デジタル@備忘録


Archive2012年11月 1/2

ネガは楽譜でプリントは演奏だ---アンセル・アダムスの言葉

No image

ピアニストを目指したこともあるアンセル・アダムスらしい言葉ですね。非常に有名な言葉ですので聞いたことがある人も多いのでは。アンセル・アダムスと言えば、ゾーンシステムでも有名ですが、やはり焼き(プリント)の名手であったのは誰の目にも明らかです。どんなに良いネガであっても、それを上手に演奏しなければ人々を感動させることは出来ない。そう言いたかったのかも知れませんが、現在のデジタルカメラで言い換えると「...

  •  0
  •  0

これはウソだと思う! D600のセンサーダスト問題がミラーボックス内の傷が原因という件

先日当ブログでもD600のセンサーダスト問題が海外のブログ等で話題になっていることをアップしました。この問題を指摘したPeta Pixel が、その続報としてセンサーダストの問題の原因のひとつはミラーボックス内にあるのでは?と。つまりミラーボックス内に見慣れない傷があり、その傷はミラーが上下するごとに付けた傷で、ミラーが上下するたびに削れてダストが発生するのでは?という予想を立てて情報をアップしました。ようする...

  •  0
  •  0

1930年頃のライカ製カメラが約8000万円で落札 ライカC型か?

No image

今月、香港で競売会社6社が8日間にわたって開催中のオークションで1930年頃のライカ製カメラが750万香港ドルで落札されたとのこと。Bloombergが2012年11月26日に報じました。750万香港ドルを今のレートで計算すると79631377円。約8000万円。記憶にあたらしいものとしては、今年の5月に1923年製のライカ試作機が過去最高の2億2300万円で落札されたことが話題を呼びました。このド級の価格はライカの試作機であることが一...

  •  0
  •  0

デジカメのセンサーに付着するゴミ問題が結構話題に・・・。検証動画

No image

最初にお断り。ニコンのD600はセンサーにゴミが付着しやすいという噂が流れました。ただし、あくまでネット上の噂ですので全てのD600に当てはまる問題ではない可能性があります。またD600は私が使用した限りでは非常に素晴らしいカメラですのでセンサーのゴミ問題だけでD600の価値を語るようなことにならないことを願っています。ただ、今回アップされた動画(1000カットでのゴミの付着進行具合)がもしもすべてのD600に当てはまる...

  •  0
  •  0

たまたま写り込んだポスターや絵画は公開してもOK!? 文化庁が改正著作権法の新規定を解説

No image

文化庁が6月27日に公布された著作権法の一部を改正する法律の「写り込み」等に係る規定について、具体的な内容が条文からだけでは分かりにくいとの意見等があったことから、趣旨及び内容の概要について解説ページを公開しました。文化庁:いわゆる「写り込み」等に係る規定の整備について(解説資料)写真を仕事にしている方は一読しておくことをオススメします。解説しているのは以下の部分。(付随対象著作物の利用)第30条の2 ...

  •  0
  •  0

サンダーソニア/クリスマスベルの花言葉は「愛嬌、祈り、祝福、共感」

サンダーソニアというベル状の花。以前にも紹介したことがあるので覚えているかた方もいらっしゃるかな?切花としては比較的有名ですから花屋さんで見かけることも多いかも知れません。ヨーロッパでは定番の花だとか。別名をクリスマス・ベルというので、イルミネーションっぽく撮影してみました(^^)クリスマスには少し早いですが、街中は既にクリスマスイルミネーションが始まりましたね~。家の中で飾り付けをしたクリスマスツリ...

  •  0
  •  0

デジタル@備忘録ブログがヤフーカテゴリー登録されました。 最近は登録申請しなくても掲載されるんですね。

嬉しいことに知らない間にヤフカテ登録されていました(^^♪登録されたカテゴリはYahoo!カテゴリ – デジタルカメラNEWの文字が付いていました。最近はブログなどのサイトは登録されないという話を聞いていたので予想外というか嬉しい想定外なことです。このブログはビジネス的なサイトではないので有料でのサイト登録は出来ません。基本的にはブログなどの個人的なサイトは自己申請による無料のサイト登録があるのですが最近は申請し...

  •  0
  •  0

報道写真とは目的をもったドキュメンタリー写真だと思う---ユージン・スミス氏の言葉

ユージン・スミスの水俣病を撮影した写真はあまりにも有名ですが、小さい頃から写真家を目指していたわけではないそうです。少年の頃は飛行機を設計するのが夢で、空への憧れと飛ぶことの憧れが強かったとのこと。そんな飛行機マニア少年だったユージン・スミスが写真と出会うようになったきっかけは、小型機やグライダーなどのスピードレースの写真を手に入れるためにニュースカメラマンの後をついて回るようになったから。後をつ...

  •  0
  •  0

写真にニセのGPS情報(位置情報)を埋め込むことは非常に簡単!だまされないように!

多くの方が遠隔操作事件のGPS関連情報を求めて拙サイトへご訪問している状態なので、新しく記事を書き直しました。GPS位置情報というのは簡単に書き換えることは可能なのか?という疑問をお持ちでいらっしゃるかたが多いようですが、結論から申し上げれば非常に簡単に書き換えることが可能です。一例を上げるとiPhoneの「Geotag Editor」というアプリ。Nikonの画像サムネイルソフト「View NX2」というソフト。これらのソフトで非常...

  •  0
  •  0

われわれは印刷で見る写真に慣れてしまって原画を忘れてしまったのではないか---細江英公氏の言葉

デジタル全盛の時代になってから特にこの言葉はガツンと頭を殴られたような衝撃があります。あの森山大道氏の師匠でもあった細江英公氏の言葉だけに説得力が絶大。私も先輩から常に「写真展に行って本物のプリントを見てこい」と言われてきました。どんなに綺麗な印刷でも本物の印画紙とは違うものです。モニターで見た写真と展示会で見る写真が違うのは言わずもがなですね。やはり本物を見なくては!と意識させてくれる素晴らしい...

  •  0
  •  0