デジタル@備忘録



ジャニーズアイドルの写真を無断使用した結果。損害賠償額が5400万円!

2009年9月に「嵐」「KAT-TUN」が出版社を提訴し無断で写真を使用したことに対して計約1億7千万円の損害賠償と書籍の出版・販売禁止などを求めた訴訟を東京地裁に起こしました。

ていたとのこと 写真やグループ名を無断使用

昔からジャニーズだけは写真に関して・・・色々と細かい、いやスイマセン。え~、非常にブリシティ権に関しては強気姿勢との話は業界では有名。

今回の裁判では、損害賠償額が1億7000万円ですからね~・・・
強気です。

同じく、写真の無断使用で同年9月に裁判で判決が出た事件がありました。
それは、

ロス疑惑の三浦和義氏の妻の肖像権侵害ということで新潮社に77万円の賠償命令が地裁で下ったとのこと。

週刊新潮が昨年3月号に掲載した
「『ロス疑惑』長すぎた27年の歳月」の中で使用した三浦氏の妻の写真に関しての賠償命令です。
こちらは、パブリシティ権は無いとはいえ、77万円。
まあ、今の日本の裁判では肖像権侵害では高くても数百万円がせいぜいです。

それを知って、ジャニーズは桁違いの1億7000万円ですからね~(~_~;)
やはり、帝王ですか・・・。


昔、あるカメラマンがジャニーズの記者会見場の写真をヤフオクで売って、大変なことになったということは聞きましたが・・・。

で、この裁判の結果がどうなったかというと、4年後に結果が出ました。

2013年4月26日にアールズ出版(東京)に対して東京地裁は計約5400万円の支払いと販売差し止め、在庫の廃棄を命じました。
まさかの5000万円超え!!!!!

ジャニーズ強し^^;
恐ろしや~~~。
私の知る限りでは最高額!ちなみに販売差し止めを命じられたのは「コンプリートお宝フォトファイル」などの12冊だったそうです。


5400万円の損害賠償額が出たのは12冊もの本を出版していたことが大きかったようですね。1~2札ならともかく12冊ですからね。ジャニーズに対して無断でよく12冊も写真集を出版できましたね。

パブリシティー権を侵害するとして在庫の廃棄まで命じたことはタレントの商業的な位置づけを大きく認めた裁判結果ですね。これがジャニーズで無ければどうなっていたのかは気になるところですが。


関連記事
Orca
Posted byOrca

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply