デジタル@備忘録


Archive2008年12月 1/1

プロの必需品。ストロボの色温度を変化させるためのフィルター!作り方のご紹介

最近のストロボ(スピードライト)には、ホワイトバランスをとるために、ストロボ光の色(温度)変換用のフィルターが付属しているものがあります。たとえば、ニコンのSB-800やSB-900を購入すると「SJ-1」・「SJ-3」というカラーフィルターが付属してきます。(下の写真)このフィルターは、・蛍光灯用-2種類・電球用-2種類・青色・黄色・赤色・肌色の計8枚セットになっています。蛍光灯と電球用が2種類あるのは、蛍光灯や電球...

  •  4
  •  0

NikonのストロボSB-900は連続発光に比較的弱いです。過熱防止機能についてのお話。中古での購入アドバイス

中古でスピードライトSB-900を購入しようと考えている人は、連続発光をそれほど行わないかどうかよく考えてから購入した方が良いと思います。その理由はこれから書かせて頂きます。ニコンのストロボ(スピードライト)SB-900ですが、背面モニタを見ると、古いストロボを使用している人には見慣れないマークが付いています。   上の写真の赤丸印の場所に付いているのは、温度計です。 SB-900は内部の温度上昇...

  •  0
  •  0

Nikonのストロボ用外部電源「SD-9 パワーアシストパック」はチャージスピードが非常に早くなります

積層電池が無くなるということで、ニコンから新しく登場したパワーアシストパック、通称ストロボバッテリーですが、これが想像以上に大きかったです。中の電池が今までのSD-8と違い全部で8本入るようになっています。また、中に電池を入れると言うよりも、マガジンタイプになっていて、マガジンに電池をつめてからSD-9本体に入れると言う感じです。SD-8とSD-9を並べて撮影してみましたが、やはり一回り大きいですね。というか、長...

  •  0
  •  0

一眼レフカメラに位置情報を付ける!ニコンのGPSユニットGP-1の精度を試してみた

今までもエントリーでGP-1を取り上げておりましたが、本日はじめて実物を手に入れ使ってみました。使ってみた感想は色々あるのですが、とりあえずGP-1を使うとどのようなことが可能なのかをご紹介したいと思います。まずは、GP-1にコードを繋げて、本体とドッキングします。あとは電源を入れれば勝手に測位してくれます。そして、シャッターを押せば、撮影した写真データのEXIF情報にGPSデータが書き込まれるようになってお...

  •  2
  •  0