デジタル@備忘録


新発売カメラのRAWデータ現像について Camera RAWやSILKYPIXなど

新しいカメラが出ると各社のソフトでRAWデータ対応が行われます。2007年当時の状況が書いてあります。2019年現在は新発売のカメラのRAW現像対応は非常に早くなりました。
2019年5月追記
-----


2007年、アドビ社のフォトショップに付いているRAW現像といえば「Camera RAW 3.6」ですが、Photoshop CS3 β版についているRAW現像ソフトは「Camera RAW 4.0」になります。

この「Camera RAW 4.0」は2006年の12月15日にβ版がダウンロード出来るようになったのですが、現像ソフトとして3.6の時代から大幅にリニューアルしたことは言うまでもありません。

しかし、一点だけ「おっ」と思ったことが。

それは、最新版のカメラに対してのRAW現像対応です。

私が知っている限り、もっとも最近出たデジタル一眼といえばNikonのD40。(2007年当時)
このD40のRAW現像に対応しているのは今のところ、Nikonの純正RAW現像ソフトである
「Capture NX」

もしくは
「SILKYPIX」
DxO PhotoLab

などになります。
アドビ社の製品でLightroomも含め最新のD40のRAW現像に対応したソフトは今現在のところ無いのですが、実はPhotoshop CS3の機能である「Camera RAW 4.0」は非公式ながらD40に対応しているのです。

昨年の12月15日の時点で既に対応していたわけですから「DxO」などと比べれば随分早いことになります。

しかし、「Camera RAW 4.0」では、こんなにも早く対応しているにもかかわらず、今現在正式公表されている3.6やLightroom(これはβ版ですが)には対応されていないのです。

3.6で対応していないのはまだ分かりますが、Lightroomのように同じようにβ版として配布しているソフトでもD40に対応していないのは、ふに落ちません。

やはり開発技術チームが違うからなのでしょうかね?
使う側としてはRAW現像対応などは同時並行的にUPしてもらいたいものです。

Orca
Posted byOrca

Comments 2

There are no comments yet.

yukinyaa  

Lightroomは、正規版まで対応を見送ったということなのでしょう。
今月出る製品版(英語)から、D40も対応します。

予想ですが、それに合わせて、Camera Rawも3.7にアップデートすると思います。
そうしたら、D40にも対応するでしょう。

Camera Rawが新しいデジカメに対応までの期間は、大体1ヶ月くらいではないでしょうか?
まあ、まあだと思います。
3.6の場合も、正式アップデートの前に、3.6Betaというのを先行して出して、KissXにも対応しましたし。

Camera Raw3.7で、Lightroom1.0とのXMPファイル(サイドカーファイル)との互換性を持たせるとのことですが、ということは、Camera Raw4を待たずして、パラメーターのコマンドが、Lightroomと同じになるのか?と思っているのですが・・・・。

2007/02/12 (Mon) 00:23

Orca  

コメントありがとうございます(^^♪

Camera Raw4を待たずして、パラメーターが同じになるってのは本当だったら凄いですね。
そこまでのリニューアルがあればAdobeの太っ腹に拍手です(^_^)

いつになったら3.7にバージョンアップするんだろうって思ったんですがLightroomがある関係上遅くしてたんですね(~_~;)
確かに言われて気が付きましたが、私もその通りだと思います。

2007/02/12 (Mon) 00:49

Leave a reply