デジタル@備忘録



キヤノンの社名は観音菩薩のカンノンの発音から取ったんですよ~

これは有名な話ですから写真好きの人だけでなく多くの人が知っている事実かもしれませんね。

キヤノンの前身である精機光学研究所の吉田五郎氏が観音菩薩の信者だったことから、最初の試作機には「KWANON(カンノン)」という名称が付いたそうです。
 
“Kwanon”と命名された試作機には観音菩薩をモチーフにした彫刻が付けられていたんだとか。この彫刻はキヤノンのホームページでも紹介されています。

ちなみに試作機本体は「KWANON(カンノン)」ですが、レンズの方は「KASYAPA」(カサパ)と命名されたのだとか。KASYAPAは、釈尊の弟子のある摩訶迦葉(マハーカシャパ)の音をから来ているという話ですよ。
関連記事
Orca
Posted byOrca

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply