ゴールデンウィークは迎賓館でスパークリングワインや軽食が楽しめライトアップも実施

今年のゴールデンウィークは迎賓館にキッチンカーが出入りしてお酒も迎賓館の前庭で楽しめちゃうらしいです。
今日のニュースでも取り上げていましたね。

かつては迎賓館の公開といったら往復はがきで申し込んで抽選で当たったら入れるというものでしたが、最近では当日に行っても入れるように変わってきました。

そして今回のGWでは試験的にお酒の提供をしているとのこと。迎賓館の庭でお酒を飲みながらくつろげるなんて凄いですね~。
メチャクチャ優雅な気持ちになりそうです。


今年のゴールデンウィークは仕事の関係で足を伸ばせないのですが、以前迎賓館の前庭に行った時には手入れの行き届いた庭を楽しみましたが今回のゴールデンウィークに行く人達はその環境下でお酒をのんびり飲めるなんて羨ましい・・・。



上の写真は迎賓館の内門です。一番外側の門を入ってから次にある門ですね。
人気がある日は下のように行列になっています。
今日テレビで何度も取り上げられていたので明日はもしかしたら混んでる???

GW(4月28日から5月7日)特別企画について : 迎賓館赤坂離宮の一般公開について : 迎賓館 - 内閣府

4月28日から5月7日の夜間公開について。 前庭にキッチンカー4台が出店し、10時から19時頃までカフェ、スパークリングワイン、軽食などをご提供します。 公開時間を20時まで延長する夜間公開を行います 毎日18時45分から本館のライトアップを行います。






ただこの状況でも10分ほどで中に入れました。

中に入るときには一応、形式程度の金属探知機チェックが行われます。
一応、ちゃんと警備してるよ。と分かってもらう程度かと思います。

赤阪離宮(迎賓館)は1909年に建設された、国内唯一のネオ・バロック様式の建築物だとのこと。

1974年から迎賓館として使われるようになったそうです。




あと、他に気になったカメラ関係ネタは以下に貼っておきます。

テイク、スタジオ/ロケ向けの広域色温度LEDライト 2,700〜6,500Kを50K単位で調整 DMXにも対応

「フラッシュ撮影のせいでマグロが死んだ」誤情報拡散 美ら海水族館は「フラッシュ影響しない」

10 different ways to light yourself and the moods they create - DIY Photography

Japanese cherry blossoms bloom in this beautiful drone-shot timelapse - DIY Photography

3 Ways to Find Your Stolen Photos on the Web



ニコンのカメラとレンズが1000円で借りられるお試しサービスが開始。D810もレンタル可能

一般ユーザーでもニコンのサービスセンターでカメラやレンズを6日から1000円で借りられるようになります!
これはユーザーを大切にしているニコンらしいサービスの開始ですね。
プロ登録してNPS会員になるとレンズを貸してもらえたりしますが、今回のサービスはプロではないアマチュアでもレンタル出来るという新しいサービスです。

◆利用日当日の各ニコンプラザ営業開始時間から当日の17:00までレンタルが1000円で可能に!
開始日は2017年5月6日(土)からです。


このサービスが受けられるのは3つのショールーム。
・ニコンプラザ新宿ショールーム
・ニコンプラザ名古屋ショールーム
・ニコンプラザ大阪ショールーム

サービス利用後3ヶ月以内にニコンのデジタル一眼もしくはレンズを購入した場合はレンタル料金の1000円がキャッシュバックされるそうです。
ちなみに当日にレンタル品を返却しなかった場合には1日ごとに3000円の延滞料が発生します。

先日エントリーで比較した
・AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR
・AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR
この2本のレンズもレンタル可能ですから撮り比べてみるのも良いかも。
詳しくは以下の公式サイトへ

その他気になるコンテンツをご紹介しておきます。


ニコンのカメラ&レンズ 1000円で借りられるお試しサービス | ニコンイメージング

修理の受け付けを行うカメラ&レンズお試しサービスの電話番号や営業時間をお伝えします。



ニコン公式Instagram「nikonjp」

ニコンイメージングジャパン公式Instagram「nikonjp」では、ニコンのカメラとレンズ(NIKKORレンズ)で撮影された作品を紹介していきます。カメラや写真の好きな方はどなたでも歓迎です。ぜひフォローください。撮影した作品を通して、一瞬を共有できる楽しみ、作品を生み出していく感動をお届けします!また、紹介する作品はみなさまから募集中ですので、ぜひ投稿ください。



アクションカメラで感動を売る。GoProのしたたかな販売戦略 - まぐまぐニュース!

プロカメラマンの出張撮影サービスが人気

プロカメラマンの出張撮影サービスが人気を集めている。スマートフォンで自分の写真を撮る「自撮り」が増える中、カメラマンに好きな場所に来てもらって撮影する「出張撮影サービス」が人気となっている。自撮りやスタジオでの撮影に加え、家族や友人との自然な姿を思い出の1枚として残すのもいい。



電車内で他人の写真を撮ってネットにアップ、これって罪にあたりますか? - シェアしたくなる法律相談所

Serious speed: Sony a9 real world samples gallery



AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRを純正レンズの80-400と200-400と比較レビュー

昨年ニコンから発売された200-500 F5.6レンズが非常に優秀だという話を聞き、80-400や200-400といった似たレンズと比較してみました。
あくまで個人的な簡易テストですので1つの参考情報として捉えて頂ければと思います。


撮影に使用したカメラはNikon D5。
比較した焦点距離は全て400mmで統一しています。
200-500レンズも最大値の500mmではなく他のレンズと比べるために400mmにて撮影しています。

比較したレンズ3本
・AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR 希望小売価格:18万9000円
・AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR 希望小売価格:34万5600円
・AF-S VR Zoom-Nikkor 200-400mm f/4G IF-ED 希望小売価格:105万8400円


結論から言ってしまえば、よくこの価格でこれだけ解像力のあるレンズを作れたなぁという感想。
もちろん桁が違う価格の200-400よりも良いわけでありません。
ただF11まで絞れば驚くほど良い描写をします。

反対に5.6の開放で撮影するのはもったいないレンズですね。F11まで絞った時に一気にレンズの良さが出るような感じです。F5.6とF8では急激な変化はないもののF11まで絞った瞬間に一気に描写が良くなります。これは驚きでした。
基本的にF11まで絞れば描写は他のレンズでも周辺部含め上がるものですが、その描写の上がり度が200-500は他の2本のレンズと比べて大きいように思います。


80-400はF11まで絞ってもここまで解像力は高くなりません。F5.6で撮影した際には80-400の方が良い描写をしますが絞った時に200-500まで描写が上がりませんので日中の晴れた日に撮影できるのであればF11まで絞って200-500で勝負したいなぁと感じました。

それではテスト画像をご覧ください。

架線が集中的に見える場所をテスト画像として使用しました。
200-500 5-6



以下のキャプチャー画像は上の画像をPhotoshopで100%表示したものの比較になります。
クリックで拡大します。


s001_20170426164717021.jpg

以下のキャプチャー画像は上の画像をPhotoshopで100%表示したものの比較になります。
クリックで拡大します。


拡大して注目してもらいたいのが縦に引かれている架線部分。
非常に細かくてレンズのテストには最適です。上から80-400、200-500、200-400になっています。


比べると200-400の描写が格段に良いことが分かります。これは開放値も違いますしレンズの作りも違い価格も桁が違いますので納得できます。

ただ驚くことにF11まで絞った時に200-500の描写が一気に変化します。
以下の画像がF11まで絞った時の3本のレンズ比較になります。
クリックで拡大します。
s002_201704261647183c9.jpg


そしてこちらが拡大部。
同じく上から80-400、200-500、200-400になっています。
説明はいらないぐらい描写が変化しているのは200-500レンズです。


細かく見ていくと200-400のF4レンズのほうがもちろん良いのですが、価格帯の全く違う安価なレンズが100万円以上のレンズにここまで迫る描写をするのは驚きですね。


次に別の画像でテストしてみます。



Amazonで撮影テクニック本がセール!360度カメラも続々登場

ここのところ非常にいい天気でカメラを持って出歩くにはいい季節になりました。桜は散ってしまっても、これから続々と色々な花が咲き乱れますからねー。

写真の腕を上げるにはもってこいの季節に合わせてAmazonが写真テクニック本をセール販売しています。キンドル版ですが555円に! この機会に何か購入してみようかなぁ。

デジタルカメラマガジンは定期購読してるんですが、あれもキンドル版なら他の雑誌も読める定額制度あるんですよねー。雑誌の定期購読やめてキンドル版の定額購入してみようかなぁとも考えてます。

さて、今日の気になった情報ですが今回も360度撮影カメラの話題がいくつかありました。この時期に重なるのは何かあるのかな? NASAも打ち上げの瞬間を360度動画で配信していたりと以前よりも認知度が上がっているようにも見えますね。

ただ観光地などに行ってもthetaのような全天周カメラを持っている方はあまり見かけません。本格的にはこれからか。

余談ですがNikonの200-500のズームレンズを借りて使ってみましたが思っていたより良いですね。絞れる日中屋外ならば80-400よりも使えそう。屋内なら80-400に軍配?という感じでした。まだ少ししか使ってないですけど。フォーカススピードに若干弱さがあるようにも見えますがスポーツやら野鳥をメインにしてない私にとっては十分な感じ。時間があれば80-400や200-400との比較レビュー書いてみます。


フェイスブック「360度カメラ全員配布」で見えたVRへの本気

8K画質に対応した360°カメラ「Insta360 Pro」、プロ仕様カメラとしては破格で販売開始

いざ、西表島へ。ナショナルジオグラフィックの世界観が体験できるツアー | ROOMIE(ルーミー)

Amazon.co.jp: 【全品555円】GWに使える「撮影テクニック本」キャンペーン(4/27まで): Kindleストア

制作陣を「プラネットアース」の続編へと駆り立てたのは、カメラと撮影技術の著しい進化だった|WIRED.jp

魚群撮影などにも有益な海中ドローンのPowerRay | TechCrunch Japan





今年中にRICOH THETAの4K対応新機種が発売予定/GoProからも360度カメラFusion発表

カメラ業界はソニーのα9の登場で非常に盛り上がっていますが、地味にうれしいニュースがRICOH THETAの新機種が今年中に発売されるというもの。

シータは静止画に関しては評判が非常に良いのですが動画の解像度が低すぎて動画撮影には向かないカメラとして烙印を押されてしまった感がありましたが、今度は4K対応の新型ということもあって希望が持てますね。
デザインに関しては現在のモデルとは若干変わるかもしれませんね。


時を同じくしてGoProからも360度カメラの開発が発表されました。まだ開発していることの発表ですから具体的な発売日は未定ですが今年の初には発売予定とのこと。こちらも非常に気になります。
GoProは5.2K画質のようですからシータよりも解像度は高いですね。静止画画質が気になります。

そしてフェイスブックからも360度カメラが発表。なんだか今日は360度カメラ祭り?
ソニーのα9に隠れてしまったこれらの発表ですが、注目していきたいですね。

α9はプレスリリースをリンクしておきました。
予想価格は50万円。これだけの機能があった50万円はキヤノンにとってもニコンにとっても脅威となりそうです。



4K動画対応の360°カメラ「RICOH THETA」シリーズ最新モデルを開発 ~世界最大の放送機器展「NAB SHOW 2017」に参考出品~|RICOH IMAGING

GoPro が5.2K 360度カメラ Fusion の開発を発表「RELIVE REALITY 」 | YOUのデジタルマニアックス

Facebookが新型360度カメラを発表、6自由度の撮影が可能に | TechCrunch Japan

「光を捉え続ける」システムにより新次元の高速性能を実現 フルサイズミラーレス一眼カメラ 『α9』

キヤノン:キヤノンフォトコンテスト

カメラ好きがつくる 世界とつながるフォトシェアリングサイト EVERYBODY×PHOTOGRAPHER.comの一般公開スタート!

シュッピン株式会社のプレスリリース(2017年4月20日 16時)。価値ある商品を扱うシュッピン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:小野 尚彦、東証一部:証券コード3179)は、ユーザーが撮影した写真を位置情報と紐づけて投稿するフォトシェアリングサイト「EVERYBODY×PHOTOGRAPHER.com」を、2017年4月20日に一般公開を開始します。



アナログ感覚のカメラが続々登場! ネガフィルムやインスタントフィルムなどの人気が再来

アナログ的なカメラが人気ですね~。
1つはFUJIFILMが出した新型チェキ。ハイブリッドインスタントカメラ「instax SQUARE SQ10」です。ハイブリッドとの名前通りインスタントフィルムで写真をカメラからプリントすることも可能だしデジタル保存も可能。まさにハイブリッド仕様です。
チェキの強みである「その場」でのプリントをデジタルデータを加工することによって自分好みにレタッチすることが可能とのこと。


デジタルだけどインスタントフィルムということでアナログ。


そしてアナログと言えばロモフラフィーから新しく発表された Simple Use Film Camera (レンズ付フィルム)も斬新というか何というか。


その昔流行った写ルンですの再来?
フィルム愛好者に人気と言われている Lomography Color Negative ISO 400(カラーネガフィルム)が装填してあるレンズ付きカメラです。


この Lomography Color Negative ISO 400(カラーネガ)が昔ながらのレトロ感が出るということで一部で大人気だそうです。ロモグラフィーがフィルムから作っているわけでなく、一部の噂ではKodak KodaColor VR 400 Plusと同じだとか。それをベースにしているとか言われています。


いずれにせよ、デジタルカメラがかなり進んで解像度競争などが一段落した今では、今度は原点回帰というか、低解像度で低画質のカメラに人気が集まるというのは面白いですね。


私は昔からピンホールカメラが好きで今でもたま~に撮影したりしますが、デジタルでは感じられない感動を得られます。


なのでロモのカメラやチェキ、そして擬似的なアナログ写真を作り出すInstagramのフィルターに多くの人が興味を持つ気持ちは良くわかります。
デジタルカメラしか使ったことがない世代の方には是非フィルムカメラやインスタントフィルムを一度経験してみたらいかがでしょうか?


"チェキ"史上初!多彩な画像の編集・加工機能を搭載 ハイブリッドインスタントカメラ「instax SQUARE SQ10(インスタックス スクエア エスキューテン)」新発売 : ニュースリリース | 富士フイルム

Lomography - 【新登場!】 ロモグラフィーの Simple Use Film Camera (レンズ付フィルム)

国内外の火山を撮影 写真家・宮武健仁さんにインタビュー

フェイスブック、カメラ機能拡充、「拡張現実」手軽に、スナップチャットに対抗





「日本一の星空」 阿智村からRICOH THETAで撮影した画像/Googleフォトに動画手ブレ補正など

先日先行予約していた「DRONE STAR」が本日届きました。
思っていた通り非常に小さく操縦が結構難しいですが練習機としては最適かも。この話は別エントリーで書こうと思います。

本日気になった1本目はパイロットが操縦室から撮影した数々の写真。凄いですね~。パイロットはこんな風景を日々見ているのかと思うと羨ましい。日本の航空会社の場合はパイロットが機内から撮影するのは規定としてはOKなのかな?


個人的におっ!と思ったのは産経新聞が産経フォトで公開したパノラマ画像。いつもは一眼レフで撮影しステッチしたものが公開されていますが今回のパノラマ画像はRICOHのTHETA  Sで撮影した星空。
THETA Sでは長時間露光で低ISO感度にしておけば星空もそれほどノイズが出ずに撮影が可能ですが、その機能をあの有名な長野県の阿智村で行ってくれました。
阿智村でTHETAを使うなんてRICOHにとっては良い宣伝になりますね。これってRICOHとの提携記事なのかな~。


写真関係アプリで見つけたのがGoogleフォトの新機能。まだAndroid端末だけですが動画のスタビライザー機能が付いたようです。
撮影した動画の手ぶれ補正を後からソフトで行ってくれる機能です。

撮影アプリとしては手ぶれ補正が可能なアプリはいくつもありますがクラウド上にUPした画像に対してブレ補正をかけられるのは便利ですよね。

動画の手ぶれ補正ではMicrosoft Pixを個人的には多用しています。撮影した動画をハイパーラプス化出来るのですが、スピードを×1にしておけばハイパーラプスにはならずに通常スピード動画でブレ補正がかかります。若干コントラストが変化しますが手ブレ補正機能は優秀ですので補正したい場合には多用していますがGoogleフォトにも同様の機能が付いたら性能によっては乗り換えるかも。まだiOS版が出ていないので楽しみに待ちたいと思います。





【写真で見る】操縦室から――パイロットが目にする光景 - BBCニュース

Googleフォトに動画の手ぶれ補正(スタビライズ)機能が追加

カメラ:等倍マクロもスナップも両方得意! 標準レンズとしても優秀なLEDライト内蔵マクロレンズが登場(GetNavi web) - 毎日新聞

「日本一の星空」 長野県阿智村【360°パノラマ】 撮影機材:リコー THETA S

南信州の豊かな自然に囲まれた村に、宝石をちりばめたような星が降り注ぐ。長野県の南に位置する阿智村で、「星空」を観光資源にした村おこしが奏功、観光客が増加している...



条件守れば展示品撮影OK 高知県立美術館と高知城博物館





前ページ | ホームへ | 次ページ