デジタル@備忘録


Tagスピードライト 1/4

ニコンのデジカメについているFnファンクションボタンやPvプレビューボタン(カスタムボタン)機能の割り当てについて

ニコンのデジタルカメラD5/D500/D7000番台などについているFn(ファンクションボタン)やPv(プレビューボタン)ですが、カメラを使い始めた方はなどは取扱説明書にも細かい部分まで説明がなされておらず使っていない方が多いようです。 ちょっと必要性があって割当機能に関して一覧を作成する機会がありましたので、ここで共有させてもらいます。 D500をメインに作成したのですが、D5でもD7200でもほとんど似たような感...

  •  0
  •  0

連続発光テストで驚きの結果が!爆速チャージスピードのNikonスピードライトSB-5000

Nikonの最新型スピードライトSB-5000の最大の特徴と言って良いクーリングシステムについて個人的なテストが終わりましたのでレポートしてみようと思います。先日、「Nikonスピードライト SB-5000を使用したレビュー 他のストロボと比較したメリット・デメリット」というエントリーもUPしましたので、まだお読みでない方はあわせてどうぞ。NikonスピードライトSB-900の発売以来ニコンユーザーにとってはストロボの過熱防止機能に悩...

  •  0
  •  0

Nikonスピードライト SB-5000を使用したレビュー 他のストロボと比較したメリット・デメリット      

ニコンから最新型のフラッグシップ機のD5が発売されたと同時期にスピードライトも新機種が発売になりました。 SB-5000です。D5のレビューは比較的見かけるのですがSB-5000に関してはあまり無いようですので簡単にですが使ってみた感想を書いてみようと思います。 大きさの比較として以下の機種を並べています。 ・SB-5000・・・クーリングシステム機能が付いた最新型 ・SB-910・・・SB-900の改良版 SB-5000が出るまではフラッグ...

  •  0
  •  0

色かぶり補正はPhotoshopやアプリに頼らず撮影時に対処するのが鉄則!電球や蛍光灯下での撮影手法を公開

色かぶりは補正するのではなく色かぶりの原因を見極めるこの記事は基本は検索でたどり着いた方がほとんどです。長い記事ですが最後まで読めば必ず色かぶりの原因が分かりますし対処できるようになります最初に書いておきますが色かぶりの補正は最後の手段です。色かぶりしないために撮影時に対処しておくことが全てです。そのために必要なのがナゼ色かぶりが発生するのか。それが理解できれば対処方法が見えてきます。この記事では...

  •  2
  •  0

Cactus V6のファームウェアを最新版にアップする更新方法  

1万円以内でありながら16チャンネル、4グループの出力調整を持った 2.4GHz帯の電波を利用したワイヤレスフラッシュトランシーバーCactus(カクタス)。1つでは意味が無いので最低2個からの使用が前提になります。CactusワイヤレスフラッシュトランシーバーV6は技適マークが貼られているということで結構盛り上がっていますね。とりあえず今日も時間があるときにテストしてみました。少し使ってみると???となる部分が・・...

  •  0
  •  0

日本の電波法に違反しないスピードライトのワイヤレス同調システム

No image

今までも日本の電波法に適している日本電波法技術適合品のワイヤレスシステムはあったんですが、結構高い割に安い中国製の製品よりも使い勝手が悪いという難点がありましたが、今回の製品は救世主となるのでしょうか?気になる一品。クリップオンストロボ用の2.4GHz帯ワイヤレス発光システム - デジカメ Watchイメージビジョンは、クリップオンストロボ用のワイヤレスライティングトランシーバー「Cactus V6」を9月18日に発売する...

  •  0
  •  0

5分で出来る! スピードライト用の即席自作ハニカムグリッド(ダンボール製)

ハニカムグリッドを仕事で使っている方は多いと思いますが、趣味でグリッドを使っている人ってごく少数だと思います。買うと結構な値段がしますからね~。グリッドやスヌートは光を拡散させず光に指向性を持たせることが可能になるアイテムです。一度は使ってみたいなぁ~なんて思っているアマチュアの方もいらっしゃる???そんな方はダンボールで作る即席ハニカムグリッドはどうでしょうか?たまたま見ていた海外のサイトで作っ...

  •  0
  •  0

iPhone 5sのTrue Toneフラッシュが非常に気になる

iPhone 5sが発表されて、カメラ関係機能に関してだけ重点的に読んだのですが、一番気になる機能がストロボの新機能。ストロボとは言ってもLEDライトなんですけどね。ただLEDライトも段々と明るいものも出てきていますし、昇圧させつつ抵抗を加えて瞬間的にLEDに流す電流を増やしてやると驚くほど瞬間的に明るくすることが可能になってきているようです。10月からの新しいフォームウェアのアップデートでキヤノンのデジタルシネマ...

  •  0
  •  0

デジタルカメラでの実践的なホワイトバランスの取り方

ホワイトバランスの本当の正しい取り方は、様々な先生方が書いた数多くの書籍に載っていると思いますので、非常識かも知れないけれど、実用的な反則技?を書いて見ます。これは私の自己流なので、同じようにやって、色が出ない!とかのクレームはおやめ下さい(~_~;)あくまでも、私の非常事態の自己流であることを明記しておきます。ホワイトバランスの正しい取り方マニュアルではありませんのでお気をつけ下さい。一応、簡単に正し...

  •  5
  •  0

ストロボのガイドナンバーとは? 光の届く距離が変化します。

ストロボ・フラッシュのガイドナンバーとは何なのか今回はストロボのガイドナンバーについて書いていこうと思います。ガイドナンバーとは「GN」とも表記されます。フラッシュ(ストロボ)の発光量を表すものとしてガイドナンバーが使われます。ガイドナンバーの数値が大きければ大きいほど光が強くなります。なのでガイドナンバーが大きいほど、絞りを絞ることが可能だったり低ISO感度の撮影が可能になったり、より遠くの被写体を...

  •  0
  •  0