DxO版「Nik Collection 2018 Edition」は2018年中頃にリリース!価格は?

画像処理のプラグインソフトとして多くのフォトグラファーから支持を受けている「Nik Collection」ですが、GoogleからDxOへと権利が移り来年の2018年中頃にパワーアップしてリリースされるのだそうです。

「Nik Collection」といえばレタッチソフトのプラグインソフトとして500ドルほどで販売されていた有料ソフトでしたがGoogleに買収され2016年からは無料公開されていました。



無料ということもあって多くのフォトグラファーがこのプラグインソフトを使っています。
ただグーグルが「Nik Collection」バージョンアップを止めてしまい現行バージョンが最終版となっていました。

そこへDxOが手を上げ「Nik Collection」に新たな命を吹き込んでくれるようです。
現在は無料で公開されていますが「Nik Collection 2018 Edition」が無料で公開されるのか有料になるかのアナウンスはありません。

ネット上では年80ドル程度で公開されるという話が出ていますが真偽の程は分かりません。
現在無料のものを一気に500ドルなどに引き上げることは難しいでしょうから、有料の場合は100ドル以下での公開というのは真実味はありますね。


現在公開されている無料バージョンはグーグルの以下のページからも現在DL可能です。
https://www.google.com/intl/ja/nikcollection/
今後はDxOのページのみに変更されるかもしれませんね。DxOのDLアドレスは以下のプレスリリースページにてメールアドレス登録するとアドレスが送られて来るようです。


DxOのNik Collectionプレスリリースページはこちら↓
メールアドレスを登録しておくと公開時には連絡がくるかと思います。

Homepage - Nik Collection by DxO



激安アクションカメラ!3980円で30M防水に手ぶれ防止!8500円で4K動画にWi-Fi+タイムラプス機能付

8月17日からドン・キホーテで4980円のアクションカメラが発売されるというニュースが出ていました。
それを読んで、最近の中国製アクションカメラってそんなに安いの?と思って検索してみたら・・・・


上の画像はドン・キホーテのプレスリリースから。


Amazonで検索したら4980円どころか3980円のアクションカメラとかもあるんですね^^;
驚きです。

ちなみに、以下に紹介するアクションカメラをオススメしている訳ではありません。こんなに安いアクションカメラがあるんだという驚きです。アクションカメラが5000円以下で買えるなんて当然だとご存知の方はゴメンナサイ。


3980円で手ぶれ補正まで付いてるって。どの程度の手ぶれ補正なのかは謎ですが。ちょっと高めの写ルンですだと思えば数回使えればOKレベル?というか今の若い人たちは写ルンです知らないか^^;

2017/8/16時点で以下のカメラは3980円
APEMAN アクションカメラ スポーツカメラ 30メートル防水 170度広角レンズ フルHD 1080P高画質 1050mAh電池

※「embed.ly」というリンクサービスを使ってサムネイルLINKを貼っていますがアフィリエイトLINKではありません。


このカメラは手ぶれ補正は付いていますが流行りのWi-Fiや4K仕様では無いですね。
でもチョット値段を上げると4KとWi-Fi機能まで付いてくるカメラを探せます。


例えば8500円ぐらいまで出せば4K動画に手ぶれ補正、そしてWi-Fi機能にバッテリー2個付き!タイムラプス動画まで撮れてしまうアクションカメラがありました。

2017/8/16時点で以下のカメラは8480円
APEMAN アクションカメラ 4K WIFI搭載 2000万画素 UHD 2インチLCD 画角調整可170度広角 30m防水 手ブレ補正 HDMI出力 スポーツカメラ バイク/自転車/車に取り付け可能 アクセサリー多数 専用ケース 1050mAhバッテリー×2 ウェアラブル アクションカム (ブラック)


マジかコレ。
商品説明に170度広角レンズ(4段階画角調整可能)って書いてあるんですが光学的なズームなのかデジタルズームなのか書いてないですけど、この価格ですからデジタルズームでしょうね、おそらく。


最初はドンキからメッチャ安いアクションカメラが発売されるのかと思ったら、そうでもないみたい。
ここまで安いなら1個どれかしら買おうかと思っているんですが、どれも詳細なスペックが書かれて無くて選びようが無かったり。公式サイトも存在しないところが中華カメラっぽいですね。


で、1万円だせば360度全天周の30メートル防水仕様のアクションカメラが購入できてしまう。
正確には水平方向360°、垂直方向に220°ですが。アクションカメラ市場は完全に価格崩壊してますね~。


2017/8/16時点で以下のカメラは10299円
【二個電池付き】OVTECH 3D.VR 4k ビデオカメラ 360度カメラ 30メートル防水 フルHD水中撮影 アクション スポーツカメラ Wifi 自転車カメラ 日本語の説明書付き V1(シルバー)

このカメラもバッテリー2個付き。一体どういう計算したらこういう価格でカメラ作れるんですかね。


上記のようなカメラを買うと安物買いの銭失いになるのかどうか。
日本製のカメラの約1/3の価格ですから魅力はありますが・・・。

早めに壊れても画質が思ったりよりも悪くても1年も経てば更に良いものが安く出ると割り切って考えれば・・・。
APEMANのアクションカメラなんかは1万円以下だし広角の動画で撮影したいものがあれば良いかも。

買おうかなぁ~。思案中です。



カメラ関係 | 2017.08.16 [EDIT]

無料!誰でも簡単にポスターや雑誌などのデザインが作成できる「Canva」が日本語化

クラウド型グラフィックデザイン作成サービス「Canva」の日本語版が登場したとのこと。

公式プレスリリース

Internet Watchの記事を読むと8000種類以上のテンプレート、アイコンや写真など5万点以上の画像素材が用意されているのだとか。

ポスターや雑誌などのデザインカードを使ったり名刺を作ったりブログデザイン、Facebookのバナーなど色々なテンプレートがあるそうです。

早速使ってみましたが、たしかにテンプレートは多いですね~。テンプレートだけなら最近はスマホ内の画像を使って自動的にテンプレートに沿って自動的に配置してくれるアプリも結構ありますから使い勝手だけを言えばスマホのアプリのほうが簡単。

ただテンプレートの数やフォント数、そしてカスタマイズ性能から言ったら確実に「Canva」の方が良いですね。

デザインのイメージが欲しい時のネタ帳的にも使えるかも。

Facebookアカウントがあればログインは一瞬で可能ですので試しに使ってみても良いかと思いますよ~。

あと、気になったのはカメラマンに必要なスキル的な記事とか。Photographerとは言っても最近はレタッチも出来ないと仕事が・・・。確かにレタッチは昔で言えば焼きの技術にも通じるものがありますしね。

今更ながらの内容ですがご紹介。

無料で使えるクラウド型グラフィックデザイン作成サービス「Canva」が日本語化 オシャレなプレゼンスライドやSNSヘッダー画像、名刺など、ブラウザー上で簡単作成

クラウド型グラフィックデザイン作成サービス「Canva」の日本語版が登場した。プレゼンテーション用のスライド、SNS用のヘッダー画像、名刺、ポストカード、ポスター、賞状、商品ラベル、本などのデザインをウェブブラウザーまたはiOSアプリ上から簡単に行える。





New to Canva? Sign up!

カメラマンになるには 仕事内容と求められるスキル - Ameba News [アメーバニュース]

ニコン、デジタル一眼レフ「D7500」を6月9日に発売 D500譲りの画質性能を持つDXフォーマット新モデル

カメラが有効な入力手段に、「Google Lens」が拓くモバイルの可能性 (1) Google Lensで何ができるか

カメラのキタムラ、ネガフィルムをデータ化する「スマホ転送サービス」

Galaxy Note8、デュアルカメラに「3倍光学ズーム」機能を実装か - GGSOKU - ガジェット速報

The Korea Hearaldは16日(現地時間)、「Galaxy Note8」には、最大3倍の光学ズーム機能が搭載される見込みと報じています。 デュアルカメラ搭載機のコンセプト画像 業界観測筋によると、Galaxy Note8には、1200万画素の広角カメラと1300万画素の望遠カメラで構成されるデュアルカメラが搭載され、最大3倍の光学ズーム機能が実装される見通しとのことです。



SNS映えする写真の要素、色は?ポイントは「食」/テーマによって異なる人気色【スナップレイス調査】



今年中にRICOH THETAの4K対応新機種が発売予定/GoProからも360度カメラFusion発表

カメラ業界はソニーのα9の登場で非常に盛り上がっていますが、地味にうれしいニュースがRICOH THETAの新機種が今年中に発売されるというもの。

シータは静止画に関しては評判が非常に良いのですが動画の解像度が低すぎて動画撮影には向かないカメラとして烙印を押されてしまった感がありましたが、今度は4K対応の新型ということもあって希望が持てますね。
デザインに関しては現在のモデルとは若干変わるかもしれませんね。


時を同じくしてGoProからも360度カメラの開発が発表されました。まだ開発していることの発表ですから具体的な発売日は未定ですが今年の初には発売予定とのこと。こちらも非常に気になります。
GoProは5.2K画質のようですからシータよりも解像度は高いですね。静止画画質が気になります。

そしてフェイスブックからも360度カメラが発表。なんだか今日は360度カメラ祭り?
ソニーのα9に隠れてしまったこれらの発表ですが、注目していきたいですね。

α9はプレスリリースをリンクしておきました。
予想価格は50万円。これだけの機能があった50万円はキヤノンにとってもニコンにとっても脅威となりそうです。



4K動画対応の360°カメラ「RICOH THETA」シリーズ最新モデルを開発 ~世界最大の放送機器展「NAB SHOW 2017」に参考出品~|RICOH IMAGING

GoPro が5.2K 360度カメラ Fusion の開発を発表「RELIVE REALITY 」 | YOUのデジタルマニアックス

Facebookが新型360度カメラを発表、6自由度の撮影が可能に | TechCrunch Japan

「光を捉え続ける」システムにより新次元の高速性能を実現 フルサイズミラーレス一眼カメラ 『α9』

キヤノン:キヤノンフォトコンテスト

カメラ好きがつくる 世界とつながるフォトシェアリングサイト EVERYBODY×PHOTOGRAPHER.comの一般公開スタート!

シュッピン株式会社のプレスリリース(2017年4月20日 16時)。価値ある商品を扱うシュッピン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:小野 尚彦、東証一部:証券コード3179)は、ユーザーが撮影した写真を位置情報と紐づけて投稿するフォトシェアリングサイト「EVERYBODY×PHOTOGRAPHER.com」を、2017年4月20日に一般公開を開始します。



Nikon D7500が発表!価格は159,300円で8,000円分のクーポン付。気になるD7200との違いは? 

 D7500が発表されましたね。
2017年6月発売予定とのこと。
価格はニコンダイレクトで159,300円(税込)で8,000円分のクーポンプレゼント付きです。
新発売キャンペーンで折りたたみ傘とSDカード(16GB)も数量限定でプレゼントとのこと。

プレスリリースで発表している特徴は
・D500と同等の高画質を楽しめる高性能画像処理エンジン「EXPEED 5」を搭載
・最高約8コマ/秒で50コマ(14ビット記録のロスレス圧縮RAW)までの高速連続撮影
・鮮鋭感の高い映像表現を実現する4K UHD(3840×2160)動画撮影機能
・「180KピクセルRGBセンサー」による高精度なAFとAE
・優れた操作性と、薄型・軽量ボディーによる高い機動性
D7200と比べるとモニターがタッチパネル採用のチルト式3.2型画像モニターに変わっているのが一番見た目的には大きいですね。
中身としては画像処理エンジンがEXPEED 5へ進化。

D7200よりも総画素数は減っていますが画像エンジンも良くなっていますしCMOSセンサーも新しくなっていますから画素数は気にしなくてもいいでしょうね。
連射機能も8コマ/秒へと多くなっています。
動画は4K動画が可能となり動画撮影時には電子手ブレ補正がついているようです。
動画撮影時にも適用できるアクティブD-ライティングは地味に素晴らしい機能かも。

詳しくは以下のリンクでご確認を。
Nikon | ニュース | 報道資料:デジタル一眼レフカメラ「ニコン D7500」を発売

D7500-概要 | 一眼レフカメラ | ニコンイメージング

D7500発売記念 プレゼントキャンペーン | ニコンイメージング

「D7500」と「D7200」の違い - フォトスク

プロダクトMovie

4K動画

無料の高品質写真素材サイト「Burst」が凄い件や各地のロケハン/ロケ地マップの紹介など

皆さんフリー素材サイトってどこを使っていますか?え?使ってない?^^;
でも気になりますよね高品質な大量の写真が無料でダウンロード可能と聞くと・・・7。

Burstという無料素材サイトが最近公開されたらしいのですが、そこで検索できる写真は全て使用無料!Creative Commons Zeroのライセンスで提供されているとのこと。

実際にサイトを訪れ写真を見てみましたが写真の質も悪くないですし長辺5000px程度ある写真が多いです。事前に登録作業も無くて写真が表示されているページのダウンロードボタンを押せばパソコンへダウンロードされる仕組みです。あまりのあっさり加減にびっくりしました。
日本にも無料の素材サイトは沢山ありますが、今回紹介したサイトは今後も登録枚数が増えることを考えると非常に秀逸なサイトかと思いましたのでご紹介しました。

あと、最近はロケ誘致などを行うフィルムコミッションが盛んなようです。数年前と比べると行政が運営するフィルムコミッションサイトも多くないっているように思います。浜松市でも昨年は過去最高のロケ誘致が出来たとプレスリリースしていました。そんな話も聞いたものでロケ地マップのリンク集やロケ支援実績情報リストサイトなどのリンクを貼っておきました。気になる方はご活用下さい。

最後にひとこと。写真と全然関係ないのですが「Amazon Echo」って非常に話題になってますよね。で、あのエコーに搭載されているAlexaの音声認識機能が先月中旬に『Amazon』アプリに搭載されることが発表されたとのこと。これは非常に面白いかも。実際に搭載されたら試してみたいです。そのニュースも貼り付けておきました。



ShopifyのBurstは無料の素材写真サイト、ネット・ショップの内外装用に無難できれいな画像を集める | TechCrunch Japan
Popular collections ロケ地マップ情報リスト|ジャパン・フィルムコミッション ロケ支援実績情報リスト|ジャパン・フィルムコミッション ロケ地探しに最適なサイトのまとめ! 撮影場所探しの検索に困ったらどうぞ|写真関係全般 デジタル@備忘録 米大統領夫人写真に賛否=「修正し過ぎ」:時事ドットコム 続きは以下へ



06/16のツイートまとめ

orca_photo

インプレスの電子書籍が全品半額に カメラ機種別ムックや撮影関連の書籍も多数 https://t.co/JLzqj50Eos
06-16 19:51

ファーウェイ高級スマホP9を実機でチェック。カメラの逆光耐性とマニュアル設定の実用度に感心、省電力機能には低解像度化も https://t.co/dotjIoQXyl
06-16 19:50

美しい庭に寝そべる「巨大なネコ」。じつはこれ・・・ すべてフォトショップの合成によって作られたものなんです。 https://t.co/ku7hZ9kM1d
06-16 19:42

画像処理によるアンチドローンシステムを開発PR TIMES (プレスリリース) https://t.co/Wm7Vat0pju
06-16 19:41

自然すぎる写真編集!一夜にして有料アプリのトップへ躍り出た『TouchRetouch(タッチレタッチ)』を使ってみた https://t.co/XhvKv3ehdh
06-16 19:38

Nikon D5を約一ヶ月ほど使ってみた感想 https://t.co/QPbyCQQBZ7
06-16 19:10

ヤフー、360度パノラマ動画を活用したストレッチ動画「Yahoo! スマートストレッチ 360」を公開 https://t.co/Y5rkDbYC6t
06-16 15:01

【写真ギャラリー】ユーロ2016、サッカーの祭典に各国の美女が集結!(53枚) https://t.co/jqQHSVxFrh
06-16 15:00

フェイスブックが「写真の削除」を警告 新アプリMoments導入を強制 https://t.co/0GDTaV3ZQ1
06-16 15:00

「Omoidori」で昔の写真をiPhoneにガシガシ入れるべし https://t.co/8B9yMZfzIQ
06-16 14:58





やった! RICOHのTHETAは9月の第1週に新型が発表!?

待っていた噂が出てきました!
RICOHの全天球型カメラTHETAですが、9月の第1週にも新型の発表があるかもしれないという噂がphotorumorsにアップされました。

世の中をあっと言わせた衝撃の初代から数えると今回の新型は3代目になります。
今売られているのは2代目THETAですが、初代と比べると劇的な進化があったわけではなく動画が撮影できるようになったのが最大の進化。

今回噂されている3代目シータは皆が願っていたセンサーサイズの大型化が予測されています!
これがもしも本当ならば買いでしょうね~。私も2代目を売って3代目を購入するかも。


噂として出てきたものは

  • デザインが一新
  • 9月第1週目に発表
  • 撮像素子が大型化
  • 写真と動画の品質向上
  • 価格の値上げ

こんな感じです。


確かにリコーからはTHETAの新しいアプリ「THETA+ 」が近日ダウンロード出来るようになるとプレスリリースを打っていますが、未だ新しいアプリがDL出来るようにはなっていません。
http://jp.ricoh.com/release/2015/PDF/0707_theta.pdf

この新型THETAの発売と同時にアプリも一新される予定なのかもしれません。
動画はともかく写真の画質が上がるのは期待したいですね。

お世辞にも今の時点では解像度が良いとは言えない状況ですから、多少カメラ自体が大きくなり価格が高くなったとしても画像優先で新登場してくれるのを願っています。



売れすぎて生産が追いつかないとの嬉しい悲鳴のプレスリリース "Nikon 1 V3 プレミアムキット"



人気のミラーレス一眼カメラNikon 1 V3に交換レンズと電子ビューファインダー、それにグリップがついたプレミアムキットが予想以上の売れ行きで生産が追いつかないとのプレスリリースが出ていました。

  • Nikon 1 V3
  • 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 PD-ZOOM ブラック
  • 電子ビューファインダー DF-N1000
  • グリップ GR-N1010



カカクコムでの最安値では¥114,720。安い!と即決で買える金額では無いものの、機能面を考えるとかなりお得感が高いのだと思います。
今なら1万円キャッシュバックが付いてくるのもあって余計に売れているのでしょうか。

カカクコムのレビューを見ると





デジタルハリウッド運営の「カメラの学校」学習動画がユーチューブ内で配信開始

デジタルハリウッドが運営する「カメラの学校」と聞いてピンとくる人は少ないかも知れませんが・・・。
Webサービス「カメラの学校」は2012年10月にスタートをしたサイトで写真の撮り方について簡単に3分程度の動画を投稿しているサイトです。


会員登録すれば誰でも無料で動画を見ることが出来ますが、今回は会員登録しなくても見ることが出来るようにユーチューブ内で順次動画を公開していくそうです。

公開に使われるチャンネルは【ビエボ!(beable!)】と言われるハウツー動画を制作・配信しているチャンネル内だそうです。


既にチャンネル内には以下の15本の動画がUPされていました。今後増えていく予定とのこと。

カメラ・写真撮影の基本テクニック・基礎知識

  • 構図の基本(光三分割法)
  • カメラの絞りとシャッタースピード
  • ホワイトバランスの設定
  • 光の使い方(光の方向性)
  • デジタルカメラの選び方
  • 光の調節・コントラスト
  • 集合写真の撮影テクニック
  • スイーツの撮影テクニック
  • 食べ物の撮影テクニック
  • 動物・ペットの撮影テクニック
  • 子ども撮影のテクニック
  • 自分撮りのテクニック
  • カメラレンズの選び方
  • カメラの基本アングル
  • ISO感度とは?



一本一本が2~3分程度の短い動画ですので簡単に見ることは可能ですが、短時間のために内容が一歩踏み込めていない部分も多々。ただ短時間に見られるので軽くサラッと勉強したい人には良いかもしれません。

参考までに動画を以下に貼り付けておきます。





カメラ関係 | 2013.12.18 [EDIT]
| ホームへ | 次ページ