デジタル@備忘録


Tagプロファイル 1/1

フラットヘッドスキャナーのカラープロファイル作成方法 i1版(EPSON GT-X980)

エプソンのフラットヘッドスキャナーが壊れて同じくエプソンのGT-X980というフラットヘッドスキャナーが手元に届きました。 反射原稿であればプリンターと一緒になった一体型で十分ですし、フィルムの場合はフィルムスキャナーやNikon D850のフィルムデジタイズアダプターなどを使ってデータ化した方が綺麗に仕上がります。なのでGT-X980の出番は4×5サイズのポジフィルムやネガフィルムぐらいしか・・・。 とは言...

  •  0
  •  0

Cactus V6のファームウェアを最新版にアップする更新方法  

1万円以内でありながら16チャンネル、4グループの出力調整を持った 2.4GHz帯の電波を利用したワイヤレスフラッシュトランシーバーCactus(カクタス)。1つでは意味が無いので最低2個からの使用が前提になります。CactusワイヤレスフラッシュトランシーバーV6は技適マークが貼られているということで結構盛り上がっていますね。とりあえず今日も時間があるときにテストしてみました。少し使ってみると???となる部分が・・...

  •  0
  •  0

IPTC情報をカメラに設定するのは当たり前!? プロカメラマンは最低限著作権情報は入れないと!と思った話。

IPTC情報とはたまたまIPTCについての研究サイトを見つけたのでIPTCについて書いてみようと思います。私が使っているのはガラパゴス化しているNSKなんですが、基本的にはIPTCもNSKも似たようなものですから^_^;(※2019年現在の私はNSKは使用せずに別のフォーマットを使用しています)まず、IPTCについて???と思っている方はスルーして構いません。元々IPTCという言葉を知っている程度の方でないと理解し難い内容だと思うので・・...

  •  0
  •  0

フリーの画像ノイズ除去ソフトなら「Neat Image」のデモ版! 正規日本語版マニュアルも

写真の無料ノイズ除去ソフトはNeat Imageが便利写真のノイズ除去ソフトとして定評があり多くのフォトグラファーに使われている「Neat Image」という素晴らしいソフトがあります。プロカメラマンならば一度は使ったことがあると思います。2019年現在においてもPhotoshopのノイズ除去を凌ぐ性能となっています。このソフトは画像のノイズ除去をほぼ自動で行なってくれる優れもの。通常版は40ドルでプロ版は70ドルほどしますが、...

  •  2
  •  0

adobeRGB領域の対応モニター(CG243W)で困った現象

No image

今更ながらの内容なんですが、ふと思ったのでメモ的に・・・。個人的にはOSはWinのXPでCG241Wのモニタを使っていて、仕事ではCG243Wを私はメインにして使っているのですが、両方ともに一応adobeRGB領域を一応カバーできるモニタになってるんですね。で、モニタのキャリブレーションをするときにナナオが出している「ColorNavigator」というソフトを使うわけですが・・・。設定項目に・色再現域・輝度・白色点・黒レベル・ガンマ...

  •  8
  •  0

デザイナー様へのお願い。出る色でデザインしてくださいm(__)m

映画の広告業界って、広告の歴史が長いし色を大切にしてるから、さすがはプロなんだなぁ~と実感した出来事。今にはじまった事では無いんですが、ディズニーとか映画業界の広告って色使いがうまいなぁ~と。新聞の印刷になった時に感じます。というのも、原稿が入稿された時のデータが新聞印刷で出る色の範囲内でしっかりと勝負して来てくれてるんです。書き文字などのイラストも同じなんですが、色使いのうまいデザイナーさんと、...

  •  13
  •  0

ズームツールと手のひらツール

非常に便利でありながら、意外と?使われていない小ネタです。知っている人には当たり前すぎることだとは思いますが(~_~;)今回は、「ズームツール」と「手のひらツール」です。ズームツールは通常、画像の画面上でクリックするか、画像の一部分を選択してその部分を拡大するときに使いますよね?これです。オリンパスのコンデジで撮影したもので、葉っぱがパープルフリンジでマゼンタになっていますが(~_~;)気にしないでくださいね...

  •  5
  •  0

トーンジャンプの修復!ノイズを乗せて描画をカラーにする裏技

この記事を最初に書いたのは2007年。もう10数年前のテクニックになりますが2019年現在でも使える生きたテクニックです。カメラが良くなりトーンジャンプが発生しにくくなっているので、こうしたTipsが必要なケースは減ってきているかも知れませんね。ただノイズを乗せることによって見た目のトーンジャンプを埋めることは今でも可能です。結果としての効果は画像ごとに違いはあるでしょうから実際トーンジャンプを修復してみたい画...

  •  0
  •  0

画像補正 第1回 レベル補正 基本1

暗い画像を簡単に明るくする画像1上の画像がフォトショップのレベル補正画面。この画面を出すには「イメージ→色調補正→レベル補正」上の画像1の黒い山は左右の端まであるが、画像2のレベル補正画面(画像3)などは露出アンダーのため黒い山が端まで無いことがわかる。画像2この画像のレベル補正画面は下(画像?)のようになる。画像3画像1の山と比べて画像3は右側に山が無いことがわかる。この黒い山は画像の持っているデータを表し...

  •  0
  •  0

無料で使えるノイズ除去ソフト 「Neat Image」 こいつは優秀だ!

この記事は相当古いんですが2019年現在でも最新の「Neat Image」を使用すれば通用する素晴らしいソフトです。記事内容に使われている画像はD100と古いですがソフトは毎年バージョンアップしているのでご安心を。この記事は2019年にリライトしております。ソフトの詳しい使い方に関しては下の別記事も参考にしてみて下さい。フリーの画像ノイズ除去ソフトなら「Neat Image」のデモ版が圧倒的にオススメ写真のノイズ除去ソフトとして...

  •  1
  •  0