デジタルカメラでの実践的なホワイトバランスの取り方

ホワイトバランスの本当の正しい取り方は、様々な先生方が書いた数多くの書籍に載っていると思いますので、非常識かも知れないけれど、実用的な反則技?を書いて見ます。




これは私の自己流なので、同じようにやって、色が出ない!とかのクレームはおやめ下さい(~_~;)
あくまでも、私の非常事態の自己流であることを明記しておきます。
ホワイトバランスの正しい取り方マニュアルではありませんのでお気をつけ下さい。


一応、簡単に正しいホワイトバランスのおさらいをしますが、グレーボードを使って(これも安いものではなく、マクベスのような個体差が無い高級品を使うことが良いとされていますが)被写体の位置にあわせて正しくプリセットをするか、グレーを写しこんで、あとで現像ソフト上にてグレーポイントをチェックして正しい色を出す。

まあ、簡単に書けばこんな感じだと思います。

しかし、実際はどうでしょうか?
私の仕事では、こんなことやってられないことが結構多いです。
そもそも、被写体の場所まで行けないことって無いですか?
スタジオならともかく、会見場だったり、劇場だったり、議会だったり、ホールだったり、室内競技場だったり。

被写体の場所まで行ける場合もあるでしょうが、行けない場合だって多々あります。


ホワイトバランスってデジタルカメラの設定で非常に重要な部分です。
私の場合ですが、基本的にはジャケットの内ポケットにグレーカードを入れてありますが、たまにジャケットを着替えたときなんかには、グレーカードを入れ替え忘れ、グレーカードが撮影現場で無い場合だってあります(笑) 特に夏はジャケット着ませんし・・・。

そんな時に役に立つのが

「白い紙」

それも、何か書いてある書類の紙だって構いません。
書類でも裏が白ければ良いんですが、両面印刷の紙しか無い時だってあります(~_~;)
それだって構いません。
元が白ければ良いんです。

だって、ホワイトバランスを取る時って、ピンとはあわせませんよね。
字が印刷してある紙だって、ピントをウンとずらせば白っぽくなります(笑)

こんなものでも結構ホワイトが取れるものです。(取らないよりはベターです)

ただし、白い紙をオーバーに撮ってしまうとエラーになるか正しいホワイトは取れませんので、若干アンダーで撮影してみてください。
(注意点としては、白い紙であっても、その紙に蛍光加工がしてあったりする場合には正確に取れない場合もあります。)



で、問題は白い紙は手元にあったとしても、被写体の場所まで行くことが必要になります。
しかし、先ほど書いたように被写体の場所まで行けないことも多々あります。


そんな時にどうすれば良いか。


カメラ関係 | 2013.09.02 [EDIT]

フォトショップの使い方講座

 フォトショップの使い方講座
◆基礎
三原色について1(光の三原色)
三原色について2(色の三原色)
自動選択ツール1
自動選択ツール2
自動選択ツール3
便利なショートカット
ズームツールと手のひらツール
切り抜きツールの解説 プリセットを作る
レイヤーの描画モード・比較(明)/カラー比較(明)
レイヤーの描画モード・乗算


◆初級
トーンカーブを使った色カブリ補正
画像を明るくする方法
パッチツールの使い方
空を青くする方法
投げ縄や自動選択ツールを使った基本的な切り抜き
レベル補正を使って画像を明るくする
レイヤーの描画「スクリーン」を使って写真を明るく
部分的にコントラスをUPさせる方法
選択範囲をぼかす方法 エッジが目立つ場合の処理
簡単に水滴を作ってみよう
簡単に人の肌を綺麗にする方法


◆中級
トーンジャンプの修正方法?
トーンジャンプの修正方法?
演算を使った切抜きの方法
レンズフィルタを使ったホワイトバランス調整

◆実践編
車を切り抜いて風景に合成
低コントラストなポートレート写真の画像処理

演算を使った切抜きの方法

今回は、同じ切抜きでも多少高度な切抜きの方法の紹介です。

使い始めの方には難しいと思いますので、「中級」とさせて頂きました。

演算というコマンドを使った切抜きの方法で、これを応用的に使うとかなり高度な切り抜きも出来る素晴らしい切り抜き方法です。

人間の髪の毛なども驚くほど綺麗に切り抜きを出来たりもします。
昔、フォトショップに抽出などというコマンドが無い時代は重宝されていたのだと思います。

ただ、この方法は理解するまでちょっと難しく、今回紹介する方法と同じ手法で、すべての画像が上手くいくとは限りません。

画像によって違ってきますが、基本は同じですので、基本的なことを今回の動画で覚えて、あとは独学で学んで見てください。

私は、画像処理の専門家ではありませんので、細かく文章で伝えることが出来ませんが、おそらく文章で解説できる方もいると思います。
そんな方は、是非コメント等で解説お願いいたしますm(__)m


PS.
多少の知識のある方なら、この動画を見るだけである程度マスターできるはずです。



関連記事

  • フォトショップの使い方講座(基礎) 三原色について①(光の三原色)(06/18)
  • フォトショップの使い方講座(基礎) 三原色について②(色の三原色)(06/19)
  • フォトショップの使い方講座(基礎) 自動選択ツール1(06/13)
  • フォトショップの使い方講座(基礎) 自動選択ツール2(06/14)
  • フォトショップの使い方講座(基礎) 自動選択ツール3(06/15)
  • フォトショップの使い方講座(基礎) 便利なショートカット(02/14)
  • フォトショップの使い方講座(基礎) ズームツールと手のひらツール(02/13)
  • フォトショップの使い方講座(初級) パッチツールの使い方(06/09)
  • フォトショップの使い方講座(初級) 画像を明るくする方法(06/08)
  • フォトショップの使い方講座(初級) トーンカーブを使った色カブリ補正(06/07)
  • フォトショップの使い方講座(初級) 投げ縄や自動選択ツールを使った基本的な切り抜き(06/11)
  • フォトショップの使い方講座(初級) 空を青くする方法(06/10)
  • フォトショップの使い方講座(中級) トーンジャンプの修正方法(06/06)
  • フォトショップの使い方講座 トーンジャンプの修復について(02/12)
  • フォトショップの使い方講座(中級) 演算を使った切抜きの方法(06/12)
  • フォトショップの使い方講座(中級) レンズフィルタを使ったホワイトバランス調整1(12/16)


  • 画像を明るくする方法

    前回は「トーンカーブを使った色カブリ補正」を紹介しましたが、今回は、画像を明るくするツールの説明動画です。

    試用期間中のソフトを使っている為、どこまで続くか分かりませんが、時間のあるときは簡単な使用方法をUPしていきます。


    今回は色カブリ補正よりは簡単なので理解しやすいと思います。

    これは説明が要らないと思います。ですのでいつもどおり動画に音声は入っていません(笑)

    フォトショップには明るくするための色々なツールが用意されています。

    では、動画をごらんください。



    トーンカーブを使った色カブリ補正

    昨日、動画を使ったPhotoshopの説明に対して、結構な反響のメールなり拍手コメントなどのお言葉を頂きました。

    一番多かったのは、もっと優しい所から説明してほしい。とのお言葉でしたので、とりあえずキャプチャソフトの試用期間を使って、初級的なフォトショップの使い方を時間のあるときにUPしようと思います。


    今回は、トーンカーブを使った色カブリの補正方法を動画で紹介します。


    フォトショップの使い方には絶対という答えはありませんので、私が紹介する方法が1番ということではないと思いますが、初歩的には簡単な補正方法です。

    今回も動画に音声はありません(笑)

    動画で伝わらない部分を言葉で書いておきます。



    動画内の説明

    トーンカーブはRGBの3色に分けて調整できる機能が付いています。
    その3色を別々に調整して色カブリを直しましょう。


    まず、今回の画像は白い皿に乗った料理です。
    白いものが画面上にある場合に使える方法です。
    なければ撮影するときに、一枚白い紙を被写体の近くに置いて撮影しておきましょう。

    白い被写体のRGB値をスポイトを使って計測します。
    今回
    はカラーサンプラーツールを使いましたが、古いバージョンには無いツールですからスポイトでも構いません。

    で、スポイトで計測したRGB値が3色とも同じ数値になるようにトーンカーブを動かしていきます。

    方法はたったこれだけです。

    では動画をご覧下さい。



    トーンジャンプの修正方法

    モニタ画面の動画キャプチャソフトの試用をしてみました。

    今回は試しに、以前このブログでも説明したトーンジャンプの修正方法を動画でUPしてみたいと思います。


    16ビットに変換しても画像の修正後にトーンジャンプが発生する場合は、その画像にノイズを乗せることによってヒストグラムが滑らかになりますが、そもままだと画像にノイズが乗ってしまっています。

    そこでノイズを乗せてヒストグラムを滑らかにしたとしても、実際にはノイズが見えないようにする裏技があります。

    それはレイヤーを「カラー」にすることによってノイズが消えます。
    こうして書いても、よく分からない方も多いと思いますので、動画を用意致しました。

    音声は付いていませんので、この説明を頭に入れた状態で見ていただければと思います。




    関連記事

  • フォトショップの使い方講座(基礎) 三原色について①(光の三原色)(06/18)
  • フォトショップの使い方講座(基礎) 三原色について②(色の三原色)(06/19)
  • フォトショップの使い方講座(基礎) 自動選択ツール1(06/13)
  • フォトショップの使い方講座(基礎) 自動選択ツール2(06/14)
  • フォトショップの使い方講座(基礎) 自動選択ツール3(06/15)
  • フォトショップの使い方講座(基礎) 便利なショートカット(02/14)
  • フォトショップの使い方講座(基礎) ズームツールと手のひらツール(02/13)
  • フォトショップの使い方講座(初級) パッチツールの使い方(06/09)
  • フォトショップの使い方講座(初級) 画像を明るくする方法(06/08)
  • フォトショップの使い方講座(初級) トーンカーブを使った色カブリ補正(06/07)
  • フォトショップの使い方講座(初級) 投げ縄や自動選択ツールを使った基本的な切り抜き(06/11)
  • フォトショップの使い方講座(初級) 空を青くする方法(06/10)
  • フォトショップの使い方講座(中級) トーンジャンプの修正方法(06/06)
  • フォトショップの使い方講座 トーンジャンプの修復について(02/12)
  • フォトショップの使い方講座(中級) 演算を使った切抜きの方法(06/12)
  • フォトショップの使い方講座(中級) レンズフィルタを使ったホワイトバランス調整1(12/16)

  • Photoshop Lightroom 2.0 β版 のTintについて 個人的使い方

    まだまだ使い方に不安はあるものの私的には少し使い方が分かってきたような気がします。

    以下の文章は私的考察のもとに書かれているものですのでその点はよろしくお願いします。


    まず、Tintのチャートからドラックするとスポイトが現れ、写真の一部分の色を選択することが出来ます。

    なお、Tintのパレットですが、好きな色を選択した上でAltを押しながらパレットを押すと、パレットに選択色が反映されます。

    もちろんチャートの中の色でも出来ますし、画像上の選択色でも可能です。


    001





    ここの部分はHSBで表示され、H230度のS33%となっています。

    002



    上記で、230度と出たHですが、対象物が白だった場合は、素直に補色を求めて、補色で塗ってあげれば白になるはずです。

    写真の壁は白ではありませんが、白に近い色なので、ここでは白だとして計算します。


    スポイトの選択色を230-165=65度として設定します。



    003




    その選択した色のブラシで下記の用に塗ってあげます。


    004




    すると・・・


    このようになります。




    005




    元画像と比べると断然にカブリが取れているのが分かります。


    006





    なお、これを今まで通り、色カブリ補正として、以前のスポイトでホワイト設定してます。

    007
    008



    全体的に補正されるので、下の方の色まで変化してしまっています。



    ですので、一部分のみの白カブリには使えるのでは無いかと思います。
    もっと使い込めば、さらに良い方法も見つかると思います。


    他にも気がついた点はありますが、それほど難しいことではないので、ご自身で触ってみて見つけてみてください。

    Lightroom | 2008.04.08 [EDIT]

    yukinyaaさんへ LightroomのTintについて

    yukinyaa様Tintをちょっとつかってみました(~_~;) ほんとにチョットですが(笑)

    まず、手前と奥とのカブリに違いのある下の画像を用意しました。


    001





    そしてこのように手前の部分のみブラシで塗ります。設定はTintです。
    かなり大雑把ですが、テストなのでお許し下さい。


    002




    かなり赤っぽくなってしまいました。
    塗る色を間違えてしまったわけです(~_~;)


    003




    とりあえず、元画像と比べてみます!
    まったく違いますが、青カブリしている部分の色だけが変化しています。
    これは、その部分だけブラシで塗ったのですから当たり前ですよね。


    004




    ここからが重要です。
    まず、パレットを開いて、今ブラシで塗った色を確認します。

    これを見ると確かに、選択した色が間違っているようです。


    005-1


    これですね。↓005-2




    しかし、ご安心ください。
    塗る色を間違えてしまっても、後から調整が効くようです。

    ためしに、パレットの選択色を変えてみると・・・。

    このように変化します↓


    006-1


    パレットだけ見るとここの部分を選択しました↓006-2




    どうでしょうか?
    最初と比べると、だいぶカブリの色が良くなっています。

    ここで今までと違うのは、yukinyaaさんが指摘されていた通り、部分的に色カブリを補正できる点だと思います。

    すこし使い勝手が慣れないせいか、手間取りますが、部分補正は効くようです。


    最初の画像と比べるとこのような感じです。


    007



    もうすでにyukinyaaさんは検証済みのことだったかもしれませんが一応、UPしておきます。
    Lightroom | 2008.04.07 [EDIT]

    Lightroom 2.0 β版 yukinyaaさんからの情報をもとに追加情報。

    お忙しい中yukinyaaさんから頂いた情報を簡潔にまとめてみました。

    本当に忙しい中、yukinyaaさんありがとうございます。
    私も、インストールして試してみようと思います。




    Lightroom2.0β版について。


    ●Photoshopとの連携が強化。

    ・複数枚を同時にPhotoshopで開いたときにレイヤー構造になる。
    この機能はPhotoshopのレイヤーの自動整列などを使用して集合写真の目つむりなどを直すのに便利。


    ・LRからPhotoshopのPhotomargeやHDRを行うことが出来る。


    ・ブラシについて。
    「覆い焼き、焼き込みツール」

    このツールは単に明るくしたり暗くするだけでなく「露出」「明度」以外にも
    「彩度」
    「明瞭度」
    「色カブリ」
    の調整も出来る。

    このことにより部分的な彩度調整が可能に。今までは色別の彩度調整はHSLで出来たが、このツールにより、一部分だけの彩度や色カブリを修正することが出来るようになった。

    ・WindowsとMacintoshの双方で64bit OSに対応し、マルチディスプレイにも対応した。


    ・日本語のβ版も出る可能性あり。


    ・公式には謳われていないが、今ある日本語の機能リクエストに上げれば、アドビは目を通してリクエストに応えてくれる可能性あり。


    ・β版のため、バグなどは多々ある。



    使用するには・・・

    ・Ligthroom製品版がすでにインストールされているか、シリアルナンバーが必要。
    どちらもない場合は30日間の試用が可能。

    ・英語版のみで、対応OSはWindows XP/Vista(32bit/64bit)、Mac OS X 10.4~10.5。

    ・2008年8月31日までの使用期限が設けられている。すでにLightroom 1.3がインストールされている環境にもインストール可能で、2.0インストール後も、1.3は独立して動作する。ただし1.3のカタログは読み込めず、2.0形式に変換する手段も今のところ用意されていない。



    Lightroom | 2008.04.03 [EDIT]

    目次・エントリーコンテンツ(抜粋)

    フォトショップの使い方講座


    混色について


    CG241Wモニタテスト



    Nikon D700レビュー



    ニコン・GPSユニット・GP-1





    タグ一覧(クリックするとタグと関係のあるエントリーが表示されます)

    主要なタグ

    日記  

    プレスリリース 

    デジカメ 

    写真

    レビュー

     

    回想記

    無料

    事件事故

      

    カメラ関係

    D700  ・D700の使用感  ・ D300  ・D3   ・D40  

    D400  ・D90  ・コンパクトデジカメ   ・コンパクトカメラ 

    スピードライト  ・レンズ  ・カメラ  ・メモリーカード  

    撮影  ・カメラマン  ・ビデオカメラ  ・フィルム

    GPS  ・ホワイトバランス  ・ISO  ・ノイズ 

               

    ハード

    モニター  ・CG241W  ・プリンター  ・プロジェクター  

    スキャナー  ・iPhone  ・iPod  ・パソコン  ・携帯電話  

    ペンタブレット          

     

    メーカー 

    ニコン  ・ミノルタ  ・ケンコー  ・アドビ  ・ナナオ

    キャノン  ・カシオ  ・ソニー  ・エプソン  ・セコニック 

    コダック  ・フジフィルム  ・富士フィルム  ・マミヤ

    ペンタックス  ・リコー  ・マイクロソフト  ・ワコム

    アップル  ・オリンパス  ・アマナ  ・タムロン

    パナソニック  ・ポラロイド  ・コニカミノルタ   

     

    ソフト

    フォトショップ  ・フォトショップの使い方講座  

    Lightroom   ・ソフト  

     

    技術系

    画像処理  ・レタッチ  ・カラーマネジメント  ・キャリブレーション  

    プリント  ・印刷  ・セミナー  ・パノラマ  ・プロファイル               

     

    ネット関係

    サイト  ・グーグル  ・ヤフー  ・・ダウンロード  ・ネット  

    ブログ  ・動画  ・無線LAN   ・セール 

                

     その他

    旅行  ・グアム  ・  ・現像  ・玉内さん  ・時計  ・サミット  

    宇宙  ・ぞろ目会  ・テレビ  ・月例  ・フォント  ・アマゾン  

    LED  ・GPS  ・ソフトバンク  ・バックアップ  ・不具合 

    ユーチューブ  ・電塾  ・  ・混色について  ・ 

    SB-900  ・PIE  ・電池  ・銀一  ・お役立ち  ・フリッカー

    プラグイン  ・検索  ・合成  ・・3D  ・フィルター  ・色カブリ 

    アクセス解析  ・ストロボ  ・LED  ・デジタルフォトフレーム 

    蛍光灯  ・ミクシー  ・CG  ・用紙  ・便利 

    新藤組  ・翻訳  ・電車  ・中古  ・切り抜き  ・ストレージ 

    SB-900  ・写真展  ・Mac  ・ニュース  ・セカンドライフ 

    モノクロ  ・GP-1  ・アフィリエイト  ・ノキア  ・画像  ・ビックリ  

    リンク  ・ビックカメラ  ・サイト撮影  ・オークション 

    NHK  ・アルバム  ・ライト  ・PIE  ・ブラウザー  ・料理 





    最近のネタ

     






    | ホームへ | 次ページ