デジタル@備忘録


Category著作権/肖像権 1/1

フォト蔵のライセンス設定の意味は? クリエイティブ・コモンズ・ライセンスについて

昨日「クリエイティブ・コモンズ・ライセンスって何? Flickrの設定はどうすればいいのか。」という記事をアップしたのですが、Flickrだけでなくフォト蔵にもクリエイティブ・コモンズの設定があるとの話を聞きました。設定の方法がFlickrとは違うので昨日の記事ではフォト蔵を使っている方には説明不足になってしまったようです。ということで、今日はフォト蔵を使っている方のためにライセンス設定について書いてみようと思いま...

  •  0
  •  0

クリエイティブ・コモンズ・ライセンスって何? Flickrの設定はどうすればいいのか。

Flickrを使っている人なら最初は疑問に思う「クリエイティブ・コモンズ・ライセンス」について。そもそも「クリエイティブ・コモンズ・ライセンス」って何?「クリエイティブ・コモンズ・ライセンス」って非常に分かりやすく言うと「この条件を守れば私の作品を自由に使って良いですよ~~」という意思表示をするためのものです。Flickrを使っていると下のライセンス選択に迷ったことがあるはず。ここで選択するのは、どの「クリエ...

  •  0
  •  0

パブリシティー権を最高裁が認定 写真の扱いも変わってきますね。

カメラマンにとって肖像権や著作権、そしてパブリシティー権は悩ましいもの。私が今読んでいる本も『デジタル時代の著作権』(野口祐子著)というもの。この3つの権利に関してはカメラマンは常に気にしなくてはいけない事柄のひとつです。その一つ、パブリシティ権について最高裁が一定の権利を認める判決を出しました。本日の朝日新聞夕刊のトップニュースにもなっています。一般の方にはパブリシティー権といってもピンと来ない...

  •  0
  •  0

撮影した写真を売るのが流行っている?ストックフォトアフィリエイト。

No image

昨日、昼頃だったかNHKの番組を見ていたら、主婦が趣味で撮影した写真を売って、お小遣いを稼いでいるという内容が流れていました。グーグルで「写真を売る」とか「写真を買う」とか検索するとストックフォトサービスが現れます。そんなストックフォトサービスで主婦が大儲け!(大げさか・・・)趣味で写真をやっている方には特に気になる話かもしれませんね。私なりに理解しているストックフォトサービスを簡略にご紹介しようと...

  •  5
  •  0

やっぱりジャニーズは写真の無断使用に関しては強気姿勢

No image

本日の産経ニュース(Web)で「嵐」「KAT-TUN」が出版社提訴 写真やグループ名を無断使用という記事を見つけました。内容は、無断で写真を使用したことに対して出版社へ、計約1億7千万円の損害賠償と書籍の出版・販売禁止などを求めた訴訟を東京地裁に起こしていたとのこと。やはり、昔からジャニーズだけは写真に関して・・・色々と細かい、いやスイマセン。え~、非常にブリシティ権に関しては強気姿勢との話は業界で...

  •  0
  •  0

肖像権・プライバシー権についてストリートビューの問題を通してまとめておきました。

No image

2008年8月にグーグルがストリートビューを開始してから、様々な議論が行われてきていますが、先日総務省で、ある一定の結論が出されたことを受けて、写真撮影をするにあたっての肖像権問題ともからんでくることですから、今後のことを考えて内容を自分用にまとめておきました。総務省はストリートビューについて違法性は無いとの結論を出しましたが、一言で「合法」と言い切れないのが現状です。以下は総務省で出された資料を基に...

  •  1
  •  0

ストリートビューは合法との見解  そりゃ当たり前。 違法にされたらカメラマンは困ります。

No image

22日にストリートビューは合法との見解を総務省の作業部会が見解を出したそうです。削除依頼を出せば素直に削除されるわけですから違法とは言えないでしょうね。法務省の見解は、「ぼかし処理などが行われている限り、大部分はプライバシーや肖像権との関係で違法とならない」とのこと。一度いちゃもん付けられてグーグルは40cmほど高さを変えて取り直しをするそうですが、それもグーグルの自社判断です。法的に違法と言われて...

  •  2
  •  0

丹野章著 『撮る自由』 久しぶりに肖像権関係の書籍が出ましたね。  

2003年の個人情報保護法の成立以降から、なにか過剰反応ではないかと思うことも多々ある肖像権問題ですが、文化庁著作権審議会委員でもある写真家の丹野章氏が先月新しく本を出版されました。ちょうど、本日まで品川「キャノンギャラリーS」で写真展をされていました。・写真展「丹野章の戦後」話は戻りますが、丹野さんが出版された本は、タイトル 『撮る自由』内容は1 「見ていいものは撮ってもいい」か2 「撮影」はど...

  •  3
  •  0

顔写真が無断で広告に使われた実話 毎日新聞の記事です

No image

毎日新聞の「記者の目:顔写真が無断で広告に=熊谷豪(京都支局)」という記事を読んで驚きました。簡単に言ってしまえば、写真屋さんで撮影した顔写真を写真素材CDとして販売され、あらゆる媒体で勝手に使われてしまったという話。そんな被害が1件や2件ではないと・・・。問題になったのは02年に発売された写真素材CD「百人の顔」。撮影したカメラマンが使用目的を十分に説明せずに集めた一般市民の顔写真100枚を、広...

  •  2
  •  0