デジタル@備忘録



画素数を減らすと高感度に強くなる?キヤノンが線香の光で撮影できるカメラを開発

2013年3月にキヤノンが動画撮影専用の35mmフルサイズCMOSセンサーを開発したと発表しました。



35mmフルサイズの撮像素子でありながら画素の大きさは一辺19マイクロメートル。これはデジタル一眼レフカメラの最上位機種であるEOS -1D Xなどと比べると7.5倍以上の大きさとのこと。
1画素の大きさが極端に大きいことで高感度に強くなったのだと思いますが、つまり画素数は減ったということですよね。
動画の場合は、4K映像などを除けば静止画のような画素数は必要ありませんから、撮像素子は大きいものを使い画素数は減らす。そのことによって高感度でもノイズの少ない画像を生成することが出来たのかもしれません。

これって、動画の世界だけでなく静止画のデジタル一眼レフカメラでも取り入れて欲しかったりして^_^;

35mmフルサイズで800万画素程度に抑えて高感度に更に強くしたデジタル一眼レフカメラがあれば結構売れると思うんだけどなぁ~。


話は戻って、今回発表されたCMOSですが今までの電子増倍型CCDで撮影できる天体は6等星が限界だったのに対し、今回開発したCMOSセンサーでは8.5等星以上の暗い星の撮影が可能とのこと。

さらに線香の光だけで人物の特定が出来るほどの撮影が出来るようです。実際に撮影した動画がキヤノンにアップされていましたので興味のある方はどうぞ。


8年近く前にNHKとパイオニアが共同で開発した高感度にめっぽう強い「HEED冷陰極HARP撮像板」(通称HARPカメラ)にも驚きましたが、今回は自分たちにも直接関係しそうな技術だけに結構気になります。


関連記事
Orca
Posted byOrca

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply