で非常に重要な部分です。
私の場合ですが、基本的にはジャケットの内ポケットにグレーカードを入れてありますが、たまにジャケットを着替えたときなんかには、グレーカードを入れ替え忘れ、グレーカードが撮影現場で無い場合だってあります(笑) 特に夏はジャケット着ませんし・・・。

そんな時に役に立つのが

「白い紙」

それも、何か書いてある書類の紙だって構いません。
書類でも裏が白ければ良いんですが、両面印刷の紙しか無い時だってあります(~_~;)
それだって構いません。
元が白ければ良いんです。

だって、ホワイトバランスを取る時って、ピンとはあわせませんよね。
字が印刷してある紙だって、ピントをウンとずらせば白っぽくなります(笑)

こんなものでも結構ホワイトが取れるものです。(取らないよりはベターです)

ただし、白い紙をオーバーに撮ってしまうとエラーになるか正しいホワイトは取れませんので、若干アンダーで撮影してみてください。
(注意点としては、白い紙であっても、その紙に蛍光加工がしてあったりする場合には正確に取れない場合もあります。)



で、問題は白い紙は手元にあったとしても、被写体の場所まで行くことが必要になります。
しかし、先ほど書いたように被写体の場所まで行けないことも多々あります。


そんな時にどうすれば良いか。



カメラ関係 | 2013.09.02 [EDIT]

プロカメラアプリ for iPhoneが85円に値下げ中 12月12日の1日限定です。 

私がiPhoneのカメラアプリの中で、1番使っているのがコレ。
「プロカメラ」です。

私は通常価格で買いましたが、期間限定で本日だけ85円に値下げになっていました。
優秀なカメラアプリが欲しいならば「買い」だと思います。

最初に登場してから随分と改良されて良くなっています。これからもどんどん改良されて行く事を望みます。
iPhoneは驚くほどカメラアプリがありますが、どれを使って良いか正直迷います。

私は使う用途によって分けていますが、オールマイティーに使えるのはこのアプリだと思いますよ。ホワイトバランス調整にもう少し自由度があるとさらに便利なんですけどね~。今のところロックしか出来ない・・・。

まあ一つのアプリに完璧を求めるのは無理がありますが、もしも気になっている方は85円に値下げしている今のうちにどうぞ。

プロカメラ
¥85 期間限定値下げ!

カテゴリ: 写真/ビデオ

更新: 2012/11/03

バージョン: 3.8.1

サイズ : 19.5 MB

言語: 日本語, 中国, 英語, フランス語, ドイツ語, イタリア語, 韓国語, スペイン語

販売元: Jens Daemgen




iPhone/iPod touch | 2012.12.12 [EDIT]

無料のデジカメ撮影テクニック集! 写真のガイドブックを買う前にまずコレを読むべし! 写真部応援マガジン「Top Eye」


写真部応援マガジン『TopEye』
http://www.nikon-image.com/activity/topeye/


写真を始めたばかりのビギナーさんや勉強中の初級中級レベルの方に朗報!

ニコンが中学・高校の生徒向けに出している『TopEye』という写真マガジン内のコラムが素晴らしいんです!
ハッキリ言ってお金を出してガイドブックを買う前に絶対に読んだほうが良いと思います。

Capture NX2ガイドブックなども執筆している有名なプロカメラマン斉藤勝則氏が非常に丁寧に中高生でも簡単に理解できるようにイラストを交えて解説してくれている連載コラムは必見です。


全国各地の中学校・高等学校の写真活動を応援するためにニコンが1979年に創刊した『TopEye』という無料の写真マガジン。
年4回の発刊です。


2007年のNo,240号からはニコンイメージングのホームページでPDF公開してくれています。
全て無料で閲覧することが可能です。

斉藤勝則氏が丁寧に解説してくれている特集記事は25回分以上読むことが出来ますので、最初から読めばかなりの知識がつくと思います。
目的の記事にたどり着きやすいように目次を付けておきましたので、気になる記事をひとつ読んでみて下さい。

とても無料とは思えない丁寧なテクニック集であることがよく分かると思いますよ~(^^)



【斉藤式Top Eye デジタル写真塾】


次のコラムは【簡単マスター! デジタル写真スクール】
目次は以下からどうぞ。





Nikon D600 高感度ノイズ比較  カラーノイズが軽減!【実写速報 第4回】

Nikon D600の使用感を数回に渡って書いてきましたが、今回は最も関心度が高いと思われるISO感度別ノイズチェックをアップしたいと思います。
ネット上では既に公開されている海外のデーターなどを参考に
「ノイズが少ない!」という方々と「ノイズが思ったよりも多い!」という方々など様々。


フラッグシップモデルのD4の時にはスタジオでチャートを使いながらチェックしたのですが、反対に分かりにくいという声もありました。
ですので今回は屋外での撮影データを使って比べてみようと思います。


なお、ここ最近の機種で行った高感度ノイズ関係エントリーは以下になります。
D700からの買い替えや、D4と迷われている方などは、ご笑覧頂ければ幸いです。

D4の時とは同じ被写体を撮影したものではありませんし撮影条件が違いすぎるので、このテストだけではD4やD700との比較とはなりませんが、多少なりともご参考になれば幸いです。


【過去関連エントリー】

Nikon D4のISO感度別の比較画像一覧 ISO100~ISO12800
早速ですが、今回はD4でのISO感度別のノイズチェック画像をUPします。 撮影感度はISO100~ISO12800まで。 前回の記事でも書いたのですが、もう既にあちこちのサイトで実データの公開やサー ...

Nikon D4 vs D3s vs D700 高感度ノイズ対決(ISO12800)
では早速ですが、D4で私が一番気になるISO感度によるノイズの出方を他のカメラと比べるテストをして見ました。 個人的に行った非常に簡易なテストですので個人での参考程度に見て頂ければと思います。 最初 ...





D600のISO感度別ノイズチェック 使用した画像は以下。

上の被写体をISO200~ISO6400の2段増感まで各1段階ずつ撮影しました。
その上で、赤枠で囲んだ部分の100%表示を以下に貼り付けています。

Clickすると、実画像(トリミング済)が開きます。

【基本データ】
画像サイズ: L
画質モード: Jpeg Fine
レンズ: 24-70mm f/2.8G(nikon純正)

絞りは基本F11固定でシャッタースピードを変化させて撮影しました。



ISO200~ISO25600の感度別画像

【ISO200】

Nikon D600
画像サイズ: L
画質モード: Jpeg Fine
レンズ: 24-70mm f/2.8G
焦点距離:70mm
絞り値: f/11
SS:1/160秒
ホワイトバランス: オート
色空間: sRGB
高感度ノイズ低減: 標準
長秒時ノイズ低減:しない

【ISO400】

Nikon D600
画像サイズ: L
画質モード: Jpeg Fine
レンズ: 24-70mm f/2.8G
焦点距離:70mm
絞り値: f/11
SS:1/320秒
ホワイトバランス: オート
色空間: sRGB
高感度ノイズ低減: 標準
長秒時ノイズ低減:しない

【ISO800】

Nikon D600
画像サイズ: L
画質モード: Jpeg Fine
レンズ: 24-70mm f/2.8G
焦点距離:70mm
絞り値: f/11
SS:1/640秒
ホワイトバランス: オート
色空間: sRGB
高感度ノイズ低減: 標準
長秒時ノイズ低減:しない





フォトショップの使い方講座

 フォトショップの使い方講座
◆基礎
三原色について1(光の三原色)
三原色について2(色の三原色)
自動選択ツール1
自動選択ツール2
自動選択ツール3
便利なショートカット
ズームツールと手のひらツール
切り抜きツールの解説 プリセットを作る
レイヤーの描画モード・比較(明)/カラー比較(明)
レイヤーの描画モード・乗算


◆初級
トーンカーブを使った色カブリ補正
画像を明るくする方法
パッチツールの使い方
空を青くする方法
投げ縄や自動選択ツールを使った基本的な切り抜き
レベル補正を使って画像を明るくする
レイヤーの描画「スクリーン」を使って写真を明るく
部分的にコントラスをUPさせる方法
選択範囲をぼかす方法 エッジが目立つ場合の処理
簡単に水滴を作ってみよう
簡単に人の肌を綺麗にする方法


◆中級
トーンジャンプの修正方法?
トーンジャンプの修正方法?
演算を使った切抜きの方法
レンズフィルタを使ったホワイトバランス調整

◆実践編
車を切り抜いて風景に合成
低コントラストなポートレート写真の画像処理


デジカメ撮影講座

 デジカメ撮影講座

その場の雰囲気を出したい時はストロボの設定をOFFに!
露出補正の基本 カメラの+補正と-補正を使ってみよう
ズームレンズを使って遠くのものを撮影してみよう 
花を望遠レンズと広角レンズで撮影してみる 
露出の測光方式はどれを選べばいいのか!
何をメインにするかで適正露出は変わってくる
シャッタースピードを遅くして水の流れを表現してみよう!
絞りの違いでボケ味が変わる! 被写界深度とは? 
広角レンズと望遠レンズの被写界深度(ボケ具合)の違い 
ボケ味・被写界深度を決める5つのポイント プラス1
ストロボのGN(ガイドナンバー)って何!? 
偏光(PL)フィルターの使い方1 ガラスの反射を抑える!
ホワイトバランスのプリセットに挑戦してみよう! 
ピントを合わせる位置の変化で写真の意味が違ってきます 
植物(葉)を撮影するときには逆光での撮影にチャレンジ!
色の仕上がり設定の特徴を知っておこう! 
望遠レンズの圧縮効果を使いこなそう! 
同じ絞り(F値)で撮影してもレンズが違うと被写界深度は違う
ストロボの色温度を変化させるためのフィルタ
実践的なホワイトバランスの取り方



デジカメ/撮影TIPS

 
デジカメ/撮影TIPS
ストロボの色温度を変化させるためのフィルタ
実践的なホワイトバランスの取り方
CCD解析能力評価用チャートのダウンロード
土砂降りの日の撮影で活躍!
ニコンの手ブレ防止機能「VR」の実験
ニコンHP「レンズのお手入れ」が素晴らしい!
私のお気に入りのレンズクリーナー
デジカメで撮影した画像を携帯電話で送信
Nikon D3s・D700でシャッターが切れない現象が!!!
蛍光灯かぶり
豪雪地域取材で役に立った機材 登山用スパッツ
ダイヤモンド富士の撮影ではカシミール3Dが役に立つ
ニコンの28-300レンズを使って実写画像で比較してみた
タムロンの笑いが止まらない?70-300mmが好調
円高だと高額レンズなどは海外の通販が良い?
ニコンの手ブレ防止機能「VR」のON・OFFで実験
レンズナレッジ「レンズのお手入れ」が素晴らしい!
ニコンのVRレンズで知らなかったこと
Nikonの「Aero?Nikkor」って初めて知りました
比較的安価なニコンの18?35レンズは良い(^^♪



NikonD4とiPad/iPhoneが連携!ワイヤレストランスミッターWT-5の使い方のレポート

NikonD4を遠隔操作したりFTPサーバーに転送したりできる話題のワイヤレストランスミッターWT-5。
発売前の発表会ではWT-5を使ってiPadと連携させる方法が紹介されていました。

その紹介を見て、これは面白い\(^o^)/
と思ったのですが、実際に使ってみた感想も同じく、可能性を感じさせる面白さです。

WT-5について根本的に存知無い方も最後までお読み頂ければWT-5という機器の持つ可能性を感じてもらえると思います。
WT-5が出来ることは複数あるのですが、ここではiPadとの連携を取り上げてみたいと思います。

アドホック接続と言われる接続方法でNikonD4とiPadが連携します。この接続方法ですと無線LAN環境では無くても、iPad/iPhoneとD4を連携させることが可能です。
つまり外出先でもWT-5とiPad/iPhoneがあれば接続することが可能です。別途モバイルルーターなどを必要としない点は素晴らしいですね。

とても小さいワイヤレストランスミッターWT-5。

Nikon D4の側面にある端子に取り付ける仕様になっています。

ねじ込み式になっているので一度装着してしまえば絶対に外れません。

外れないという安心感があるのは嬉しいですね。

こちらが装着した感じです。
とても小さいのがよく分かりますよね。

先代のWT-4はかなり大きかったのですが、ここまで小さくなれば次は内蔵型に期待してしまいますね。

装着後にカメラの背面モニターでネットワーク設定をすることが可能になります。

iPadやiPhoneと連携する場合の接続設定はHTTPになります。
(この辺りの詳しい説明はWT-5を購入すると取扱説明書が付いてきますので、そちらを参照下さい)


通信機能をONにするとHTTPサーバー動作中という表示とともにIPアドレスが表示されます。

このIPアドレスはiPadと連携するときに使用しますφ(..)メモメモ

カメラ側の設定はこれで終了。あとはiPad/iPhoneでの設定になります。
iPadでは以下の設定をします。





カメラ関係 | 2012.07.03 [EDIT]

デジカメのホワイトバランスのプリセット設定に挑戦してみよう

初心者~中級者の方に向けて書いた記事になります。


最近は各社ともミラーレス一眼レフカメラの売れ行きが好調なようです。

あなたのお持ちのデジカメはコンパクトですか?ミラーレスですか?それとも一眼レフ?

コンパクトデジカメだとホワイトバランスのプリセット設定をする機会はほとんどないと思いますが、ミラーレス一眼やデジタル一眼レフを購入された方はホワイトバランスのプリセットに挑戦してみては如何でしょうか?


光には色温度というものがあって、光源の色によってケルビンという単位で表示されます。
ケルビンはアルファベットの「K」で表示されます。

日中の太陽の色が5000K~5500Kとも言われています。
下の表をみて何となく概念だけ理解しておくと良いかもしれません。




さて、ホワイトバランスと言っても今まで設定したことがない人は良く分かりませんよね。


デジタルカメラで必要なホワイトバランス設定をわかりやすく言えば


見た目の色に近づけて撮影する為に必要な設定!



デジタルカメラにはオートホワイトバランス設定というものがありますよね。
初期設定のホワイトバランス設定はこの「オート」になっています。

この「オート」のおかげで特にホワイトバランス意識しなくてもカメラ側で最も適切なホワイトバランスを見つけて設定してくれます。

この機能があるのでホワイトバランスを気にしている方は少ないかもしれません。
ホワイトバランスの設定を変えるとどうなるか試したことはありますか?

例えば室内での下の写真。
一番左がオート設定。他の3つは電球、蛍光灯、晴天設定です。




オートでも確かに見た目に近い色に仕上がっていますが、プリセットで撮影すると下のようになります。





デジカメの撮影方法・テクニック一覧

今まで作成してきたデジカメの撮影テクニックに関する記事をピックアップしてみました。
気になる記事があれば読んでみてください。

その場の雰囲気を出したい時はストロボの設定をOFFに!

今回のテーマはストロボを使わない方が良い時もあるよ!てな感じです。ストロボを使って撮影したのが下の写真です。同じ場面でストロボをOFFにして撮影するとどうなるでしょうか?


露出補正の基本 カメラの「+補正」と「-補正」を使ってみよう

カメラに付いている露出補正という機能を使って撮影してみましょう。通常は(+/-)プラスマイナスの記号が付いていると思いますよ。それを使ってプラス側に設定したりマイナス側に設定したりして明るさを変えてみましょう。


ズームレンズを使って遠くのものを撮影してみよう

ズームの比率にもよりますが、ワイド側とズームしたテレ側では随分と写る部分が違うものです。せっかく持っているズームレンズ。全てを使いきりましょう!ということで


花を望遠レンズと広角レンズで撮影してみる

広角レンズで撮影すると手前のものが大きく写ります。ツツジの花の大きさは同じはずなのに、遠くにある花は小さく、一番手前のツツジの花はとても大きく写っています。これが広角レンズで対象物に近づいた時の特徴です。


露出の測光方式はどれを選べばいいのか!

デジタル一眼を使い始めると、露出の問題で悩んだりしますよね。カメラはPモードでもSモードでも、はたまたAモードでも自動で露出を決めてくれますよね。でも逆光などの時には自分の想像した写真にならなかったりします。それはカメラの測光方式で解決することが出来るんです。例えば下の3枚の写真。


何をメインにするかで適正露出は変わってくる

カメラ雑誌なんかを読んでいると「適正露出」って言葉が結構出てくるものです。でも一体適正露出って何なんだ~~と疑問に思っている人も多いはず。誤解を恐れずに凄い暴論を言ってしまうと、自分が良い!と思う出来上がりになる露出が適正露出なんです。


シャッタースピードを遅くして水の流れを表現してみよう!

よく質問される項目です。人間の目にはシャッタースピードという概念はありませんからわかりにくいですよね。そして想像しにくいのかも知れません。カメラにはシャッタースピード優先モードという機能が付いていたりします。そのモードを使ってシャッタースピードを変化させて撮影してみましょう。


絞りの違いでボケ味が変わる! 被写界深度とは?

プロの写真を見るとモデルの後ろがボケてて綺麗な写真だなぁ~と思う人もいるはず。最新型のカメラだと、「ぼかす」「くっきり」とかの設定が付いていたりしますが、それも絞りの設定を違う言葉で表現しているわけです。


広角レンズと望遠レンズの被写界深度(ボケ具合)の違い

広角レンズの特徴はピントが手前から奥まで合いやすいことが挙げられます。また反対に望遠レンズの特徴はピントの範囲が広角レンズよりも狭いことが挙げられます。ボケの具合のことを被写界深度と言いますが、同じ被写体を同じような範囲で撮影した場合に、その被写界深度の違いが分かりやすくなりますの作例を見てください。


ボケ味・被写界深度を決める5つのポイント

レンズの絞りを開ければプロみたいにボケ味のある写真が撮れると聞いたけど、全然撮影できない。な~んて声もよく聞きます。その原因は、ボケ味というか被写界深度は以下の5つの事項が複合的に絡んで決定されるんです。


ストロボのGN(ガイドナンバー)って何!? 

写真撮影に慣れてくると、挑戦したいのがストロボを使った撮影だと思います。でも、ストロボって瞬間の光だから使うのが難しくて挫折している人も多いですよね。でも、ストロボの基本を押さえておけば難しいことはありません。数回に渡ってストロボの基本的な考え方をご紹介します


偏光(PL)フィルターの使い方・その1 ガラスの反射を抑える!

偏光(PL)フィルターというフィルターを知っていますか?写真用品店に行くと必ず目にする有名なフィルターのひとつです。偏光(PL)フィルターのPLは「polarizing light」(ポラライジングライト)の略で、通常はPLフィルターと略して呼ばれています。


ホワイトバランスのプリセットに挑戦してみよう! 特に室内!

デジタルカメラを使うようになってから、逃げられない問題になったのがホワイトバランスです。ホワイトバランスについて、いままで基本的なことも書いていないのに突然プリセットの話まで持ちだして恐縮ですが、今度しっかりとホワイトバランスに関しては解説しようと思っていますので、とりあえずは解説よりも実践を先に始めたいと思います。


ピントを合わせる位置を変化させるだけで全然写真の意味が違ってきます

カメラを使っていて絶対にカメラ任せにしないもの。それはピント!と、昔は書けたのですが、最近ではピントを画面のどの場所に合わせるかも自動で行なってくれるモードがあります。


植物(葉)を撮影するときには逆光での撮影にチャレンジ!

撮影仲間が出来てくると、こんな言葉を聞くかも知れません。「花は逆光で撮影すると綺麗だよ!」そう植物は逆光で撮影すると透き通るような表情を見せてくれます。花だけでなく、葉も逆光で撮影すると葉脈が透き通って見えて普段目にしているものとは一味違った表情が撮影できますよ。


色の仕上がり設定の特徴を知っておこう!

デジタルカメラで撮影した時、出来上がった写真の色を左右するのは
1、ホワイトバランス
2、仕上がり設定
この2つが大きな要素です。で、今回取り上げるのは「仕上がり設定」の方です。


望遠レンズの圧縮効果を使いこなそう!

さてここでは望遠レンズの特徴である「圧縮効果」について書きたいと思います。下の写真は何の変哲もない歩道を広角レンズで撮影したものです。
広角レンズでの撮影(圧縮効果なし)


同じ絞り(F値)で撮影してもレンズが違うと被写界深度は違います

同じF値で撮影したのに何故かレンズによって写りが違う!撮影を続けていくとそんな疑問も湧いてきます。その理由のひとつに、同じ絞りであってもレンズによってボケ味が違います。







カメラ関係 | 2012.06.08 [EDIT]
| ホームへ | 次ページ