デジタル@備忘録


Category時計関係 1/1

アポロ宇宙船の時計としても使われ月面にも設置された凄い時計 ブローバ・アキュトロン(スペースウオッチ)

昨日のニュースで星出飛行士がロシアのソユーズ宇宙船で国際宇宙ステーションへ打ち上げられたとの報道がありました。時計好きの私としては、宇宙=NASA=オメガこういう流れに頭の回路が動きます(笑)宇宙での使用を想定した耐久性テストを突破したNASA公認のオメガ・スピードマスターはあまりに特別な存在なのですが、オメガのスピードマスター以外にもアポロ計画で有名になった時計メーカーを御存知ですか?宇宙飛行士用の腕時...

  •  0
  •  0

中国がトゥールビヨンの時計を作れることなんて今更ながらの話。メイド・イン・チャイナの時計は本当に凄いですよ。

中国時計好きの私としてはスルーできない記事が・・・。一昨日、サーチナ・トピックスで「中国製の最高級偽時計、スイス時計産業の脅威に」という記事が上がっていました。リンクは以下。中国製の最高級偽時計、スイス時計産業の脅威に 2012/07/09(月) 10:25:56 [サーチナ]スイス時計協会FHは先日、高度な機械構造を持つ偽造高級腕時計を初めて押収した。こうした偽造腕時計がスイスの時計産業に与える打撃は大きく、スイス時計...

  •  1
  •  0

一見の価値あり。ジャガー・ルクルトの3Dトゥールビヨンって知ってますか?「Jaeger-LeCoultre Gyrotourbillon」

超久々に時計ネタを書いてみます。先日、伝説の懐中時計「マリーアントワネット」がテレビで話題になったようです。ブレゲ社で複製されたマリーアントワネットを銀座に見に行ったことなどをアップしていたのですが、そのエントリーに対してのアクセスがある程度ありました。以前アップしたのは・ブレゲの超複雑時計「マリーアントワネット」のレプリカを見てきました。・伝説の時計! マリーアントワネットが16日~31日 東京...

  •  0
  •  0

新藤さんの「月例展@白ヒゲ」へ応募

新藤さんの月例展がブログへ移行されてからは、初参加です(^^♪忙しいという言い訳で先月まで参加出来ておりませんでしたが、今月からは皆勤賞を目指して!頑張ります。今月のお題は「腕時計」今回撮影した腕時計は、初めて購入した手巻き式の時計です。EPOSというメーカーの時計ですが、比較的新しいメーカーな為か比較的優秀なムーブメントをしようしている割に、格安です。今回、月例応募した写真は下 ↓ ...

  •  0
  •  0

ブレゲの超複雑時計「マリーアントワネット」のレプリカを見てきました。

仕事の関係で近くを通ったので銀座のニコラス・G・ハイエックセンターに行って来ました(^^♪もちろんお目当ては「No.160」マリーアントワネットのレプリカ「No.1160」行ってみると、大々的な宣伝看板を見つけました!今回の展示のタイトルは、『マリー・アントワネットへのオマージュ』展「現在に息づく天才ブレゲの遺産」~マリー・アントワネットとブレゲ、そしてプチ・トリアノン~とのことのようですね。展示は14Fで行われて...

  •  2
  •  0

伝説の時計! マリーアントワネットが16日~31日 東京・銀座のニコラス・G・ハイエックセンターで一般公開

伝説の時計!幻の時計!世界最高峰の時計!超複雑時計 マリーアントワネット「ブレゲNo.160」 2007年11月11日、発見されたマリー・アントワネット(Marie Antoinette)の懐中時計。 (c)AFP/MENAHEM KAHANA   どんな言葉を使っても言い表せないほどのスゴイ時計のレプリカが日本に来ています。  レプリカだからといって、侮ってはいけません。  本物の超複雑時計「マリーアントワネット」...

  •  0
  •  0

熱膨張による誤差 時計のゼンマイについて

明日以降はグアムの写真や韓国でのことを書こうと思っているのですが・・・。今日も時計ネタです(笑)熱膨張があることにより、時計に誤差が出ることは昨日のブログでも書きましたが、基本的に時計に誤差が生まれる原因として以下の3点が挙げられるそうです。1、熱膨張2、姿勢差3、ゼンマイのトルク変動姿勢差に関しては、時計業界では知らない人はいない「アブラアン・ルイ・ブレゲ」により、トゥールビヨンという機構が開発さ...

  •  0
  •  0

機械式時計 熱膨張による誤差

さて、平置きの状態で、ほぼ誤差ゼロに調整された時計ですが、この時計を腕に付けると、誤差ゼロのはずの時計が遅れ気味になります。(姿勢差は考えないものとする) また、暖房の無い部屋で冬に誤差ゼロに調整しても、夏には遅れることになります。 もう、お分かりだとは思いますが、いくら誤差をゼロに調整したところで、ムーブメントのゼンマイなどが気温差や体温により収縮するために進んだり、遅れたりするのです。 試しに、...

  •  0
  •  0

誤差の無い時計 日差ゼロは可能か?

連日、時計ネタで申し訳ありませんが、少しだけお付き合いください(笑) 現在、機械式時計は数本所有しておりますが、中でも一番のお気に入りが、なんとも中国製ムーブメントを使用したケンテックス社のジョルジョ・ロッシという時計。 ネットなどでは1万円を下回る破格値で売られている時計です(^_^.) スイス製の時計も持っているのですが、スウォッチなどを除けば、スイス製ムーブメントの10分の1以下の値段で買えてしまう中...

  •  5
  •  0

びぶ朗を使ってみました。

「びぶ朗」と言っても、ほとんどの方はご存知無いと思います。あ、はじめに断っておきますが、カメラネタでは無く時計ネタでございます。最近、機械式時計を修理に出しまして、ちょっとした調整であれば、自分でも出来ないものかなぁと思っていたのですが、これが結構難しいんですね。時計の進み具合や、遅れ具合を調整するのには、タイムグラファーという器械を使いながらの調整が必要になるのですが、この器械は安くても10万円...

  •  0
  •  1