デジタル@備忘録



画像補正 第1回 レベル補正 基本1

暗い画像を簡単に明るくする

画像1画像? レベル補正1

上の画像がフォトショップのレベル補正画面。この画面を出すには「イメージ→色調補正→レベル補正」上の画像1の黒い山は左右の端まであるが、画像2のレベル補正画面(画像3)などは露出アンダーのため黒い山が端まで無いことがわかる。

画像2画像2 レベル補正用画像1

この画像のレベル補正画面は下(画像?)のようになる。

画像3画像? レベル補正2

画像1の山と比べて画像3は右側に山が無いことがわかる。この黒い山は画像の持っているデータを表している。つまり、

右の山が無いということは、ハイライト部分が無いということになる。反対に左側に山がなければ真っ黒のシャドーが無いということになる。では、アンダー気味の画像?どう補正をするのか。ここでは、山の下の3つの△のうち、一番右の△を山の下までスライドしてみる。下の画面のようにする。

画像4画像? レベル補正3


こうすることにより、画像2のアンダー写真が下の画像5のように変化する。


画像5画像? レベル補正用画像2



これは、画像補正の初歩の初歩。基本中の基本動作だが、応用的にも使えるので画像補正をする場合には重要な必須項目だ。

関連記事
Orca
Posted byOrca

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply