デジタル@備忘録



新しく登場した写真管理ストレージサービス「Mylio」を少し使ってみました



1~2ヶ月前から段々と話題になってきている新しいストレージサービスMylioがどんなものなのかインストールして若干使ってみました。

無料でも3デバイスで使用可能で25,000枚保存可能


この「Mylio」はMac、iOS、WindowsのOSに対応してるオンラインストレージサービスで無料でも3つのデバイスで同期することが可能です。
フリーの使用だと枚数制限が25000枚になります。それ以上使いたいならば月8.33ドルで100000枚。月20.83ドルで無制限の枚数を同期することが出来ます。

Mylio.png

RAWデータも読み込めるのですが、データサイズではなくて枚数でカウントする所がフォトサービスらしいですね。
全てのRAWに対応しているわけでは無いようですが・・・。ほとんどのカメラはサポートされているようです。

紹介動画がありますのでソフトの概要は以下の動画でどうぞ。



さて、実際にインストールしましたが、その流れはこんな感じ。

ソフトをダウンロードしてセットアップ画面からインストールを進めていきます。



インストールが終わるとサインアップ画面に。
Eメールと任意のパスワードを入力します。

パスワードに関しては少し面倒な注意書きが書いてあります。説明書きを読まずに普通にパスワードを打ったら彈かれてしまいました^^;

・少なくとも6つの大文字と小文字が含まれている必要があります。
・数字も最低1つ含む必要があります。


画像のインポートはPC内フォルダやLightroom、FacebookやFlickrからも可能のようです。
とりあえずフォルダーからインポートを試みます。




インポート後のインターフェイス。フォルダごとの表示にしています。


サムネイル表示の場合はこんな感じですね。
サムネイル表示の大きさはスライダーで調整できます。


基本的な画像調整が可能になっています。
これが元。



こちらが少し調整したもの。
アンダー部分を明るくしたもの。Lightroomのスライダー構成に少し似ています。



現像のパラメーターはLightroomに非常に似ていますね。
Lightroomを使っている人には使いやすいかも。

  • ヒストグラム表示
  • ホワイトバランス
  • 色かぶり補正
  • 露光量
  • コントラスト
  • ハイライト
  • シャドウ
  • 白レベル
  • 黒レベル
  • 明瞭度

シャープや彩度調整も可能になっています。
トリミングや色調補正に関してはLightroomなどと同じで非破壊構造なので一度調整しても再調整が可能です。

iPhoneアプリをダウロードすればiPhoneとも同期できて、iPhoneのストレージが大きくならないようにオリジナル画像以外にもPreviewやサムネイル画像を同期することも可能です。


どの画質で同期するかは設定画面で選択が可能です。


iPhoneで同期してみようと思ったらWi-Fi下でないと同期不可能でした。たまたまWi-Fiの無い環境で試していたので今回は同期の使い勝手などが分かりませんでした。
また別の機会に試してみようと思います。

アメリカでは結構人気が出てきているようです。
気になる方はインストールして試してみては?


サービスの特徴に関しては以下のページに詳細が書かれています。
https://mylio.com/why/

関連記事
Orca
Posted byOrca

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply