デジタル@備忘録


Archive2011年02月 1/1

これで自然のディフューザーを味方に出来る!!! 雲の厚さが分かる天気予報 yr.noの「Meteogram」

ノルウェー気象研究所とノルウェー放送協会が合同で作っていてる気象情報サービス「yr.no」が非常に便利だったりします。え?ノルウェー???と言われそうですが・・・。もちろん日本の天気を提供しているのでご紹介してます。それも日本各地の天気を提供しています。日本気象協会とは予報が違うのでどちらが当たるか!という楽しみもあります。この天気予報が他と圧倒的に違うのが雲の厚みを予測してくれるところ。上の写真はサ...

  •  0
  •  0

消しゴムの意外な使い方。 スピードライトとボディーの接点掃除に最適

スピードライトの接触が悪くなったときは皆さんどうされていますか?接点の掃除を行えば大抵は解決することが多いですよね。でも、接点の掃除ってどうやってます?カメラのメンテナンスで意外と役に立つのが「砂消しゴム」というやつ。特に接点を磨くのには研磨剤が入っているので最適です。砂消しゴムといっても、あまり大きいものは接点には向きません。ペン型になっている消しゴムは細い場所にも入り込むのでボディーのシュー部...

  •  0
  •  0

今話題の戦場カメラマン渡部陽一氏・宮嶋茂樹氏・高橋邦典氏がてい談!!! NHKディープピープル

2月19日の23時30分から30分間。NHKのディープピープルで3人の戦場カメラマン(渡部陽一氏・宮嶋茂樹氏・高橋邦典氏)がてい談しました。現場の第一線で撮影している方々ですので興味深く視聴させて頂きました。今話題の渡部陽一氏がどんな話をするのか?というのも単純に興味がありましたが・・・。宮嶋茂樹氏は多くの著書も出している有名な報道カメラマン。いやいやとても楽しい30分間でした。見逃した方もいらっし...

  •  1
  •  0

レイヤーを使って写真の周辺光量調整する方法 フォトショップの使い方講座(実践編)

最近フォトショップ関係のネタはどうしたの???という声がありまして・・・(~_~;)久々にphotoshopネタでございます。Photoshopを持っている方なら、CameraRAWの「効果」→「周辺光量補正」のスライダーを動かすだけで写真の四隅の周辺光量を上げたり下げたりすることが簡単に出来ます。これから紹介する方法は、そういったスライダーを動かして簡単に行う方法は無くて、レイヤーやレイヤーの描画モードを使いこなすための最初の一...

  •  2
  •  0

カメラ撮影用のポータブル赤道儀「TOAST-Pro 」現行品は『TP-2』

2019年現在はかなり改良され第3世代のポータブル赤道儀『TP-2』が発売されています。この記事は2011年にCP+で展示された初代の「TOAST-Pro 」です。業界に相当な衝撃を加えた素晴らしい逸品です。『TP-2』は現在85,000円(税込91,800円)で販売されています。--------天体撮影をするのに便利なポータブル赤道儀。今までもポータブルというものはあったものの、名前ほどはポータブルではなく運ぶのには難儀な大きさのものや、あまり...

  •  4
  •  0