MENU

Photoshop Lightroom 2.0 β版 のTintについて 個人的使い方

まだまだ使い方に不安はあるものの私的には少し使い方が分かってきたような気がします。
以下の文章は私的考察のもとに書かれているものですのでその点はよろしくお願いします。
まず、Tintのチャートからドラックするとスポイトが現れ、写真の一部分の色を選択することが出来ます。
なお、Tintのパレットですが、好きな色を選択した上でAltを押しながらパレットを押すと、パレットに選択色が反映されます。
もちろんチャートの中の色でも出来ますし、画像上の選択色でも可能です。
001

ここの部分はHSBで表示され、H230度のS33%となっています。
002

上記で、230度と出たHですが、対象物が白だった場合は、素直に補色を求めて、補色で塗ってあげれば白になるはずです。
写真の壁は白ではありませんが、白に近い色なので、ここでは白だとして計算します。
スポイトの選択色を230-165=65度として設定します。
003

その選択した色のブラシで下記の用に塗ってあげます。
004

すると・・・
このようになります。

005

元画像と比べると断然にカブリが取れているのが分かります。
006

なお、これを今まで通り、色カブリ補正として、以前のスポイトでホワイト設定してます。
007
008

全体的に補正されるので、下の方の色まで変化してしまっています。
ですので、一部分のみの白カブリには使えるのでは無いかと思います。
もっと使い込めば、さらに良い方法も見つかると思います。
他にも気がついた点はありますが、それほど難しいことではないので、ご自身で触ってみて見つけてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Nickname : Orca   
Gender : man 
My job : Photographer,Drone Pilot

CERTIFICATION
アドビ認定Photoshopエキスパート(ACE)
JUIDA無人航空機操縦士
第二級陸上特殊無線技士

写真やドローン関連を中心に気になる情報を備忘録として書いております。
d.bibouroku@gmail.com

コメント

コメント一覧 (8件)

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    すうぐお~~~~いいいい!!!
    あたま、いーーーーーー!!
    それだな。
    当たり!!
    これからもご指導ヨロシク。

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ドラッグスポイトやってみました。
    よく見つけましたよね~~。
    すごい!
    脱毛、もとい、脱帽です。
    ドラッグスポイトについてどっかに書いてないか探したけど、見つけられなかったっす。
    発見の天災、もとい、天才!
    で、補色を塗って補正するという高度なテクの前に、同系色で塗って濃くする、という使い方をやってみました。
    フツー、桜は写真だと色が薄く感じますけど、元画像の淡いピンクを吸い出して、1~2度重ね塗りしたら自然な感じに濃くなりました。
    彩度上げるより自然な感じ。
    このブラシ関係、奥が深そうですね。

  • SECRET: 0
    PASS: 9af45d0c03b7e608d8950ea019cafca6
    yukinyaaさま
    yukinyaaさんからお褒めにあずかれるとは公営。いや光栄です!
    いつもいつも、yukinyaaさんから教えて頂いているので、yukinyaaさんが忙しい時ぐらいは、少し使えそうなものを探してUPします^_^;
    しかし、ブラシは結構面白そうですね。
    桜の色を濃くするのに使われたんですね。思いつきませんでした。
    Tintと書いてある時点で、色カブリに使うものだと(笑)
    ブラシはちょっと慣れるまで使いにくいですが、多少慣れてきました。
    今まではいちいち、いくつかの違う現像をしたものをPSに書き出して、全てをレイヤーで重ねて、レイヤーマスクを使ってブラシで部分部分を出していましたが、このブラシのお陰で作業が短縮されそうです。
    Nikonのソフトも同じようなことが出来る優秀なソフトが存在するのですが、多少マシンパワーが必要なので、全ての画像に使っている訳にはいきませんでした。
    これで、現像の出来上がりが不満の無いものであれば、かなり楽しめそうです。
    ノイズ除去とかもバージョンUPしてるんですかね?
    まだ試していませんが・・・。
    今日は時間が無さそうなので、後日試してみようかと思います。

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ところで、知らないので教えて欲しいのですが、
    色相環で補色は、165度の角度にあたるの?

  • SECRET: 0
    PASS: 9af45d0c03b7e608d8950ea019cafca6
    yukinyaaさま
    色に関しては勉強中なので正確な答えは申し上げれらないのですが、PCCSの色相環では補色は180度。
    幅を広げれば165度から180度とされています。
    しかし、180度を補色と言い、165度は隣接補色と言う言い方もあるようですが・・・。
    で、このPCCSの場合は心理補色を基本として作られています。
    心理補色と物理補色は=ではありませんので、若干の違いが出てくるようです。
    PCCSの180度とHSBの180度では色が違うはずです。
    私の勝手な考え方では、HSBの場合は補色として180度を選ぶのはどうかな?と思います。
    PCCSの色相を使っているのなら良いのかもしれませんが、HSBで180度を選択すると、白(グレー)にはならない様な気がします。
    実際試していただければと思いますが、165度前後の補色の方が白(グレー)に近くなると思いませんか?
    ただ基本的に補色と言えば165度~180度の間の色を言うのだと思います。
    勉強不足のために、しっかりした答えが書けずに申し訳ありません。

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    お答えありがとうございました。
    180度だと思っていたのですが、経験的にそうではなさそうということですね。
    さすが、駅スパート様は、目の付け所が違う。

  • SECRET: 0
    PASS: cd4307d23e2fb67b759733f85a68f228
    Select a Colorのウインドウですが、MaskをEditに切り替えて、Tintの横に表示されるカラーボックスをダブルクリックしても表示されますが、その際は、Hが左側に数字だけ、Sは右側にスライダと共に現れます。
    Hの方は、数字の近くにカーソルを近づけると、指先に矢印の付いたカーゾル(なんて名前でしたっけ?)が現れ、左右にドラッグすると角度数値が変化し、画面上でも色相が動きます。
    Sのほうは、スライダで彩度調整が出来ます。
    なので、画面を見ながら、直感的にカブリ補正が出来そうですね。
    補色の角度は何度?とか悩むより、見た目で出来ちゃいそうです。
    ところで、今日PowerBookの方にもインストールして、このTintのスポイトを出してみたのですが、そしたら、はじめっから補色がカラーパレットに選ばれます。
    例えば、スポイトで画面のグリーンを選択すると、パレットにはピンクが選択されるというような・・・・。
    なぜ?
    キーを押したり、何もしてないんですけどね~。
    謎です。

  • SECRET: 0
    PASS: 9af45d0c03b7e608d8950ea019cafca6
    yukinyaaさま
    色に関しては勉強不足ですので、どうか鵜呑みにはしないでくださいね(笑)
    色彩検定でも受けて勉強しようかなぁ~。
    しかし、補色を角度で求めても、実際は違ったりしますからね~。
    あまり現実的ではないかもしれませんね。
    確かに後から目視で変化させていったほうが断然いいかも。
    ところで、スポイトで補色が最初から選択されているって・・・。
    たとえば、その補色で塗ると白(グレー)になりますかね?
    そうだとすると非常に楽ですね。
    スポイトで時間のあるとき私も遊んでみます(^^♪

コメントする

もくじ