デジタル@備忘録


CategoryNikon D700レビュー 1/1

ピクチャーコントロール比較

今回はピクチャーコントロールの比較をしてみたいと思います。他のサイトでもピクチャーコントロールの比較画像はあるのですが、作例がどうもピクチャーコントロールの差が分かりにくく、どうせならば自分で実験してみるか。ということで、安易ながらも一応、花と、色使いの多いドリンクパックとカラーチャートを混ぜ込んで、即席の比較用被写体を作ってみました。カメラの設定は画像の下に明記しておきましたが、ISOは200です...

  •  0
  •  0

長時間露光-2

さて、前回の30秒での露光実験では、ISO200での撮影の場合は長時間露光独特のノイズは、表立って現れていませんでした。今回は、さらに露光時間を延ばしてみたいと思います。ISO感度は200に設定しました。まず、2分間の露光です。機種 : NIKON D700露出時間 : 124.70秒レンズF値 : F5.6ISO感度 : 200レンズの焦点距離 : 60.00(mm)コントラスト : 標準彩度 : 標準シャープネス : 標準昔のデジカメであれば、2分も露...

  •  4
  •  0

長時間露光-1

※以前UPしていた記事中の写真が撮影方法に誤りがあり、全面的に写真と内容を改定いたしました。申し訳ありませんでした。ご指摘頂いた白ひげ様ありがとうございました。(2008'8'1)リクエストがありました長時間露光に関してUP致します。まず、今回実験をした内容ですが、30秒の露光実験。 ISO200~ISO6400までの間の感度で行いました。結果は以下の通り。撮影情報ですが、機種 : NIKON D700露出時間 : 30.00...

  •  2
  •  0

D-ライティング比較

ニコンの誇る、現像技術に「D-ライティング」なるものがあります。非常に簡単に言ってしまえば、暗部をなるべく破綻させること無く持ち上げてくれる技術ですが、このD-ライティングが昨今のニコンのデジカメではデジカメ内部でも出来るようになっています。そもそも、最初はニコンの現像ソフトであるニコンキャプチャーに搭載された技術ですが、今はソフトのバージョンと名称が変わり、キャプチャーNXという現像ソフトになっ...

  •  0
  •  0

超高感度撮影 ISO6400 ノイズは?

今までのカメラではISO1600が限界であったのに対しD700は通常のISO感度設定では6400まで上げることが出来るようになっています。(更に上げることも可能)これはD3が出たときに大きな反響を呼んだ機能の一つです。それでいながら、驚くほどの低ノイズ。そして、その超高感度領域のノイズレスをそのまま引き継いだとされるD700ですが、念のため、D700のISO6400を試してみました。昨日に引き続き巨匠、岡本太郎氏の作品...

  •  0
  •  0

マルチパターン測光

マルチパターン測光とレンジ幅についてですが、下に一枚画像をUPしておきます。機種 : NIKON D700露出時間 : 1/640秒レンズF値 : F20.0露出制御モード : シャッター速度優先AEISO感度 : 1600レンズの焦点距離 : 65.00(mm)撮影モード : オートホワイトバランスモード : オートレンズの焦点距離(35mm) : 97(mm)ISO設定 : 1600青山にある、岡本太郎作のオブジェですが、空を入れてオートで撮影してみました。ISO感度は高めの1600...

  •  0
  •  0

イメージセンサークリーニング

No image

本日発売のデジタル一眼レフカメラ、ニコン「D700」を数日間試用させて頂きます。その上で気になったことなどを、超個人的なレビューとして何点か書きたいと思います。まずは、イメージセンサークリーニングについて、まず、このD700がD3より優れている点と言えば、イメージセンサークリーニングが付いたこと。早速、試してみました。しかし、D300のように「キーン」という超音波がまったく聞こえない・・・。D300は...

  •  0
  •  0