デジタル@備忘録


Tagバウンス 1/1

色かぶり補正はPhotoshopやアプリに頼らず撮影時に対処するのが鉄則!電球や蛍光灯下での撮影手法を公開

色かぶりは補正するのではなく色かぶりの原因を見極めるこの記事は基本は検索でたどり着いた方がほとんどです。長い記事ですが最後まで読めば必ず色かぶりの原因が分かりますし対処できるようになります最初に書いておきますが色かぶりの補正は最後の手段です。色かぶりしないために撮影時に対処しておくことが全てです。そのために必要なのがナゼ色かぶりが発生するのか。それが理解できれば対処方法が見えてきます。この記事では...

  •  2
  •  0

バウンス出来ないストロボの場合はストロボの前にハンカチなどを被せると少し光が柔らかくなりますよ

No image

カメラ雑誌を見て、バウンス撮影を覚えたものの実は自分の持っているストロボはヘッドが動かずバウンス出来ない!そんな人も居ると思います。昔の私がそうでした。そんな時はあきらめずに、バウンスとはちょっと違う方法でストロボの光を柔らかくしてあげましょう。ストロボの光る部分に、白いハンカチやティッシュなどをフワリと被せてみる方法がお手軽でオススメです。ピッチリかぶせるのでは無くて、フワリと少し余計な空間が出...

  •  0
  •  0

ストロボのディフューザー効果を可視化してデジタルカメラでの撮影方法を解説

ストロボ撮影に慣れてくると、やってみたくなるのがディフューズです。ストロボの直接の光を拡散させて光を柔らかくする目的が主で使われる技法ですね。ストロボ光が直接あたっている状態は光がだと、光の質が硬くなります。そして後ろの影はシャープに出ます。その光の質を柔らかくするのがディフューズ。一番分かりやすい例えは「雲」です。快晴の状態での影はハッキリしていますが、雲がある日の影はボヤけた感じになるか、影が...

  •  2
  •  0

ストロボのバウンス撮影による光の違い

ストロボ/フラッシュの使い方で難しいのがバウンスでの撮影です。初心者の方はバウンス???とハテナマークかも知れませんね。バウンス撮影とはストボの光を何かにバウンドさせて被写体に当てることを言います。そのバウンドさせる対象物は天井だったり壁面だったりとバウンド出来るものであれば何でもOKです。言葉で説明しても分かりにくいでしょうから、今回も写真で解説しようと思います。下はストロボを被写体に対して直接/ス...

  •  0
  •  0

クリップオンストロボの使い方【照射角と反射板とワイドパネルの効果の違い】

クリップオンストロボの使い方スピードライトでバウンス撮影される方は多いかと思います。バウンスさせたほうが光が回りやすいですし、直接当てるよりも柔らかい光になりますよね。でも、本当にストロボを使いこなせていますか?ちょっとしたコツでストロボ名人?になれますよ。たまには手法を変えて問答形式で・・・(~_~;) ところでバ...

  •  3
  •  0

ストロボの色温度を変化させるためのフィルター(自作です)

最近のストロボ(スピードライト)には、ホワイトバランスをとるために、ストロボ光の色(温度)変換用のフィルターが付属しているものがあります。たとえば、ニコンのSB-800やSB-900を購入すると「SJ-1」・「SJ-3」というカラーフィルターが付属してきます。(下の写真)このフィルターは、・蛍光灯用-2種類・電球用-2種類・青色・黄色・赤色・肌色の計8枚セットになっています。蛍光灯と電球用が2種類あるのは、蛍光灯や電球...

  •  3
  •  0