デジタルカメラでの実践的なホワイトバランスの取り方

ホワイトバランスの本当の正しい取り方は、様々な先生方が書いた数多くの書籍に載っていると思いますので、非常識かも知れないけれど、実用的な反則技?を書いて見ます。




これは私の自己流なので、同じようにやって、色が出ない!とかのクレームはおやめ下さい(~_~;)
あくまでも、私の非常事態の自己流であることを明記しておきます。
ホワイトバランスの正しい取り方マニュアルではありませんのでお気をつけ下さい。


一応、簡単に正しいホワイトバランスのおさらいをしますが、グレーボードを使って(これも安いものではなく、マクベスのような個体差が無い高級品を使うことが良いとされていますが)被写体の位置にあわせて正しくプリセットをするか、グレーを写しこんで、あとで現像ソフト上にてグレーポイントをチェックして正しい色を出す。

まあ、簡単に書けばこんな感じだと思います。

しかし、実際はどうでしょうか?
私の仕事では、こんなことやってられないことが結構多いです。
そもそも、被写体の場所まで行けないことって無いですか?
スタジオならともかく、会見場だったり、劇場だったり、議会だったり、ホールだったり、室内競技場だったり。

被写体の場所まで行ける場合もあるでしょうが、行けない場合だって多々あります。


ホワイトバランスってデジタルカメラの設定で非常に重要な部分です。
私の場合ですが、基本的にはジャケットの内ポケットにグレーカードを入れてありますが、たまにジャケットを着替えたときなんかには、グレーカードを入れ替え忘れ、グレーカードが撮影現場で無い場合だってあります(笑) 特に夏はジャケット着ませんし・・・。

そんな時に役に立つのが

「白い紙」

それも、何か書いてある書類の紙だって構いません。
書類でも裏が白ければ良いんですが、両面印刷の紙しか無い時だってあります(~_~;)
それだって構いません。
元が白ければ良いんです。

だって、ホワイトバランスを取る時って、ピンとはあわせませんよね。
字が印刷してある紙だって、ピントをウンとずらせば白っぽくなります(笑)

こんなものでも結構ホワイトが取れるものです。(取らないよりはベターです)

ただし、白い紙をオーバーに撮ってしまうとエラーになるか正しいホワイトは取れませんので、若干アンダーで撮影してみてください。
(注意点としては、白い紙であっても、その紙に蛍光加工がしてあったりする場合には正確に取れない場合もあります。)



で、問題は白い紙は手元にあったとしても、被写体の場所まで行くことが必要になります。
しかし、先ほど書いたように被写体の場所まで行けないことも多々あります。


そんな時にどうすれば良いか。



カメラ関係 | 2013.09.02 [EDIT]

凄い便利で楽! 人感センサー付きLED電球を購入。斜め取付方式のダウンライトに取り付けて見ました。

※個人的な感想であり広告ではありません。けっこう辛口に書いた部分もありますが全体的には合格点の商品でした。



アイリスオーヤマが発売しているECOLUX(エコルクス)の人感センサー付きLED電球を購入してみました。
LED電球というとPanasonicやシャープの製品が電気屋さんに大量に並んでいますが、今回はアイリスオーヤマの商品を選択。

理由は斜め取付式のダウンライトで使用出来る人感センサーLEDライトがアイリスオーヤマのものしか見当たらなかったので・・・。
需要が無いのですかね?

私の自宅は
・廊下
・トイレ
・階段
・脱衣所
などが斜め取り付けタイプのダウンライトなんです。
とりあえず廊下と脱衣所用に5つ購入してみました。




元々取り付けてあった白熱電球と比べると結構デカい!
この大きさで本当に付けられるのか心配だったのですが・・・。

結果的にはOKでしたので助かりました。
1個2400円もしましたから入りませんでは泣くしか無いです^_^;

地元のホームセンターでは3400円。さすがに高いのでネットショップで1000円安く購入しました。



ちなみに通常の電球との大きさの違いを数値で表記されていました。

でもこれを見ても実際に試してみないと分からないですよね。



通常の電球と並べてみると違う所はセンサー部分。
これが商品の肝になる部分ですから、どの程度優秀なのか気になるところですが、取り付けてみた感想は「合格点!」
キッチリ反応しますし、誤作動に関してもセンサー部分の向きを調整すれば問題解決しました。


詳しくは以下で。





日記 | 2013.02.12 [EDIT]

LED蛍光灯のフリッカー現象は甘く見るな! 露出差が激しく想像以上のちらつき明暗差

カメラマンが蛍光灯と聞いてスグに思いつくものの一つがフリッカー現象だと思います。

フリッカー現象回避のために蛍光灯下の撮影では東日本で 1/100 以上、西日本で 1/120 以上のシャッター速度で撮影しないように気をつけている方も多いと思います。
特に気にせずに撮影している方もいるかと思いますが、LED蛍光灯下では今までの蛍光灯以上に明暗差が激しいために気をつけざるを得ない状況が増えると思います。


周波数が50Hzの東日本では電圧が1秒間に100回の頻度でオンとオフするので1/100秒で撮影するとフリッカー現象が無くなりますが、このスイッチのオンオフ時の蛍光灯の光り方が蛍光灯の場合は残光があるためにオフになった状態でも極端に暗くなることは無いようです。

しかしながらLED蛍光灯の場合はオフ時の光が極端に暗くなる場合が多く、粗悪品の場合は完全に消滅するのだとか。安価な粗悪品のLED蛍光灯の場合は人間の目で見てもフリッカー現象が何となくわかるそうです。

私がテストしたLED蛍光灯は有名メーカーで定評のある蛍光灯ですが、それでも上の写真のような明暗差がハッキリと撮影できました。

下の写真は同じカメラでシャッタースピードも露出も同じ設定で撮影したもの。
シャッタースピードを早くするとフリッカーの影響をモロに受けることになります。通常の蛍光灯と違うのは、相当な明暗差が出ること。残光が無いためここまでハッキリとした違いが出るのだと思います。

カメラの設定は同じ(同露出で撮影したもの)


NIKON D4
1/320 秒 F5.6
ISO1600


NIKON D4
1/320 秒 F5.6
ISO1600


ちなみに、シャッタースピードを早くした状態で撮影した動画をアップしましたのでご覧ください。
通常の蛍光灯との差が分かるようにLED蛍光灯と通常の蛍光灯の両方を撮影しています。





写真関係全般 | 2012.12.18 [EDIT]

デジカメ/撮影TIPS

 
デジカメ/撮影TIPS
ストロボの色温度を変化させるためのフィルタ
実践的なホワイトバランスの取り方
CCD解析能力評価用チャートのダウンロード
土砂降りの日の撮影で活躍!
ニコンの手ブレ防止機能「VR」の実験
ニコンHP「レンズのお手入れ」が素晴らしい!
私のお気に入りのレンズクリーナー
デジカメで撮影した画像を携帯電話で送信
Nikon D3s・D700でシャッターが切れない現象が!!!
蛍光灯かぶり
豪雪地域取材で役に立った機材 登山用スパッツ
ダイヤモンド富士の撮影ではカシミール3Dが役に立つ
ニコンの28-300レンズを使って実写画像で比較してみた
タムロンの笑いが止まらない?70-300mmが好調
円高だと高額レンズなどは海外の通販が良い?
ニコンの手ブレ防止機能「VR」のON・OFFで実験
レンズナレッジ「レンズのお手入れ」が素晴らしい!
ニコンのVRレンズで知らなかったこと
Nikonの「Aero?Nikkor」って初めて知りました
比較的安価なニコンの18?35レンズは良い(^^♪



NikonD4の背面液晶は明るさを-1設定すれば非常に快適でどの機種よりも再現性は高い!

まず最初に私はニコンさんに謝らなくては・・・。

背面液晶が緑かぶりしていると書いてしまいました。
これはD3やD700と比べると確かに確かに緑かぶりしてます。

そして真っ白な被写体を撮影したら確かに多少の緑被りはあります。



ですが・・・。

D700はもともとマゼンタ寄りの背面液晶だと思います。
D3は非常に素晴らしい背面液晶ではありますが、やはりどちらかと言えばマゼンタ寄りの傾向があります。

そこで、
今回まったく同じ画像(sRGB画像)をコピーしてD3とD700とD4で表示させて比べてみました。
もちろん色評価用蛍光灯の下で。


比べる時の基準はハードウェアキャリブレーションが出来るナナオのモニタです。


その結果、これは私の肉眼での感想ですが・・・。

D4の背面液晶の明るさ設定を「-1」にしたら、D3よりもD700よりも忠実に再現しているように見えます。
(もともとD3やD700はモニタの明るさが強いので「-2」設定にしています)


チャート画像も比べてみましたが、やはりD4が一番リアルなんじゃないかなぁ。
過去の機種と比べると以前がマゼンタ傾向だったので、緑被りしているとネットで話題になっただけで、実際にはニコンの公式見解のようにD4の背面液晶の方が忠実に表現しているように思います。

みなさんはどう感じますか?





たった10秒で目の不思議を体験! 「色順応の実験」

10秒だけ時間頂けますか?
目の不思議を体験してみてください。

話はその後で\(^o^)/

下の写真の真ん中に白い丸印があります。それを10秒間だけ見つめて下さい。
10秒間見つめたら・・・。マウスのカーソルを写真の上に移動。

何か不思議なことが発生します。




これは目の色順応を使った実験です。

色順応は日々の生活で実感することは少ないかも知れませんが、似たような目の作用で「暗順応」と「明順応」というのがあります。
トンネルに入ったり出たりした時には体験しているはず。

暗い場所から、急に明るい場所に出たときに始めは眩しくて目が開けられなくても、しばらくすると目が慣れて普通に見えるようになります。
これが「明順応」といわれる現象です。個人差はあるものの7分ほどで完全に働くといわれています。


反対に明るい場所から暗室やトンネルのような暗い場所に移動すると最初はほとんど何も見えませんが、時間が経つと周りの物が見えてきますよね。
これを「暗順応」といい、こちらは明順応と比べて時間がかかり30分ほどで完全に働くといわれています。


これは明暗での目の順応ですが、色の世界でも人間の目は順応しているんです。
それを体験できるのが上の実験。

マウスのカーソルを画像の上に乗せると白黒写真が表示されるんですが、一瞬だけカラー写真に見えませんでしたか?
でもすぐにモノクロ写真に変化しましたよね。

では、もうひとつの実験にお付き合い下さい。
今度は



デジカメのホワイトバランスのプリセット設定に挑戦してみよう

初心者~中級者の方に向けて書いた記事になります。


最近は各社ともミラーレス一眼レフカメラの売れ行きが好調なようです。

あなたのお持ちのデジカメはコンパクトですか?ミラーレスですか?それとも一眼レフ?

コンパクトデジカメだとホワイトバランスのプリセット設定をする機会はほとんどないと思いますが、ミラーレス一眼やデジタル一眼レフを購入された方はホワイトバランスのプリセットに挑戦してみては如何でしょうか?


光には色温度というものがあって、光源の色によってケルビンという単位で表示されます。
ケルビンはアルファベットの「K」で表示されます。

日中の太陽の色が5000K~5500Kとも言われています。
下の表をみて何となく概念だけ理解しておくと良いかもしれません。




さて、ホワイトバランスと言っても今まで設定したことがない人は良く分かりませんよね。


デジタルカメラで必要なホワイトバランス設定をわかりやすく言えば


見た目の色に近づけて撮影する為に必要な設定!



デジタルカメラにはオートホワイトバランス設定というものがありますよね。
初期設定のホワイトバランス設定はこの「オート」になっています。

この「オート」のおかげで特にホワイトバランス意識しなくてもカメラ側で最も適切なホワイトバランスを見つけて設定してくれます。

この機能があるのでホワイトバランスを気にしている方は少ないかもしれません。
ホワイトバランスの設定を変えるとどうなるか試したことはありますか?

例えば室内での下の写真。
一番左がオート設定。他の3つは電球、蛍光灯、晴天設定です。




オートでも確かに見た目に近い色に仕上がっていますが、プリセットで撮影すると下のようになります。





青色LED光(発光ダイオード)の健康被害について

NHKでLEDに関するニュースが報道されました。
「PCやスマホの青色光 健康影響調査へ」というもの。

青色LEDに関しての健康問題は数年前から一般的に注目度が高いものでしたよね。
パソコンのバックライトでも数年前にサムスンの「SyncMaster XL20」というモニタでLED光源が初めて使われ話題を呼びました。

最近では、蛍光灯型のLEDライトも多数発売され、一部でチラツキによっての健康被害が報告されていたりと問題化されつつある状態でした。

photo by christmasstockimages.com



私はLEDライトが好きな関係からLEDの話には少し耳を傾けていたのですが、さすがに医療関係の話になるとチンプンカンプン。
今回NHKで報道されたこともあり、チンプンカンプンながら、参考になりそうな文献を集めてナナメ読みしてみました。

関係する調査資料などのリンクは最後にまとめておきます。


その中で分かったことは以下。



CIE(国際照明委員会)では、光源によって人体に発生する障害を 10 種類ほどにまとめています。

いくつかを上げると、

  • 皮膚と目の角・結膜に対する急性の傷害
  • 近紫外放射による水晶体への傷害
  • 青色光網膜傷害
  • 網膜に対する熱的傷害
  • 皮膚の熱的傷害

などがあります。
詳しい個別の障害については素人の私には分かりませんが、光源によっては、こういった障害が発生しますよ。とCIEは言っているわけです。


さて、ここで今回の問題に関係あるものといえば「青色光網膜傷害」ですよね。

2002年に行われたLED光源の安全性の実験結果では、青色LEDがCIEの言うところの青色光網膜傷害を発生させるリスクがあるという報告があります。
リスクレベルは「RG-2・中リスク」

・ 原則的考え方としては,高輝度に起因する嫌悪感や熱的不快感が無い場合でも傷害を与える可能性のある光源。

となっています。



具体的なリスクレベル別の一覧表は以下。

グループ区分

区分のコンセプト

リスク免除

(Exempt Group)

原則的考え方としては、結果的にどのような光生物的傷害も誘起する可能性の無い光源。具体的必要基準としては、例えば8時間の照射を受けても、目や皮膚に急性の傷害を与えることが無く、10,000 秒(2.8 時間)見つめても、青色光網膜傷害を生じることの無いような光源は、このグループ区分になる。

リスクグループ1

[低リスク]

(RG-1)

原則的考え方としては、通常の一般的行動条件での照射範囲内では、光生物的傷害を生じる可能性の無い光源。具体的必要基準としては、リスク免除グループのレベルは越えるが、例えば、10,000 秒(2.8 時間)の照射を受けても、目や皮膚に急性の傷害を与えることが無く、100 秒間見つめても、青色光網膜傷害を生じることの無いような光源は、このグループ区分になる。

リスクグループ2

[中リスク]

(RG-2)

原則的考え方としては、高輝度に起因する嫌悪感や熱的不快感が無い場合でも傷害を与える可能性のある光源。具体的必要条件としては、RG-1のレベルは越えるが、例えば、1,000 秒の照射を受けても、目や皮膚に急性の傷害を与えることが無く、0.25 秒間見つめても、青色光網膜傷害を生じることの無いような光源は、このグループ区分になる。

リスクグループ3

[高リスク]

(RG-3)

原則的考え方としては、瞬間的な、あるいは非常に短時間の照射を受けても(あるいは見つめても)光生物的傷害を生じる危険性のある光源。RG-2のレベルを越える光源は、このグループ区分になる。



でも、これだけ読んでもよくわかりませんよね。

実際にどの程度の青色光を受けた時にどうなるのか。その実験がサルで行われていました。
「青色発光ダイオード光による網膜傷害」日本眼科學会雜誌 105(10), 687-695, 2001-10-10


この文献の中で書かれているサルを使った実験の部分を眼科医師の方がブログで解説しているのを見つけました。

そのブログで書かれている実験の内容部分だけを引用させてもらいます。





Nikon D4/D800の新製品体験会に行って来ました。色々と収穫がありました。

2月8日~9日の2日間でニコンが新製品発表会を都内で行いました。(プロフェッショナル限定)

D4の発表会だけかと思いきや発表会当日の8日にD800がリリースされました。

なので事前の招待状にはD4としか記載されていませんが会場ではD800にもおめにかかることが出来ました。

会場に入るとデカイ文字で「D4 D800」の姿が!
おお~。と胸を踊らせながら会場内へ。

私が行ったのは昨日の8日。
時間は19時前でしたので既に来場者で一杯。
凄い熱気でD4やD800の説明が行われていました。

会場ではボディを触りながら、ニコンのプロサービス担当の方とゆっくりと話しをするスペースと、実際での撮影をメインに行えるようにモデルさんを配置したスペースがありました。

こちらはD4の撮影スペース。綺麗なモデルさんを前に新機種で撮影できるなんて粋なことをしてくれますニコンさん。

でもモデルさん凄い大変ですよね~。
これ普通の人なら絶対に無理です。モデルさんの凄さをこういう時に実感します。


長くなりますので、続きに以下は書きますね。





ストロボのバウンス撮影による光の違い

ストロボ/フラッシュの使い方で難しいのがバウンスでの撮影です。
初心者の方はバウンス???
とハテナマークかも知れませんね。


バウンス撮影とはストボの光を何かにバウンドさせて被写体に当てることを言います。

そのバウンドさせる対象物は天井だったり壁面だったりとバウンド出来るものであれば何でもOKです。


言葉で説明しても分かりにくいでしょうから、今回も写真で解説しようと思います。

下はストロボを被写体に対して直接/ストレートに当てたものです。
カメラは縦位置で撮影しているので、カメラの左側にストロボが来ています。その結果被写体の右後に強い影が出ています。

この強い影が直接ストロボを当てた時の特徴です。






次に左側の壁面にストロボを当ててバウンスさせて見ました。





| ホームへ | 次ページ