デジタル@備忘録


TagPhotoshopCS5 1/1

PhotoshopCS5の「コンテンツに応じて塗りつぶし」が苦手な対象にはパッチツールなどを併用するのが最適。Content-Aware

今回テストに使用した画像は下の写真。ベルト部分に重なっている裏蓋を開けるオープナーを消してみようと思います。拡大するとこんな感じです。前回の写真と違うのは、ただ単に周りに溶け込ませるだけでは処理出来ないということ。特にベルトの両端にある縫い糸の部分。こういった、ある一定の流れがあるものは処理が難しいハズですが、コンテンツに応じて塗りつぶしをするとどうなるのか。楽しみです。まず、オープナーの柄の部分...

  •  3
  •  0

Photoshop CS5のHDRはゴーストの除去が強化されたそうです。

CS5の話題続きになってしまっていますがご了承を。フォトショップではHDR作業が今でも出来ますが、CS5でのHDRはゴースト除去(複数枚を重ねたときに出るブレの除去)が強化されたとのこと。CS5を開くと以下のような画面。そして、写真を選んでHDR合成を選択すると、このような画面になるようです。ここまでは大きい変化はあまり見られないのですが、細かい部分を見ると変化が・・・。下の写真の赤の矢印は私が追加したものですが、...

  •  0
  •  0

驚きの新機能はスポット修復ブラシツールの「コンテンツに応じる」だ。 Adobe Photoshop CS5

今まで、多くの驚きの新機能がユーチューブなどにUPされ、Photoshop CS5の発表後も、まだまだ話題騒然の新機能が目白押しの状態ですが・・・。多くの方が一番驚いたのは、不要物の除去機能ではないでしょうか?今まであれば、丁寧な根気の要る作業が一瞬にして完了!つまり、こんな処理が一瞬で・・・。今まで、苦労して処理していたことが簡単になるのは良いのですが、誰でも出来るようになって困ることも・・・(笑)この新機能は...

  •  2
  •  0

自由に曲げたり伸ばしたり!「Puppet Warp」  Photoshop CS5の新機能

驚いたなぁ~。こんな機能まであるなんて。「Puppet Warp」なる機能。日本語訳がどうなるのか楽しみですが(~_~;)人形変形!ってな感じかな(笑)追記※日本語訳はされていなくて、「パペットワープ」と表示されていました。つまり、こんな形の人形が・・・。こんな風になっちゃった!!!すご~い。詳しくは、...

  •  0
  •  0