デジタル@備忘録


ぐるぐるレンズをiPhoneにつけて撮影してみた結果こうなった。 グルグルレンズの作り方もご紹介。 




先日からハマっているおもちゃレンズ。
私が命名するに「ぐるぐるレンズ」

どんな普通の風景も面白く撮れちゃうレンズなんですが、最近少し枚数が増えてきたので多少ご紹介。
最後にグルグルレンズの正体もお見せしますね。

色々撮影してみたんですが、夜景が一番相性が良いような気もします。
夜景というかイルミネーションと言ったほうが良いかな。

余計な物が写り込まず黒に沈むので見せたいものが浮き上がるからでしょうか。
下の6枚の写真は上段がお台場の夜景です。
下の3枚は花の写真。

まあ、飲み会で見せれば「え~、どうやって撮影したの?」と必ず聞かれるでしょうからこの時期には良いかも知れません。




スナップ的なもので面白いものも撮れないかなぁ~と思って撮影してみたのが下の写真

下の何枚かはイルミネーションでは無く通常の風景を撮影したもの。
ど真ん中の光輪になっているのは太陽を撮影したものなんですよ。

う~~ん。
これをどう展開してもっと面白くしていくか・・・。
まだまだ面白さの追求が足りませんが、手頃に楽しめるので是非みなさんもどうですか?





作り方は簡単。
おもちゃ売り場に行くと、覗くと万華鏡のように見えるスコープのようなおもちゃが結構売っています。
それをサイズのあう筒にかぶせるか、もともとのスコープの筒を使うかしてレンズっぽくします。

下の写真の左が私が常用している「ぐるぐるレンズ」
筒にレンズをはめて落ちないようにセロテープで止めているだけです。

それをiPhoneのレンズにかぶせると、から不思議一番右のように見えるんですね。
筒の長さによって写り方が変わってくるので筒を数種類用意しておくと面白みがグッと上がるかも知れません。




関連記事
Orca
Posted byOrca

Comments 1

There are no comments yet.

ちくわ+α  

これまた面白いwww

2011/12/20 (Tue) 18:45

Leave a reply