デジタル@備忘録



今日の写真関連ニュース 人物撮影のコツをプロカメラマンが伝授!/「EOS R」を実際に使ってみた記事など 2018年10月30日

今日も色々と面白く為になる写真関係サイトがあったので続々紹介していきます。 まず最初はプロカメラマンの善本喜一郎さんに動画ライターのサエコさんがインタビューした記事。サエコさんが人物写真の撮り方についてのコツを色々伝授してもらっています。技術的な部分というよりも精神性な部分が非常に面白いです。ヤフーニュースに載ったbouncyの記事になります。

人物撮影のコツの一つとして「撮影前30分ほど会話します」という技を披露されていました。私の経験では時間的余裕から実現できたことが無いです。 私の場合はスタジオでの撮影も含めて必ずインタビューをする記者が同行するので私が30分も話していると記者が質問する時間が無くなる(笑) 出来れば私も被写体とゆっくり懇談してから撮影してみたい。

もう一つのコツとして「相手と対話している自分を上から見ている状況を客観的に見る自分をつくるのがプロの技」と話されていましたが、これは撮影だけでなく冷静に相手と向き合える素晴らしい技術ですよね。私はまだまだ体得には至っていませんが、出来るようになればどんなに素晴らしいかと思ってしまいます。

インタビューでの撮影のコツとしては「インタビュアーと取材される人の関係ができるまで、カメラを出さないのがポイント」で「取材中は一緒にインタビュー内容に頷きながら話を聞く」のが大事とのこと。

これは非常に同感。私もまずはインタビューの内容に耳を傾けながら撮影準備したりしながら相手の話にうなづいたり相槌打ったりします。こうすることで直接的に会話をしなくても相手はカメラマンのことを違和感なく迎えてくれる感じがします。

たまに途中で会話に入ってしまって話を脱線させてしまうというミスをしてしまうケースもあるので話に入ることはなるべく避けるようにしていますが、たまに興味ある話だったりすると盛り上がっちゃうことあるんですよね~^^;

ともあれインタビュー撮影の場合はすぐに撮影はせずに少し会話に入るぐらいの気持ちで相手に受け入れられた瞬間からシャッターを押すことが私の場合も多いです。ただ芸能関係のインタビューだと各社30分だったり、時には複数人での共同インタビューで撮影も共同なんて場合もあります。(記者会見やフォトセッションではないですよ)そんな時にはテキパキすばやく撮影する技術も必要ですね。

比較的大きなスタジオを貸し切っての撮影なんかもたまにありますが、スタジオの機材を貸してもらうケースは今まで無かったので全て持ち込み。この場合は機材が多くなるので結構しんどい。

って、リンク先のサイト紹介から個人的な話が長くなりそうなので次の話題に・・・。

あと気になったのはキヤノンの「EOS R」を実際に使っての記事が2つありました。 一つはライターの本田雅一氏が初めて使用する「EOS R」を持ってカンヌで撮影しその様子をリポートしてくれています。瞳AFが実際の現場でどの程度役に立ったのかなど興味深い内容になっています。初めて使ったとは思えない素晴らしいレビューだと思います。

そしてもう一つ「EOS R」について書いているのが「とるなら~写真道楽道中記~」ブログの管理人さん。なんとも羨ましいことに管理人さんはEOS RとNikon Z 7とα7 IIIの全てを所有されています。 そこで所有者の特権としてEOS RとNikon Z 7とα7 IIIの違いを含めて比較記事を書いてくれています。

操作性(撮影時)に関してはZ 7に軍配。 操作性(ライブビュー・メニュー)に関してはタッチパネルの操作性からEOS Rに軍配。AF性能に関しては文句なしのα7に軍配など、細かい点も含めて丁寧に独自目線でのレビューを書かれています。私もZ7やα7を使いましたが似たような感想を持っています。

その他にも興味深い記事が多数ありましたので気になるタイトルがあれば是非どうぞ。


【bouncy columns】笑顔の写真が撮りたい! スナックで訊くプロカメラマン直伝メソッドとは?(bouncy) - Yahoo!ニュース

千葉雄大も歩いたレッドカーペットは素人でも撮れる?キヤノンのフルサイズミラーレス「EOS R」にお任せした結果(本田雅一) - Engadget Japanese

EOS RとNikon Z 7とα7 IIIを実際に使って感じた良いポイント・悪いポイント

気が付いたら「EOS R」「Nikon Z 7」「α7 III」と2018年に登場したフルサイズミラーレスを全て使っていたので、ざっくり感想をまとめてみました。 異論はあるでしょうけども、私の感覚では以下の通り。



【保存版】人気ミラーレスカメラ5台を徹底比較! 初級者が見るべきポイントをプロが解説【外観&基本仕様編】 | GetNavi web ゲットナビ

スマホカメラは手軽で便利ですが、趣味として写真撮影を楽しむにはやはり、「レンズ交換式」のカメラが欲しいところ。とはいえ最新のフルサイズミラーレスはまだまだ高価。そんなふうに感じるビギナーには、 レンズキットが10万円前後で買えるエントリー向けミラーレスカメラがおすすめです。



球体が浮かぶ不思議な写真や、万華鏡の世界を撮る! スマホ用レンズの作り方

インタビュー 五感で自然を感じながら、撮るプロセスも楽しむ/動物写真・半田菜摘さん

ルイ・ヴィトン"旅"に纏わるフォトブック『ファッション・アイ』篠山紀信ら参加、新宿&六本木で作品展

写真歴史博物館 企画写真展「色彩の写真家(たびびと) 前田真三 出合いの瞬間をもとめて」

実は高性能なiPhone標準カメラの使い方 | 機能・テクニック - ほぼ無音での写真撮影方法も | ビヨンド(Beyond)

写真家・映像作家 奥山由之 アシスタント募集 | NEWS | IMA ONLINE

出張撮影fotowa、「NAVITIME API」導入によりユーザーとフォトグラファーとのマッチング精度を向上:時事ドットコム

【10/27(土)】sacai × Polaroid™Originals SX-70限定モデル発売 | 二子玉川 蔦屋家電

iOS 12.1リリースへ。iPhone XS/XRポートレート撮影やFaceTime進化、デュアルSIM

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Trackbacks 0

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック


更新順
同カテゴリ