人工知能を使った次世代画像補完技術はレベルが違いすぎる!これ凄いです。

人工知能というか正確に言えば更に発展したディープラーニングを使った画像補完技術が予想を上回るレベルになっています。
画像レタッチ?いやレタッチでも画像補正でもなく無から有を作り出す補完技術技術です。
畳み込みニューラルネットワークという技術を使っているようで、知り合いのプログラマーに畳み込みニューラルネットワークとはなんぞや?と聞いてみたのですが、聞いてもよく分かりませんでした^^;

とにかくディープラーニングの世界では囲碁や将棋だけでなく画像に関しての技術も凄いことになっています。

早稲田大学の飯塚里志助教の研究チームが開発した画像補完技術「Globally and Locally Consistent Image Completion」をご紹介します。


以下のキャプチャー画像を御覧ください。
元画像の中心部分を削除してデータ入力。画像は削除された部分を見事に補完して出力されています。
もちろん予測の補完データですので元画像と同じになる訳ではないのですが、違和感を感じさせない出力データになっています。




以下の数年前の補完技術と比べると一目瞭然です。
下の画像の左上が一部分を削除した入力画像。
2009年、2012年、2014年、2016年時点での画像補完ソフトでは違和感のある出力画像になっていることがわかります。
対して右下の新技術による出力画像は今までの技術とはまったくレベルが違うことが良くわかります。


一見簡単そうに見える木の欠如部分でも現状の技術はレベル差を感じます。
橋の欠如部分の補完に関しては圧倒的なレベル差です。



飯塚里志さんがTwitter上で動画をアップしてくれていますので、そちらを見ると更に凄さが分かります。




動画を見ると分かりますが、この技術を使うと人の顔まで予測反映させることが可能。
飯塚さんが非常に面白い実験をしてくれています。以下のTwitterです。





写真関係全般 | 2017.05.17 [EDIT]

ビックカメラが「Adobe Creative Cloud 5周年記念キャンペーン!」最大40%OFFなど

Macお宝鑑定団 blogで知ったのですがPhotoshop CCなどのクリエイティブクラウド商品の割引キャンペーンを行っているようです。私はフォトグラフィープランと古いIllustratorで満足しているので買う気はないですが^^;

海外で撮影する時には十分気をつけて!という実際の経験を元にしたコラムも面白かったです。ケニアでスマフォで写真撮影したら大変になった話。結構怖いですね~。オリンピックで水中にカメラを仕掛けていたらマシンガンを突きつけられたというスポーツカメラマンのあいだでは有名な話もありますが、これは一般的な場所でも充分に気をつけて!という話しです。

あと、GoogleフォトやAmazonフォトなどクラウドに写真をUPしておくことが日常化してきていますが、まだクラウドにアップしていない人にクラウドに写真をUPするとこんな便利な機能もありますよという記事もありましたので貼り付けておきました。

実際私もGoogleフォトにスマートフォンで撮影した写真は全てUPしていますが写真を探すのには本当に助かります。Googleの写真解析アルゴリズムの恩恵を日常的に受けています。Googleフォトありがたいですね~。


Snapchat、写真を「フォトショップ」するマジック消しゴムを公開 | TechCrunch Japan

ビックカメラ、12ヶ月版のAdobe Creative Cloud、Illustrator CC、Photoshop CCを最大約40%オフで販売する「Adobe Creative Cloud 5周年記念キャンペーン!」を実施 | プロモーション | Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)

【注意喚起コラム】ケニアの高級ショッピングモールで写真を撮ってはいけない / 下手したら銃殺される

思い出写真をカンタンに掘り出せる! "写真クラウド"3選

"詐欺写真"を見分けるアプリ「Truepic」 開発元が175万ドル調達

Apple、iPhoneの少し高度な撮影テクニック動画4本を追加公開!

パノラマ写真をInstagramに投稿する方法。トリミングせず全体を綺麗に見せる - エキサイトニュース





10月1日から施行!モデルの写真をレタッチしたら絶対に明記しなくちゃいけない法律

何度か紹介した話ですが、ついに今年の10月1日から法律が施行されるとのフランスの官報がUPされましたので改めてご紹介してみます。

海外通信メディア等でも流れているので既にご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、フランスで出版やネット上での公開またはポスターやカタログなどで使用する写真において、その写真をレタッチ(画像修正)を行った場合はその旨明記しなければならない法律が10月1日から施行されます。

以前ブログで紹介した時には法律の内容だけでいつから施工されるのか明確では無かったのですが今月5日のフランスの官報にて10月1日からとの話が出ています。


2017年10月1日以降はモデルに施されたレタッチは書籍・雑誌等に明記しなくてはならないわけです。違反したら罰金取るよ!という罰則規定がついたものになります。強制力がありますね。


Photoshopなどのレタッチソフトが普及し一般化する中で、多くの写真はレタッチされたものです。しかしそれによって若者の健康被害等に繋がる可能性があるとして、この法律が作られたようです。

日本でもうわさ話程度で一部で話題になっていたのですが実際にそんなものが本当に法案になっているのか調べる必要があると思ったので詳細について調べてみました。

フランスの国民議会では若者の健康に関する話題が活発なようで今回の法律もその一環。

フランス語は出来ないのですが、国民議会の法律検索から今回話題になっているレタッチ明記の法律を見つけました。これがその文章です。
フランス語の翻訳は専門の方にお願いしました。



Code de la santé publique - Article L2133-2

上のキャプチャー画像はフランスの議会ページの法文の一部です。

以前、この法律案が提出された際にAFPでも記事を配信していたのですが、内容に関してはその時の記事概要が残っていたので抜粋してご紹介します。

法律を提出したのは国会議員50人。いわゆる議員立法というやつですね。

広告やファッション写真などに使われているデジタル加工した人物写真には " Photographie retouchée "と明記することを義務付ける法案です。つまりこの写真はレタッチしてありますと明記するということ。

これに違反した場合は3万7500ユーロ(約500万円)の罰金が課されます。


法律の翻訳は以下になります。

Article L2133-2
Créé par LOI n°2016-41 du 26 janvier 2016 - art. 19
Les photographies à usage commercial de mannequins, définis à l'article L. 7123-2 du code du travail, dont l'apparence corporelle a été modifiée par un logiciel de traitement d'image afin d'affiner ou d'épaissir la silhouette du mannequin doivent être accompagnées de la mention : " Photographie retouchée ".
モデル(労働法7123-2条の定義に従う)を商業利用する写真家は、実際より痩せて見えるように画像修正ソフトでモデルの外見をレタッチした場合、「レタッチ写真」と明記しなければならない。

Les modalités d'application et de contrôle permettant la mise en œuvre du premier alinéa du présent article sont déterminées par décret en Conseil d'Etat, pris après consultation de l'autorité de régulation professionnelle de la publicité et de l'Institut national de prévention et d'éducation pour la santé.
前項の施行に関する細則は、関連機関(広告規制機関、保健衛生教育機関)の助言に基づき国務院が発する政令において定める。

Le présent article entre en vigueur à la date de publication du décret mentionné au deuxième alinéa, et au plus tard le 1er janvier 2017.
本規定は、2017年1月1日、あるいは前条に定める政令(施行細則)が2017年1月1日より早く定められた場合はその制定日に発効する。

Le non-respect du présent article est puni de 37 500 € d'amende, le montant de cette amende pouvant être porté à 30 % des dépenses consacrées à la publicité.
本規定に違反した場合、広告費用の30%を上限とし、最高37,500ユーロの罰金が科される。




基本的には2017年10月1日から施行されるということですので現時点では " Photographie retouchée "と明記されたグラビア雑誌などは無いのでは?と思います。

そもそも、この法律が提出された理由はレタッチした写真は、実際にはあり得ないスタイルだったりする場合が多いのにそれが現実のものであるかのように錯覚させてしまうことが良くないというもの。「法案の目的は、ゆがめられた真実を正し、国民の健康を向上させるとともに消費者を保護することにある」というだそうです。

拒食症などがフランスで問題視されていることなどが背景にあるのだと思います。
最近の調査ではフランスで最高4万人が拒食症を患っていると推定されていて、うち10人に9人は女性や少女だといいます。(うち90%は12~20歳)

今回話題にしたレタッチ明記の法案と同時に痩せすぎモデルの雇用を禁止する法律も制定されています。この法律はフランス国内で働くモデルは政府が定めたBMIや健康状態をクリアしたことを証明した健康証明書を提示しなければならないことになっています。この基準に満たさないモデルを起用した会社は6カ月の禁固刑及び7万5000ユーロ(約990万円)の罰金が科せられる可能性があるとのことでレタッチ明記を違反したときよりも罰金が高いですね。それだけフランスでは拒食症が深刻なのでしょう。


レタッチといえば最近では日本でも芸能人である藤原紀香さんのレタッチ失敗写真が話題になりました。



リコーTHETAのコンテストイベント2本! 警察も360度カメラをオリンピックに向け導入か?

RICOH THETA関連のコンテストイベントが2本同時開催中です。ひとつは日本の風景をTHETAで撮影するもの。もう一つがInstagramでのカラフルな動画や静止画を募集しています。
商品がTHETAオリジナルグッツということで、ちょっと微妙^^;

360度の全天周カメラは最近非常に増えてきましたが警察でもドローンに続いて新兵器を投入予定とのこと。オリンピックを控えテロ対策用として科学警察研究所(科警研)が360度撮影できる防犯カメラを開発中だと読売新聞が伝えています。あの科警研が作る360度カメラとなると非常に性能が気になりますね~。オリンピック前の大きなイベントでは実機が見られるかもしれませんね。

また産経新聞では日本企業による平成28年のデジタルカメラの出荷台数は輸出を含めて2418万台となり、5年前から約8割減というニュースを出しています。
5年前と比べると8割減というのは結構衝撃ですね。スマートフォンとの違いを出しづらいコンパクトカメラの減少が著しいとのこと。私もコンデジよりもTHETAやスマホのカメラの出番が圧倒的に多いですね。


RICOH THETAで撮る360°で残したい日本の風景コンテスト

インスタグラムコンテスト第5回"Life in color 360"開催のお知らせ

ロモグラフィー Neptune Convertible Art Lens System がKickstarterに登場 デジカメライフ

ロモグラフィーが、Neptune Convertible Art Lens System / ネプチューン コンバーチブル アートレンズシステム 投入にあたりKickstarterプロジェクトを開始しました。



RAW vs. JPEG: An Ultimate Guide

360度同時撮影カメラ、テロ防止へ開発進む

美人すぎる23歳のドローンカメラウーマン「重い機材が少ないので女性も活躍できる」

スマホ台頭でカメラ業界の苦境続く リストラも

ゴールデンウィークは迎賓館でスパークリングワインや軽食が楽しめライトアップも実施

今年のゴールデンウィークは迎賓館にキッチンカーが出入りしてお酒も迎賓館の前庭で楽しめちゃうらしいです。
今日のニュースでも取り上げていましたね。

かつては迎賓館の公開といったら往復はがきで申し込んで抽選で当たったら入れるというものでしたが、最近では当日に行っても入れるように変わってきました。

そして今回のGWでは試験的にお酒の提供をしているとのこと。迎賓館の庭でお酒を飲みながらくつろげるなんて凄いですね~。
メチャクチャ優雅な気持ちになりそうです。


今年のゴールデンウィークは仕事の関係で足を伸ばせないのですが、以前迎賓館の前庭に行った時には手入れの行き届いた庭を楽しみましたが今回のゴールデンウィークに行く人達はその環境下でお酒をのんびり飲めるなんて羨ましい・・・。



上の写真は迎賓館の内門です。一番外側の門を入ってから次にある門ですね。
人気がある日は下のように行列になっています。
今日テレビで何度も取り上げられていたので明日はもしかしたら混んでる???

GW(4月28日から5月7日)特別企画について : 迎賓館赤坂離宮の一般公開について : 迎賓館 - 内閣府

4月28日から5月7日の夜間公開について。 前庭にキッチンカー4台が出店し、10時から19時頃までカフェ、スパークリングワイン、軽食などをご提供します。 公開時間を20時まで延長する夜間公開を行います 毎日18時45分から本館のライトアップを行います。






ただこの状況でも10分ほどで中に入れました。

中に入るときには一応、形式程度の金属探知機チェックが行われます。
一応、ちゃんと警備してるよ。と分かってもらう程度かと思います。

赤阪離宮(迎賓館)は1909年に建設された、国内唯一のネオ・バロック様式の建築物だとのこと。

1974年から迎賓館として使われるようになったそうです。




あと、他に気になったカメラ関係ネタは以下に貼っておきます。

テイク、スタジオ/ロケ向けの広域色温度LEDライト 2,700〜6,500Kを50K単位で調整 DMXにも対応

「フラッシュ撮影のせいでマグロが死んだ」誤情報拡散 美ら海水族館は「フラッシュ影響しない」

10 different ways to light yourself and the moods they create - DIY Photography

Japanese cherry blossoms bloom in this beautiful drone-shot timelapse - DIY Photography

3 Ways to Find Your Stolen Photos on the Web



ニコンのカメラとレンズが1000円で借りられるお試しサービスが開始。D810もレンタル可能

一般ユーザーでもニコンのサービスセンターでカメラやレンズを6日から1000円で借りられるようになります!
これはユーザーを大切にしているニコンらしいサービスの開始ですね。
プロ登録してNPS会員になるとレンズを貸してもらえたりしますが、今回のサービスはプロではないアマチュアでもレンタル出来るという新しいサービスです。

◆利用日当日の各ニコンプラザ営業開始時間から当日の17:00までレンタルが1000円で可能に!
開始日は2017年5月6日(土)からです。


このサービスが受けられるのは3つのショールーム。
・ニコンプラザ新宿ショールーム
・ニコンプラザ名古屋ショールーム
・ニコンプラザ大阪ショールーム

サービス利用後3ヶ月以内にニコンのデジタル一眼もしくはレンズを購入した場合はレンタル料金の1000円がキャッシュバックされるそうです。
ちなみに当日にレンタル品を返却しなかった場合には1日ごとに3000円の延滞料が発生します。

先日エントリーで比較した
・AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR
・AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR
この2本のレンズもレンタル可能ですから撮り比べてみるのも良いかも。
詳しくは以下の公式サイトへ

その他気になるコンテンツをご紹介しておきます。


ニコンのカメラ&レンズ 1000円で借りられるお試しサービス | ニコンイメージング

修理の受け付けを行うカメラ&レンズお試しサービスの電話番号や営業時間をお伝えします。



ニコン公式Instagram「nikonjp」

ニコンイメージングジャパン公式Instagram「nikonjp」では、ニコンのカメラとレンズ(NIKKORレンズ)で撮影された作品を紹介していきます。カメラや写真の好きな方はどなたでも歓迎です。ぜひフォローください。撮影した作品を通して、一瞬を共有できる楽しみ、作品を生み出していく感動をお届けします!また、紹介する作品はみなさまから募集中ですので、ぜひ投稿ください。



アクションカメラで感動を売る。GoProのしたたかな販売戦略 - まぐまぐニュース!

プロカメラマンの出張撮影サービスが人気

プロカメラマンの出張撮影サービスが人気を集めている。スマートフォンで自分の写真を撮る「自撮り」が増える中、カメラマンに好きな場所に来てもらって撮影する「出張撮影サービス」が人気となっている。自撮りやスタジオでの撮影に加え、家族や友人との自然な姿を思い出の1枚として残すのもいい。



電車内で他人の写真を撮ってネットにアップ、これって罪にあたりますか? - シェアしたくなる法律相談所

Serious speed: Sony a9 real world samples gallery



AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRを純正レンズの80-400と200-400と比較レビュー

昨年ニコンから発売された200-500 F5.6レンズが非常に優秀だという話を聞き、80-400や200-400といった似たレンズと比較してみました。
あくまで個人的な簡易テストですので1つの参考情報として捉えて頂ければと思います。


撮影に使用したカメラはNikon D5。
比較した焦点距離は全て400mmで統一しています。
200-500レンズも最大値の500mmではなく他のレンズと比べるために400mmにて撮影しています。

比較したレンズ3本
・AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR 希望小売価格:18万9000円
・AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR 希望小売価格:34万5600円
・AF-S VR Zoom-Nikkor 200-400mm f/4G IF-ED 希望小売価格:105万8400円


結論から言ってしまえば、よくこの価格でこれだけ解像力のあるレンズを作れたなぁという感想。
もちろん桁が違う価格の200-400よりも良いわけでありません。
ただF11まで絞れば驚くほど良い描写をします。

反対に5.6の開放で撮影するのはもったいないレンズですね。F11まで絞った時に一気にレンズの良さが出るような感じです。F5.6とF8では急激な変化はないもののF11まで絞った瞬間に一気に描写が良くなります。これは驚きでした。
基本的にF11まで絞れば描写は他のレンズでも周辺部含め上がるものですが、その描写の上がり度が200-500は他の2本のレンズと比べて大きいように思います。


80-400はF11まで絞ってもここまで解像力は高くなりません。F5.6で撮影した際には80-400の方が良い描写をしますが絞った時に200-500まで描写が上がりませんので日中の晴れた日に撮影できるのであればF11まで絞って200-500で勝負したいなぁと感じました。

それではテスト画像をご覧ください。

架線が集中的に見える場所をテスト画像として使用しました。
200-500 5-6



以下のキャプチャー画像は上の画像をPhotoshopで100%表示したものの比較になります。
クリックで拡大します。


s001_20170426164717021.jpg

以下のキャプチャー画像は上の画像をPhotoshopで100%表示したものの比較になります。
クリックで拡大します。


拡大して注目してもらいたいのが縦に引かれている架線部分。
非常に細かくてレンズのテストには最適です。上から80-400、200-500、200-400になっています。


比べると200-400の描写が格段に良いことが分かります。これは開放値も違いますしレンズの作りも違い価格も桁が違いますので納得できます。

ただ驚くことにF11まで絞った時に200-500の描写が一気に変化します。
以下の画像がF11まで絞った時の3本のレンズ比較になります。
クリックで拡大します。
s002_201704261647183c9.jpg


そしてこちらが拡大部。
同じく上から80-400、200-500、200-400になっています。
説明はいらないぐらい描写が変化しているのは200-500レンズです。


細かく見ていくと200-400のF4レンズのほうがもちろん良いのですが、価格帯の全く違う安価なレンズが100万円以上のレンズにここまで迫る描写をするのは驚きですね。


次に別の画像でテストしてみます。



前ページ | ホームへ | 次ページ