デジタル@備忘録


同じモチーフから観光写真も生まれれば芸術写真も生まれる。作者の眼の問題だ・・・土門拳氏の言葉



今朝アップしたのはiPhoneでの撮影。
で、こちらはコンパクトデジカメのCanon S95で撮影したもの。


やっぱりこっちのほうがシャープに撮れてます(^^)
同じ場面をiPhone4sでも撮影したんですが
葉が揺れてしまってピントが合わない。
こちらは葉が揺れても一瞬でシャッターが切れているので
ブレもピントずれもないようです。


S95ってマクロ機能が弱くて
あまり接写に向いてないかもと思っていましたが
ここまで近寄れれば良いですね。


もっと接写機能に優れたコンデジならば
顕微鏡写真のようにクッキリと葉脈が撮影できるかも知れません。
だから何?と言われても返す言葉もありませんが。


息子と散歩する時には
なるべくコンデジを持ち歩くようにしているのですが
撮影するのは息子がメイン

たま~に
気になるものがあるとパチリと撮影。


じゃ~
この葉っぱも気になったから撮影したのかと言うと
実は撮影するものが他に何も見つからなかったから^_^;


もっといい被写体があったとは思うのですが
私には見えなかったというのが正解でしょうか。


人は同じ物を見ていても
感じることや発見することは人それぞれ


それを象徴するような
土門拳さんの有名な言葉があります。




「同じモチーフから観光写真も生まれれば芸術写真も生まれる。作者の眼の問題だ」



眼の訓練をしなければと思った一日でした。

関連記事
Orca
Posted byOrca

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply