デジタル@備忘録


Archive2015年03月 1/1

日本語版スタート!amazonが容量無制限のフォトストレージを驚愕の年間11.99ドルで開始 

ついにアマゾンで格安容量無制限ストレージが開始されました!以前からamazonはストレージサービスを展開していましたがプライム会員向けだったり容量に制限があったりと使い勝手に難がありそれほど話題にはなっていませんでした。しか~し、今回発表されたサービスはプライム会員でなくても使用可能な容量無制限サービス。それもかなりの激安です。Amazon Cloud Drivehttps://www.amazon.com/clouddrive/home上のキャプチャー画面...

  •  0
  •  0

目で見て分かる!被写界深度シミュレーションの決定版が登場 これで撮影時に迷わない!?

写真を撮影していく中で避けては通れない課題が被写界深度です。このブログを読んでいる方はプロの方やハイアマチュアの方が多いかと思います。被写界深度に関しては誰よりも詳しいな~んて方もいらっしゃるかも知れません。でも被写界深度に関して一発で計算し視覚的にも分かりやすく例示してくれる「Bokeh simulator & depth of field calculator」には敵わないかも笑「Bokeh simulator & depth of field calculator」は見ての通...

  •  0
  •  0

これは良いかも! 東芝が発表したデジカメ無限高画質技術。高性能なノイズ除去システムの登場か

東芝が無限高画質技術を発表しました。簡単に言えば高感度で撮影したノイズだらけの写真も複数枚の画像を合成することでノイズを抑えられるという技術。ノイズは生成された画像にランダムに入り込むので複数枚を重ねることでランダムに入ったノイズだけを除くことが可能になるんです。従来から各メーカーともに数枚の撮影画像を合成する電子式手ブレ補正技術が実用化されていますが、撮影画像を一旦とどめておくメモリが必要なので...

  •  0
  •  0

不動産の写真の撮り方!写真を変えれば絶対に売れるという実例!

8ヶ月間売れなかった家。フォトグラファーが写真を変えたら"たった8日"で売れた!?アメリカのフロリダ州オーランドの建築関係専門のフォトグラファー"Harry Lim"氏が非常に興味深い記事を書いています。8ヶ月間まったく売れなかった家を彼が撮影したら、たった8日で不動産が売れてしまったとのこと。もともと掲載されていた写真と彼が撮影した写真は何が違ったのでしょうか?そこに不動産売買の肝があるかも知れません。彼の...

  •  0
  •  0

レタッチしすぎで1億円の罰金! 歯を白く画像処理したら誇張広告で訴えられた米P&G

P&Gから発売されている有名なホワイトニング歯磨きに「クレスト」シリーズというのがあるのですが、日本国内では販売していないのでご存知無い方も多いかもしれません。今回話題になっているのは、この「クレスト」のホワイトニング用歯磨き粉の広告が上海で罰金になってしまったということ。クレストは1955年からP&Gで発売している歴史ある商品。ネットで「クレスト 歯磨き粉」で検索すると本場アメリカでは超有名なホワイトニ...

  •  0
  •  0

ベジェ曲線をゲーム感覚で遊びながら操れるようになる「The Bezier Game」で撃沈

Facebookページの方でご紹介していたのでチェックされている方も多いかと思いますが、私も早速遊んでみました。gigazineさんで取り上げられていた「The Bezier Game」【The Bézier Game】http://bezier.method.ac/名前の通りベジェ曲線で遊べるサイトなんですが、最初の数問はベジェ曲線の使い方の基本を教えてくれます。基本的なことを学んだ上で実際の問題へと進んでいきます。どんな流れで学んでいくかは以下の動画を見るとわか...

  •  0
  •  0

ViewNX2の新バージョンViewNX-iが出る!動作が軽ければ嬉しいですね

現在ニコンのサムネイルビューソフトは御存知の通りViewNX2。てっきり今後はCapture NX-Dに統合されてしまうのかと思っていましたが、ViewNX3となるViewNX-iなる新バージョンがニコンから発表されました。Capture NX-Dはビュアー機能も付いているけれども基本は現像ソフトなのでビュアーとしては動きや使い勝手がしっくりこない点がありました。Capture NX-Dにビュアーも現像も統合されてしまってビュアー専用ソフトが今後は無く...

  •  0
  •  0