デジタル@備忘録



画像処理(レタッチ)をやり過ぎちゃったら・・・ そうだ!絵にしちゃおう(^^♪

タイトル通りの内容です(笑)
色々写真を処理していたらやり過ぎちゃう事ってありますよね!俺だけ?
処理しすぎると「処理しすぎて絵みたい」な~んて言われちゃうことも。

そんな時には「え?だってこれ絵だよ」と平然と答えて逃げちゃいましょう(笑)
遊びと思ってお許しを。


例えば下の写真。


これは未処理のソース画像。
ちょっと明るくして彩度を上げて・・・。とやっているうちに過激に処理したくなる典型的なシーン。
空は青くして、海も青く。そして緑は鮮やかに!!!
な~んてやってると下のような写真に。

まあ、これでも良いって人もいるとは思うんですが、ちょっと・・・。
施している処理を下に貼り付けましたが、


う~~~ん。
HDRを作ってるの?と言われそうな処理です。

ヒストグラムもソース画像の左側と比べて完全にクシ状態でトーンジャンプが発生しています。
でもヒストグラムを騙すだけであれば、秘密の方法を使えば、あら不思議。下のヒストグラムに変身です。


まあ、トーンジャンプの修正に関しては以前エントリーで書いたので割愛しますが、あまりに処理すると画像に無理が生じます。それに伴って見た目も不自然になってしまいます。
上の写真を拡大したものが下。



2枚目の拡大写真は画像処理後のものですが、もう既に絵?(笑)
でもやるなら下の画像ぐらい処理して「完全な絵」にしちゃおうよ!!!ってのが今回の話。



全体を表示するとそれほど違和感無いでしょ?
写真だと思うとやり過ぎなんですが、絵だと思うと許容範囲?
こんなこと書いてると美大の学生に怒られそうですが・・・。



試しにもう一枚実験してみました。


これがソース画像。撮って出し状態です。



砂浜の部分を明るくしようとして処理すると、太陽の位置とか考えると不自然なのがバレてしまう。
でも、



この写真も下の画像のように「絵」にしちゃえば良くない???(笑)



フォトショップのフィルタで
「アーティスティック→塗料」処理を施したもの。



絵だとしたら許容範囲???
やっぱり画家さんに失礼かOrz

実験失敗?
それともカメラマンとしてダメだしかなぁ~(~_~;)


でもね何事も遊びから生まれるんです!

え?
写真としても絵としてもダメだって?
そりゃ残念。

関連記事
Orca
Posted byOrca

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply