デジタル@備忘録



エプソンがフォトレタッチソフト「Imaging WorkShop」を無償提供

エプソンが「Imaging WorkShop」を無償提供しているそうです。

ただし、該当のプリンタを持っていることが条件との事。

print-image-workflow


「MyEPSON」への会員登録と対応プリンタの製品登録の両方があって、ダウンロードできるみたいです。

該当のプリンタは以下。

PX-5800、PX-5600、PX-5500、PX-G5300、PX-G5100、PX-G5000、PX-G930、PX-G920、PM-G4500


おお~!私のプリンター該当してるじゃないですかー(^^♪

さてさて、明日にでも早速ダウンロードしてみようかと。

もともとは製品として売り出していたソフトだけに作りは磐石なのではないかと・・・。
タダなら使って見ても良いかなぁ。

これはレタッチソフトを持っていない人には大きいかもしれませんね。


以下EPSONサイトより転載

----------------------------------------------------------------------------
Imaging WorkShopの特長

◎専門知識なしで「カラーマネージメント」 カラーマネージメントを意識することなく、標準の状態で画像の読込みから、プリントまでカラーマネージメントを行えます。

◎様々な「レイアウト」でプリント 豊富なレイアウトに加え、簡単に自在にプリントレイアウトを作成することができます。

◎画像編集機能 写真のプリントに必要な画像の色やトーンの調整機能はもちろん、画像の歪補正や、レタッチなど多彩な画像編集機能が行えます。

◎写真選択機能 多くの写真を一度に閲覧してチェック、作業が快適に行えます。

◎RAWフォーマット対応 代表的な各社カメラのRAWフォーマットに対応。ブラウズからプリントまで、通常のJPEGファイルと全く同じ感覚で扱う事ができます。

◎PhotoshopR など「画像編集アプリケーションと連携」 AdobeR PhotoshopR など、従来からお使いの画像ソフトウェアと連携してご使用していただけます。

----------------------------------------------------------------------------


print_workflow_J
関連記事
Orca
Posted byOrca

Comments 2

There are no comments yet.

yukinyaa  

初めて拍手ボタン押しました!

おおお~~、知らなかった~!
以前ブログに書いたか、直接要望したか忘れましたけど、PhotoshopElementsじゃなくて、このソフトをプリンタにバンドルさせるべきと発言したことがあります。
どうせ単品では売れてないだろうし・・・(^_^;)

このソフトも試用、評価しようと思っていたのですが、未だ使ったことはないです。
現像機能をはぶいたPhotoshop用のプラグインは、Macのせいか動きがすごく重く使いにくいのですが、スタンドアローンではどうでしょうね。

このソフトはエプソンのカラーエンジンで現像、変換されます。
ACEとはまた違った階調になるかも?
ダイレクトカラーマネジメントという機能もあって、これは通常のデバイス間の色の一致を目指すカラーマネジメントじゃなくて、プリンタの色域をフルに使うカラーマネジメントです。
PX-5600で試したときは、かなり彩度の高いプリントになりました。
でも、エプソンとしては、普通のカラーマネジメントや、AdobeRGBではプリンタの色域を最大限生かし切れないので、専用ソフトでそれを生かしかったのでしょうね。

2009/03/13 (Fri) 07:44

Orca  

yukinyaaさん

え~(~_~;)
最近は1ヶ月に100以上の拍手を頂いているんですが、今までyukinyaaさんの拍手って一つも無かったんですか(笑)

それは、置いておいて・・・。

yukinyaaさんの昔のエントリー見たらありましたよ!このソフトに対する感想が♪

yukinyaaさん発言
「ヲタク的発想から言うと、「EPSON CMM」っていうエンジンは試してみたい」
と。

さすがに目を付けるのが早いですね~。
脱帽です(~_~;)

プリンタ色域を最大限に使うとの解説ありがとうございます。

今週は出先で一度も社に戻っていないので、落ち着いたら試してみようと思います。

2009/03/13 (Fri) 12:11

Leave a reply