デジタル@備忘録



ニコンの新型70-200を使ってみた感想

最新型の一つ前の旧型レンズ(70-200)が壊れてしまったので、修理に出したのですが、代替品として貸してくれたのが新型の「AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II」でした。

新型とは言っても、発売から既に1年近く経過しているんですね~(~_~;)
今使っている70-200も最高に素晴らしいレンズで私のお気に入り!

新型レンズをカメラに装着してファインダーを覗いたら驚き!

覗いた時点で違いがわかるレンズだなんて\(◎o◎)/!

驚いたのはVR(手振れ防止機能)の動きがスムーズで中でコマが回転しているのが感じられないほど。
非常に滑らか!

レンズの写りがどうとか。そんな問題は後にして、新型VRってこんなにスムーズになったんだ~と感動。
以前のVRは稼働中にコロコロコロって音がなって若干気になることがあったり、ファインダーで見たときに、カタ!カタ!と画面が突然動くことがあったりしたのですが、それってVRの特徴かと思って別に気にしていませんでした。特に撮影に影響するわけでも無いし。

でも、この新型レンズはそれらが全てクリアーになってるんですね~。マジで感動。
これを一度使ったら、前のレンズに戻りたくないなぁ~(~_~;)

このまま代替品くれないかなぁ~。ねえニコンさん\(^o^)/


今週は国の某建物内でカンズメ状態で詳しいレポとかは出来ませんが、何かネタで書けそうなことがあればご報告します。

関連記事
Orca
Posted byOrca

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply