ハリケーンとか台風の中に飛び込める飛行機が撮影したハリケーン内部動画

日本も海外も地震や水害が多くなっていることは多くのニュースで目にします。
台風21号の被害が落ち着かいない中で北海道での大きな地震。多くの犠牲者が出たことに胸が本当に痛みます。人だけでなく停電によって乳を絞れなくなった乳牛が被害にあっているという話も聞きます。 乳を搾らないと最悪死んでしまう牛もいるんです。

地震でも台風でも停電はありえるはなし。
電気無しでは考えられない世の中ですからね。こう度々災害があると更に災害備蓄をしっかりしておかないと、と考えてしまいます。

話を戻しますが、アメリカではハリケーンに突入し内部を撮影し観測データを集める「ハリケーンハンター」という観測飛行機があるそうです。
今回話題になっているハリケーン「Florence」 の内部も米海洋大気局のハリケーンハンターが撮影していました。
無人機はではないので非常に危険な任務かと思いますが、一般人には目にすることのない凄い世界です。やはりハリケーンや台風の中心部は晴れて?いるんだなぁと。

使っている機体は米空軍のプロペラ機WC130Jというものだそうです。
少しでも自然災害が減るようにと、まさに命がけで仕事をして下さっている方々に感謝です。  自然災害に対する科学的解析によって少しでも被害が減ればと思わずにはいられません。





Photoshopでチャンネルを使用してマスクを作って画像補正(レタッチ)することのメリット

写真のレタッチで大幅な改変?というか合成や切り抜きではない画像の色補正や明るさ補正をする場合ってマスクをどうやって作成していますか?

ベジェ曲線を上手く引ける方はペンツールを使ってマスクを作る方もいるでしょうし、自動選択範囲ツールなどを使って作る方もいますよね。
なんと行っても一番は「なげなわツール」だという方もいらっしゃるかと思います。

いずれにせよ、画像の調整を行う際にはどれだけ綺麗なマスクを作ることができるか。これがキモだと思います。
なげなわツールやペンツールなどを使ってマスクを作るのは多少の手間が必要です。それに選択範囲とそれ以外の境界線が処理によっては目立ってしまうこともあります。選択後にボカシを入れることでグラデーションにすることは可能ですが、そのグラデーションが反対に悪さをしてしまうケースもあります。

比較的なめらかに短時間でマスクが作れるものとしては「色域指定」があります。これは非常に便利で短時間にある程度使えるマスクを作ることが可能です。
ただ作成したマスクをみるとグラデーション部分が結構キツイんですよね。そのまま使用すると境界線が目立つ場合が多いです。仕方ないのでボカシを入れて使用するわけですが、これはこれで完全ではありません。

ということで、グラデーションが綺麗であり短時間で作れるマスクはチャンネルなんじゃないかと個人的には思うんですね。

チャンネルってウィンドウのチャンネルにあるレッドチャンネル、グリーンチャンネル、ブルーチャンネルのアレです。クイックマスクが収納されるチャンネルといった方がピンと来る方も多いかな。
チャンネルをCtrl(Command)を押しながら左クリックするとチャンネルの輝度を選択できます。それをマスクとして使用します。

ただ単に輝度を選択して使うだけだと用途が限られてしまうのですが、使い方によっては高彩度部分だけのマスクを作ったり、有彩色部分のマスクや無彩色部分のマスク、ハイライトとアンダー部分をマスクして中間調のみを違和感なく選択するマスクなんてのも作れます。もちろん赤系統や緑系統、青系統の部分を境界線が目立たないように選択するマスクも作れます。

画像処理を短時間で終わらせるために試行錯誤にてチャンネルマスクを作って使用しているのですが、多くの写真はアクションに収納したこれらのマスクで、ほぼ事足ります。

マスク切るのが面倒だなという方は、ぜひチャンネルマスクにチャレンジしてみて下さい。
時間があるときに、このブログでもその一部をご紹介できればなぁと思っています。



フラットヘッドスキャナーのカラープロファイル作成方法 i1版(EPSON GT-X980)

エプソンのフラットヘッドスキャナーが壊れて同じくエプソンのGT-X980というフラットヘッドスキャナーが手元に届きました。
ph_visual

反射原稿であればプリンターと一緒になった一体型で十分ですし、フィルムの場合はフィルムスキャナーやNikon D850のフィルムデジタイズアダプターなどを使ってデータ化した方が綺麗に仕上がります。なのでGT-X980の出番は4×5サイズのポジフィルムやネガフィルムぐらいしか・・・。

とは言っても最大有効画素は4800dpiということで、手軽に多くのフィルムを取り込むには便利なのも確実です。
ということで、そろそろ本題に入ろうと思いますが、このフラットヘッドスキャナーはキャリブレーションツールであるi1用のターゲットが付属しています。ソフトもスキャナー専用のものが付いています。

エプソンのサイトにも詳しい使い方などは載っていないようです。
知っている人だけ使って下さいって感じみたいですね^^;

これがキャリブレーション用の付属品です。
ターゲット

ソフトウエアと印刷された反射ターゲットとポジフィルムの透過ターゲットの3点です。
これがあれば誰でも簡単にフラットヘッドスキャナーのカラープロファイルを作成することが可能です。





ニコンのフルサイズミラーレス機 Z7とZ6の登場で一眼レフ機の時代は確実に終わった。

ミレーレスの時代に突入しましたね。
Z7とZ6の発表を聞いていて完全にそう思いました。


ssssss031 - DeskTop

ミラーレスの方が良いか、一眼レフ機が良いかなどという議論は10年後には無くなっているのでは?と思います。

もうニコンも完全に舵を切ったのでしょう。
2020年の東京オリンピックに向けて発表されるであろうD6がDシリーズの最後になると個人的には思います。

FシリーズもF6が最後でしたからね。
DシリーズもD6が最後で良いんじゃないですかね。

まだ、Z7やZ6は使ったことないです。
ただ時代は既にミラーレスの時代に突入していることは前から書いていました。

詳しくは以下へ 





雲の量や何の雲があるかも分かる凄い天気予報「SCW」を活用してみよう!天文観測や撮影でも大活躍!

GPV気象予報が新しいサービスを始めたのをご存知ですか?
今までのGPVも撮影前に非常に活用させてもらっていますが、新サービスを併用させることをおすすめします。

新サービスは「SCW天気予報」です。スマートフォンにも対応しています。

SCWの公式サービス内容はこちらへ

通常の天気予報と違って雲の量を知ることが出来るので、雨が降っているかどうかよりも、そのポイントに雲がどの程度存在しているのかを知りたいときによく使います。
地図上で黒く表示されている部分が晴れているポイントです。

基本は似たようなサービスなのですが、GPVにはなかった、従来比約6倍の解像度で詳細な情報を見られる「局地モデル」が追加されているのと、リアルタイムの「雲量観測マップ」が追加されています。

GPV予測は更新回数が少ないことがネックだったと思います。最も更新回数が多い詳細モデルでも1日に8回の情報更新でした。
新しい「SCW」サービスでは局地モデルで30分ごとの更新に大幅アップしました。8回から24回の更新ですから3倍の更新回数です。
これはありがたいですね。

更に分かりやすくなったのが、「雲観測マップ(雲形/雲量)」です。
この機能は、通常の地図表示ではイマイチ分かりにくかった晴れたポイントが良く分かるようになっています。
また、雲があるポイントには、どのような種類の雲が発生しているのかを予測してくれます。
これは非常に凄いです。

それぞれの見た目を簡単に貼り付けておきます。


局地モデルss008 -

予報時間

9時間先まで 30分間隔

更新回数

1日24回

更新時刻

毎時40分

水平解像度

2km





ニコンのデジカメについているFnファンクションボタンやPvプレビューボタン(カスタムボタン)機能の割り当てについて


ニコンのデジタルカメラD5/D500/D7000番台などについているFn(ファンクションボタン)やPv(プレビューボタン)ですが、カメラを使い始めた方はなどは取扱説明書にも細かい部分まで説明がなされておらず使っていない方が多いようです。

ちょっと必要性があって割当機能に関して一覧を作成する機会がありましたので、ここで共有させてもらいます。
D500をメインに作成したのですが、D5でもD7200でもほとんど似たような感じになっているので同様に使えるかと思います。

機種によってはFn2(ファンクションボタン2)やFn3(ファンクションボタン3)が背面側についています。背面側についているファンクションボタンに関しては割当機能が違ってきます。

以下で一覧にした割当機能はカメラ前面についている右手で押すボタンの割当機能になります。背面側についている機能はマイメニューの呼び出しや画像のレーディング機能など限られた機能で撮影の際に使用する機能ではありませんので割愛しました。

非常に便利な機能ですので設定を何にするのか楽しみながら活用してみて下さい。


sIMG_0656

設定方法はメニューボタンを押してカメラの背面液晶で行います。
[メニューボタン]→[カスタムメニュー]→[f操作]→[f1 カスタムボタンの機能]





夜景写真の撮り方は? トワイライトとマジックアワーとは?時間帯が重要

夜景の撮影は時間帯によって見え方が大きく変わってきます。

一般的に日没後30分前後の時間帯に撮影するのが比較的好まれます。この時間をトワイライトやマジックアワー、ゴールデンアワーなどと呼ぶこともあります。(トワイライトは薄明という意味ですので30分前後というピンポイントの時間帯を指す意味では少し正確では無いかも知れません)

sKUR_0894_01

なぜ日没後30分前後が好まれるかと言えば、空の明るさと地上の明るさが同等程度の明るさになるため、空が明るすぎることも無く地上の建物が暗くなりすぎることも無い絶好のタイミングとなるためです。

この時間帯より前に撮影してしまうと空が明るすぎて夜景の雰囲気が出ず、遅くなってしまうと地上が暗くなりすぎてしまいます。(とは言っても好みの問題もありますから絶対にマジックアワーが良いとはいえません)

日没後の時間経過によって専門的には以下のような呼び方があります。





前ページ | ホームへ | 次ページ