デジタル@備忘録



NikonのSD-9(パワーアシストパック)の実力は!?

前回、SD-9は大きくて邪魔でかっこ悪いと書いてしまいましたが(~_~;)

その実力はSD-8を遥かに凌駕する素晴らしいものでした。
伊達に大きいわけじゃない(笑)

ニコンのスピードライトSB-900用に作られたSD-9ですが、さて、その実力は!?



今回は以下の実験を行いました。

【ストロボはSB-900でチャージスピード実験】
1、SB-900単体でフル発光した場合のチャージ時間。
2、SB-900に315V積層電池を使ってフル発光した場合のチャージ時間。
3、SB-900にSD-9を使ってフル発光した場合のチャージ時間。
4、SB-900にSD-8を使ってフル発光した場合のチャージ時間。


【ストロボはSB-800でチャージスピード実験】
1、SB-800単体でフル発光した場合のチャージ時間。
2、SB-800に315V積層電池を使ってフル発光した場合のチャージ時間。
3、SB-800にSD-8を使ってフル発光した場合のチャージ時間。

【SB-900の連続発光実験】
・SB-900にSD-9を装着してのフル発光テスト。100回フル発光させて、10回ごとにチャージスピードを測定しました。


以下、実験結果。


スピードライトSB-900
単体・・・約4秒
315V積層装着時・・・約1.3秒
SD-9装着時・・・約1.3秒

SD-8装着時・・・約2.2秒

スピードライトSB-800
単体・・・約4.5秒
315V積層装着時・・・約1.3秒
SD-8装着時・・・約2秒

※上記の実験の結果、SB-900は315Vの積層装着時とSD-9装着時では、電池が共に新品の場合は同じチャージスピードだということが分かります。
SD-8と比べると1秒ほども早いです。
ですが、あとは電池の持続性能が気になるところ。以下は発光回数におけるチャージスピード実験




SB-900にSD-9を装着し連続発行テスト(フル発光)
チャージスピード変化
20回発光時  約1.6秒
30回発光時  約1.9秒
40回発光時  約2秒
50回発光時  約2秒
60回発光時  約2.3秒
70回発光時  約2秒
80回発光時  約2秒
90回発光時  約2秒
100回発光時 約2.3秒

※上記の連続発光テストを見ると、30回ほどフル発光するとチャージスピードが約2秒と落ちますが、その後は90回までほぼ同じ速度でチャージ出来ています。100回目のチャージスピードも2.3秒とかなり早い!
SD-9の持続性能の高さが分かります。


なお、以下は電池電圧の変化です。

電池変化(V値変化)
・新品時(本体・SD-9共に)
1.626V

・100回発光後
本体 1.415V
SD-9 1.441V
関連記事
Orca
Posted byOrca

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply