デジタル@備忘録


Category写真関係全般 1/4

料理撮影テクニック10 湯気の撮影は濡れ綿球!アイスクリームはマッシュドポテトで!

petapixelでフード撮影撮影のテクニック10選の動画が紹介されていたのでご紹介します。動画は下に貼り付けております。動画で紹介されていた10個のテクニックはこちら↓#10 水に浸した綿球を電子レンジで加熱することで比較的長い間蒸気を作ることが出来る・湯気を撮影で使いたい時には色々テクニックがありますが、濡れた綿球を電子レンジで温めて湯気を作る方法は知りませんでした。一度試してみる価値はあるかな?#9 アイ...

  •  0
  •  0

Google Lensアプリによる写真の不要物除去技術に期待!MITとの共同開発技術を応用?

先日行われたGoogle I/Oデベロッパー・カンファレンスのキーノートで発表されたGoogle Lensという新しいテクノロジーが非常に話題になっていますね。この技術を使ったGoogle Lensアプリを使うことによって何が出来るのか?たとえば、・Google Lensアプリを使ってカメラを「花」に向けると花の名前を教えてくれる・カメラをお店に向けるとお店の看板を読み取ってお店の情報を表示してくれる・コンサートのポスターにカメラを向ける...

  •  0
  •  0

人工知能を使った次世代画像補完技術はレベルが違いすぎる!これ凄いです。

人工知能というか正確に言えば更に発展したディープラーニングを使った画像補完技術が予想を上回るレベルになっています。画像レタッチ?いやレタッチでも画像補正でもなく無から有を作り出す補完技術技術です。畳み込みニューラルネットワークという技術を使っているようで、知り合いのプログラマーに畳み込みニューラルネットワークとはなんぞや?と聞いてみたのですが、聞いてもよく分かりませんでした^^;とにかくディープラー...

  •  2
  •  0

ライティング大全とも言える100種類以上の照明機材比較資料が無料公開

撮影で使用する大型照明器具がポートレート撮影の際にどのような光の変化をもたらすかを非常によく分かる資料を公開したとしてドイツの写真家マイケル・クァック氏が注目されています。マイケル・クァック氏はドイツのHensel製のライティング機材を使って111種類のライティング比較を作成し公開してくれています。グリッドの違いやスヌート、アンブレラからバンクも含めてあらゆるライティング方法で女性を照らし照明の当て方も...

  •  0
  •  0

え?暗室を新たに建設した大学があるらしい。デジタル時代だからこそ生徒には大人気!

No image

日本の大学では無いのですが、オーストラリアのビクトリア州のメルボルン近郊の都市のジーロングにあるディーキン大学のウォーターフロント・キャンパスに今年新しく暗室が建設されたそうです。デジタル化がここまで進んでフィルムは廃れるばかり。フィルムの値段は上がり現像代を考えるとフィルム世代の方々もデジタルにほぼ移行したというのに、暗室を新建設とは!暗室建設にも携わり暗室作業の講師も行っているダニエル・アーム...

  •  0
  •  0

利用規約を読んでからアマゾンのプライムフォトを使うことを強くオススメします。

アマゾンが素晴らしいサービスを日本でも展開したことが話題になりました。アマゾンプライム会員向けの新サービス「プライムフォト」です。写真データを容量無制限でリサイズや圧縮すること無くクラウドに置くことが出来るサービスで、RAWデータもアップロード出来るという点で非常に話題になっています。amazonとしてはプロ写真家も視野に入れたサービスとの話もあるぐらい本気の写真バックアップサービス。既にGoogleフォトから...

  •  0
  •  0

Googleフォトは「データが圧縮され劣化して使えない」 は本当か? 実際に比較した結果が凄かった。

Googleフォト使ってますか?もう既に発表からだいぶ経過していますからアプリをダウンロードしてiPhoneなどのスマートフォン上の写真を全てGoogleフォトへアップロード済みなんて人もいるかと思います。容量無制限の無料フォトストレージとして発表されたGoogleフォトですが、使い勝手の良さや無料サービスの強みを活かして多いに市場を賑わせていますね。恐らくこのブログを見ている方々はGoogleフォトの基本的なことに関しては既...

  •  0
  •  0

自撮り棒の危険性をユーモラスに伝えるYouTube動画がメチャクチャ笑える

ピザハットが自撮り棒(セルフスティック)の危険性をユーモラスなコメディー動画として配信しているのですが、これがメチャクチャ面白い。それもそのはず、この動画を制作したのはYouTubeでの共有拡散を目的に動画を作る専門会社。俗にいうシェアエブルコンテンツというやつです。(紹介している写真は動画からキャプチャーしてます。)バズフィードなどを中心に、バズるという言葉が日本でも定着してきましたが、Twitterなどで拡散...

  •  0
  •  0

日本語版スタート!amazonが容量無制限のフォトストレージを驚愕の年間11.99ドルで開始 

ついにアマゾンで格安容量無制限ストレージが開始されました!以前からamazonはストレージサービスを展開していましたがプライム会員向けだったり容量に制限があったりと使い勝手に難がありそれほど話題にはなっていませんでした。しか~し、今回発表されたサービスはプライム会員でなくても使用可能な容量無制限サービス。それもかなりの激安です。Amazon Cloud Drivehttps://www.amazon.com/clouddrive/home上のキャプチャー画面...

  •  0
  •  0

不動産の写真の撮り方!写真を変えれば絶対に売れるという実例!

8ヶ月間売れなかった家。フォトグラファーが写真を変えたら"たった8日"で売れた!?アメリカのフロリダ州オーランドの建築関係専門のフォトグラファー"Harry Lim"氏が非常に興味深い記事を書いています。8ヶ月間まったく売れなかった家を彼が撮影したら、たった8日で不動産が売れてしまったとのこと。もともと掲載されていた写真と彼が撮影した写真は何が違ったのでしょうか?そこに不動産売買の肝があるかも知れません。彼の...

  •  0
  •  0