デジタル@備忘録



引退したスペースシャトルが展示会場まで移送されるタイムラプスが公開。個人的には泣ける。

最後に建造され、25回の飛行を行ったスペースシャトル エンデバー!!!
その最後のスペースシャトルがケネディ宇宙センターからロサンゼルスのカリフォルニア科学センターまで移送される様子をタイムラプス映像としてYouTubeにアップされています。
天体少年だった私はこのタイムラプス動画を見たら感動と寂しさで涙が出そうになりました^^;


小さい頃からスペースシャトルを本で見飽きるほど見ては夢を膨らまし、今考えれば突拍子もない宇宙ステーションの想像図が描かれた科学雑誌を眺めていた少年時代の私でした。

私の少年時代のあこがれの象徴だったスペースシャトルも全ての機体が引退し、新しい低コスト宇宙船へと移行していくことが決まっています。

そんなスペースシャトル エンデバーが引退後の展示会場であるロサンゼルスのカリフォルニア科学センターへケネディ宇宙センターから向かう動画は涙なくては見れないわけです。


動画を作成した方は500時間もの輸送に密着し撮影し続けたそうです。なんという・・・。
言葉よりも映像が全てを語ってくれます。一つの時代の象徴が終わりを告げる瞬間を切り取ったという感動的な動画でした。

夢をありがとう!スペースシャトル。

Orca
Posted byOrca

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply