デジタル@備忘録



ペンライト(LEDライト)の軌跡

特に意味は無いのですが、たまたま図書館で借りた科学写真に関する本に載っていたので真似して撮影(~_~;)

本格的に撮影したものはライト・グラフティーなどと呼ばれて認知されていますよね。

街の景色の中で様々な色のライトを使いながら芸術的な作品をWEBでも良く見かけます。





コレはただ単に糸にライトを垂らして回しただけ。
ただ、この手法でもライトの重さや、糸の長さや素材の違いによって色々と軌跡が変わってくるようです。

また、1本の糸ではなく2本や3本の糸を使ってYの字のように吊るしても面白い軌跡が撮れるとか。







関連記事
Orca
Posted byOrca

Comments 4

There are no comments yet.

yt  

ペンライトですが、こればかり専門にしてるアーティスト集団なんかもありますよね。
 
メルボルンでファッションを中心に撮っているコマーシャルフォトグラファーで Andrew Maccoll という人がファッションにライトアートを重ねて撮るという面白いことをやっています。スパークラー(あの、線香花火の大きいようなやつですね。ケーキに載せるやつです)を使ってみたり、セロファンを付けたライトを使ったり。アイディア次第でいろいろあるもんですね。以下彼についての記事のリンクです。興味があれば、どうぞ。

http://www.desktopmag.com.au/features/andrew-maccoll/

2010/09/15 (Wed) 13:56

Orca  

Re: タイトルなし

ytさま

Andrew Maccoll氏の情報ありがとうございます(^^♪
初めてHPを拝見しました。

ライト・グラフティーを専門に撮影している方は知っていたのですが、ファッションフォトの一部として取り入れるのは奇抜なアイデアで面白いですね。かなりプレッシャーのかかる撮影になりそうですが(~_~;)

ある程度練習してから撮影に挑まないと怖いですよね。経験をつまないと出来ないなぁ。

別のカメラマンの作品でタイマツを持って、くるくる回して撮影している写真なんかは面白いなぁ~と感じました。この世界も奥が深くてアイデア勝負って感じで、創造力が未熟な私には歯が立ちません(笑)


2010/09/15 (Wed) 16:00

yt  

確か、三脚にたてて、背景に合わせて軌跡をバルブとかで露光しておいて、それからライトをセットしてモデルを重ねる、あるいは同じ位置で別々のフレームに撮っておいてから、Photoshop でブレンドする、そんな話をしてたと思います。ホント、面白いこと考えますよね。考えたもん勝ち、みたいな世界だとつくづく感じます。初心者の私には、とてもとても…。
 
いつもブログ参考にさせていただいてます。これからもご自愛の上、楽しい記事を公開してください。

2010/09/15 (Wed) 20:08

Orca  

Re: タイトルなし

ytさま

撮影方法の状況などありがとうございます。
フォトショップでスクリーン合成するのが一番楽だとは思うのですが、やはり撮影するなら1発撮りが格好いいですよね(^^♪
格好よりも、結果が大事だとは思うんですが・・・(~_~;)

いつもご高覧ありがとうございます。
個人ブログなので空いた時間に細々と備忘録として書いておりますので、参考にして頂いていると聞くと汗顔してしまいますが、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

2010/09/16 (Thu) 09:59

Leave a reply