デジタル@備忘録



新聞広告に付いたゴミは広告費に影響するのかな??? この版のみかな?

つい先日の日経新聞の広告に珍しいものを発見!
メガネ広告だと思うんですが、岡田さんの眉毛部分にゴミらしき異物が・・・。

もう少し場所がズレていれば気が付かなかったかもしれませんが、この場所では分かってしまいます。
これは何なのか考えたのですが・・・。


とりあえず、もう一部の日経新聞を見てみたら・・・。
こちらにもありました。同じ所にゴミらしきものが。
こういうゴミって最初に刷る時に見つけるものなんですが、これだけ目立つ場所にゴミが付いていたら版を作り直すはず。
とすれば、輪転機を回している間に付いたものでしょうか。


私の知る限りでは、こういったゴミなんかよりもカラーの時の版ずれの方が多い気がします。
こういったゴミは久々に見るような^^;

ただ元の原稿にこういった異物があったとは考えにくいので、版が違えばこのごみ問題は解決されているのだと思います。
私が見た版は、

日付の右に数字が書いてあるように14版。
この14版だけの問題だと思います。



でも、こういった結構目立つゴミが付いた時なんかは、この版の分だけある程度広告費が安くなったりするんでしょうかね。社によって対応は違うと思うんですけど・・・。

新聞見ててたまたま見つけたので書いたまでで深い意味は何もありません。

関連記事
Orca
Posted byOrca

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply