デジタル@備忘録


Tagラジオスレーブ 1/1

YONGNUOから過去のラジオスレーブと互換性のある後継機RF-605Cが登場 16chで6Group仕様

安価な使い勝手の良いラジオスレーブとして海外で人気の高いYONGNUOのRF603IIの後継機としてRF-605Cというのが登場したそうです。 Lighting Rumoursで紹介されています。今までYONGNUOは新製品を作るたびに周波数が違って過去のモデルとの互換性が無いという信じられない作りでしたが、今回登場した新ラジオスレーブRF-605Cは過去のRF602そしてRF603、RF603Ⅱとの互換性があり、なおかつ16chで6Group化という進化を遂げています。 ...

  •  0
  •  0

本当に合法?それとも違法? ラジオスレーブで技適取得してても300mも飛ぶのはナゼか

先日購入した、Cactus(カクタス) ワイヤレスフラッシュトランシーバーV6に関するエントリーをいくつか書く中で、Cactus V6は300メートルも電波が届くのに違法じゃないの???という質問を頂きました。【驚きの電波到達距離! CactusワイヤレスフラッシュトランシーバーV6の実力がハンパじゃなかった! 】私も電波法に詳しいわけでは無いのですが、既に発売されている技適取得しているラジオスレーブを調べることで答えが得られたので書き残して...

  •  0
  •  0

驚きの電波到達距離! CactusワイヤレスフラッシュトランシーバーV6の実力がハンパじゃなかった! 

Cactus(カクタス) ワイヤレスフラッシュトランシーバーV6の通信飛距離をテストしてみました。少しだけCactus V6の説明を。この手の製品はワイヤレスラジオスレーブなどと呼ばれたりしていますが、ワイヤレスフラッシュトランシーバーと呼ばれる今回紹介するCactus V6もラジオスレーブと同じく2.4GHz帯の電波を使ったトランシーバー的なレリーズです。遠くに離れていてもカメラのシャッターを切ることやストロボを光らせることが可...

  •  0
  •  0

Cactus V6のファームウェアを最新版にアップする更新方法  

1万円以内でありながら16チャンネル、4グループの出力調整を持った 2.4GHz帯の電波を利用したワイヤレスフラッシュトランシーバーCactus(カクタス)。1つでは意味が無いので最低2個からの使用が前提になります。CactusワイヤレスフラッシュトランシーバーV6は技適マークが貼られているということで結構盛り上がっていますね。とりあえず今日も時間があるときにテストしてみました。少し使ってみると???となる部分が・・...

  •  0
  •  0