デジタル@備忘録



今日の写真関連ニュース iPad版フォトショップなど 2018年10月27日

先日アメリカ・ロサンゼルスで開催されたクリエイターの祭典「Adobe MAX 2018」でiPad版フォトショップが発表されました。今までの簡易的な画像補正やiPad版のLightroomなどはありましたが、あくまでもiPad用に作られた別のソフト。

しかし今回「Adobe MAX 2018」で発表されたのはPC版と同様の動きをするiPad版ソフト。つまりiPadでまったく同じ作業が出来ることになります。

このソフトがDownloadされるようになれば全ての写真加工でPCは不要となりクリエイティブワークがiPad Proで完了することになるのか。それは使い手にもよるでしょうし、iPad作業でのパフォーマンスにもよるでしょうね。今後の流れがどうなっていくのか気になります。キーボードでのショートカットが使えないフォトショップがどの程度使えるものなのか・・・。

ただ、下のリンクで紹介したサイトによれば、スコット・ベルスキー氏はPhotoshop CC on iPadの開発は数年前から社内のエンジニアやデザイナーでチームをつくり取り組み、「過去30年分のコードをiPadに詰め込んだ。」そして「これは決してiPad向けの軽量版ではありません。本当のPhotoshopなんです」と強調していたことを紹介しています。

本当のPhotoshop。これが今までとは違いiPad用の完璧なソフトを作り上げたことを意味しています。今後の流れが気になりますね。詳しくは以下のサイトからどうぞ。

そして新製品といえば気になるのが「Insta360 ONE X」やキヤノンから登場したフルサイズミラーレス一眼「EOS R」。 「Insta360 ONE X」のドリフトショットは映画の特撮を見ているような感覚になるトンデモ映像を撮影できます。一昔前であれば本当に特撮が必要であった映像がこんな小さな全天周パノラマカメラで可能になるとは本当に驚き。

「EOS R」はニコンのZシリーズと同様に今後のキヤノンにとっての試金石となるカメラですから誰もが気になる機種ですよね。ニコンもキヤノンも本当の戦いは2020年以降なるとは思いますが・・・。それぞれ気になる記事のリンクを貼っておきました。
スティーブ・ジョブズの理想がついに。iPad版Photoshopに「協力体制」アップルとアドビの思惑:Adobe MAX 2018

直ぐに半世紀以上前に若返りたい?簡単ですよ、フォトショップならね。老人の写真を見事に若返らせたフォトショ外科医 : カラパイア

人はいつまでも若々しく健康でありたいと願う。科学の力でそれを実現できる日を待っている。 その期待に応えるべく、科学者たちは様々な研究によりそれなりの成果を上げているが、「数時間で半世紀以上前に若返りたい」などの急速激変な望みは当分叶えられそうにない。 だが写真ならできる。



一眼レフとミラーレスはどちらが人気? デジタル一眼カメラ週間売れ筋ランキング - BCN+R

最大5.7K 30fps対応、バレットタイム撮影も健在 「Insta360 ONE X」実践動画レビュー - Engadget Japanese

今一番注目されてるフルサイズミラーレス一眼、キヤノン「EOS R」 (1/5)

世界的なファッションフォトグラファー、エレン・フォン・アンワースの来日記念サイン会が銀座 蔦屋書店で開催 | ART&CULTURE | FASHION HEADLINE

Nikon | ニュース | 報道資料:「ニコン フォトコンテスト 2018-2019」作品募集開始のお知らせ

【注意喚起】SandiskのSDカードの偽物(粗悪品)がひどすぎる!大切な写真が突然消えることも...本物との見分け方を共有中!「並べないとわからない」

この度,SandiskのSDカードの本物と偽物(各1枚ずつ)に当たりましたので見分け方を共有いたします。大切な写真が突然消えたり見れなくなることもありました。みなさんも偽物(粗悪品)にはお気をつけください。 まとめました。



赤ちゃん写真撮影の舞台裏がすごい...! 寝ている新生児にポーズをどんどんとらさせていくよ

業績不振のニコンが探し当てた意外な「救世主」 | HBR.ORG翻訳マネジメント記事

Orca
Posted byOrca

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply