デジタル@備忘録



イギリスの超高級車ベントレーがiPhone5Sのカメラの限界に挑んだCMが話題

ベントレー(Bentley)と言えば超高級車メーカーとして誰もが名前を知っているかと思いますが、先週YouTubeにアップされたドキュメンタリー風のCMが話題になっています。


話題の理由は撮影にiPhone5Sのカメラを使用した点。
ただ単にスマフォのカメラを使ったCMというだけでは話題性も小さいかもしれませんが、言われなければ絶対にiPhoneで撮影したとは分からない出来栄えの良さに注目が集まっているようです。

動画は最後に貼り付けておきます。



iPhoneのカメラをそのまま使ったわけではなくて、アダプターを使って望遠レンズや広角レンズを駆使したり、ステディカムを使用したりと本格的な機材を使っている模様。


例えば、

望遠レンズや広角レンズ、ステディカムはこんな感じのものが使われていたようです。




こんなiPhone用の広角レンズって市販されてます?
このCMの為に作ったのでしょうかね。




ステディカムに取り付けらたiPhone5S。


ここまで外部のアダプターを使うと、iPhoneのセンサーを使っただけじゃないか?との批判も出そうですが、とにかく素晴らしい出来栄え。話題性を狙ったベントレーとしては成功といった感じでしょうね。



このシーンは手持ちっぽいですね。



気になる動画はこちら。
ゆっくりお楽しみ下さい。

Orca
Posted byOrca

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply