雲の量や何の雲があるかも分かる凄い天気予報「SCW」を活用してみよう!天文観測や撮影でも大活躍!

GPV気象予報が新しいサービスを始めたのをご存知ですか?
今までのGPVも撮影前に非常に活用させてもらっていますが、新サービスを併用させることをおすすめします。

新サービスは「SCW天気予報」です。スマートフォンにも対応しています。

SCWの公式サービス内容はこちらへ

通常の天気予報と違って雲の量を知ることが出来るので、雨が降っているかどうかよりも、そのポイントに雲がどの程度存在しているのかを知りたいときによく使います。
地図上で黒く表示されている部分が晴れているポイントです。

基本は似たようなサービスなのですが、GPVにはなかった、従来比約6倍の解像度で詳細な情報を見られる「局地モデル」が追加されているのと、リアルタイムの「雲量観測マップ」が追加されています。

GPV予測は更新回数が少ないことがネックだったと思います。最も更新回数が多い詳細モデルでも1日に8回の情報更新でした。
新しい「SCW」サービスでは局地モデルで30分ごとの更新に大幅アップしました。8回から24回の更新ですから3倍の更新回数です。
これはありがたいですね。

更に分かりやすくなったのが、「雲観測マップ(雲形/雲量)」です。
この機能は、通常の地図表示ではイマイチ分かりにくかった晴れたポイントが良く分かるようになっています。
また、雲があるポイントには、どのような種類の雲が発生しているのかを予測してくれます。
これは非常に凄いです。

それぞれの見た目を簡単に貼り付けておきます。


局地モデルss008 -

予報時間

9時間先まで 30分間隔

更新回数

1日24回

更新時刻

毎時40分

水平解像度

2km


詳細モデル

ss010 -

予報時間

39時間先まで 1時間間隔

更新回数

1日8回

更新時刻

2:23, 5:23, 8:23, 11:23, 14:23, 17:23, 20:23, 23:23

水平解像度

5km

 
広域モデル
ss011 -

予報時間

264時間先まで

更新回数

1日1回

更新時刻

4:40

水平解像度

20km

広域モデル2

予報時間

84時間先まで 1時間間隔

更新回数

1日4回

更新時刻

1:30, 7:30, 13:30, 19:30

水平解像度

20km



雲量観測マップss012 -

更新回数

1日24回

更新時刻

毎時20分

水平解像度

1km



他の表示と比べて雲観測マップは雲が色分けされており、雲がある場所と晴れている場所が明確に分かるようになりました。
他のサービスと違うのは有料版だとしても予測マップは表示できないという点。あくまでも最新情報はリアルタイムとなり未来予測は出来ません。
ただそれでも、局地モデルと併用すれば雲の状況は今までよりも予測しやすくなったと思います。

雲観測マップ上での色分けは以下のようにされています。
黒い部分が晴れている部分。赤くなっている部分は積乱雲です。東京上空には積乱雲が存在し、千葉県の沖合いは晴れていることが分かります。
可視光のマップでもある程度は分かりますが、夜になった場合は雲があるのかどうか可視光のデータではわかりません。その点で、この「SCW天気予報」の雲マップは非常に優れています。


ss021 -


表を見ればすぐに分かると思いますが、黒色は晴れている部分。
雨を降らす可能性のある積乱雲や中層雲などは赤や黄土色になっています。
雨は振らない巻雲なども上層雲として色分けして表示してくれます。

ちなみに地図上では完全な塗りつぶし状態と黒ドット表示になっていることがあります。その違いは、黒ドットの場合は雲混じりの状態で若干雲間がありますよということ。ちなみに冬は白ドット表示のことがありますが、それは積雪を意味しています。


今までのGPV天気予報では、雲があることは分かるものの、どんな雲があるのかはグレーの濃さで判断するしかありませんでした。
濃いグレーと黒の判別もつきにくかったので晴れているのか曇っているのか、なかなか判断しにくかったのも事実。
こうして色分けしてくれると非常に分かりやすくて助かります。

GPVもSCWも雲の他にも気温や湿度、気圧や風速も表示することが可能です。
私は雲の状態を知りたい時だけ使うので他のサービスは割愛しました。

天気が関係する撮影の前にはぜひ活用してみて下さい。私は夜の撮影の際には可視光情報は全く役に立たないのでSCWやGPVサービスを併用しながら撮影に出かけるかどうか見極めることが多いです。
もちろん外れることもありますけどね。予報は100%ではありません。

でも撮影前には強い味方になってくれますよ。



ニコンのデジカメについているFnファンクションボタンやPvプレビューボタン(カスタムボタン)機能の割り当てについて


ニコンのデジタルカメラD5/D500/D7000番台などについているFn(ファンクションボタン)やPv(プレビューボタン)ですが、カメラを使い始めた方はなどは取扱説明書にも細かい部分まで説明がなされておらず使っていない方が多いようです。

ちょっと必要性があって割当機能に関して一覧を作成する機会がありましたので、ここで共有させてもらいます。
D500をメインに作成したのですが、D5でもD7200でもほとんど似たような感じになっているので同様に使えるかと思います。

機種によってはFn2(ファンクションボタン2)やFn3(ファンクションボタン3)が背面側についています。背面側についているファンクションボタンに関しては割当機能が違ってきます。

以下で一覧にした割当機能はカメラ前面についている右手で押すボタンの割当機能になります。背面側についている機能はマイメニューの呼び出しや画像のレーディング機能など限られた機能で撮影の際に使用する機能ではありませんので割愛しました。

非常に便利な機能ですので設定を何にするのか楽しみながら活用してみて下さい。


sIMG_0656

設定方法はメニューボタンを押してカメラの背面液晶で行います。
[メニューボタン]→[カスタムメニュー]→[f操作]→[f1 カスタムボタンの機能]


Pv(プレビューボタン)/ Fn(ファンクションボタン)を押した時に割り当てられる機能

  • プリセットフォーカスポイント
    フォーカスポイントが中心に移動する
  • AFエリアモード
    選択したAFエリアに変更される
  • AFエリアモード+AF-ON
    選択したAFエリアに変更されオートフォーカスが作動する
  • プレビュー
    プレビューが行われる
  • FV-L
    スピードライトの調光量が固定されます
  • AE-L/AF-L
    露出のロックとオートフォーカスロックが同時に行えます
  • AE-L
    露光のロックがボタンを押している間だけ行えます
  • AE-L(レリーズでリセット)
    1度ボタンを押すと露光のロックが行われシャッターを1度切ると解除されます
  • AE-L(ホールド)
    1度ボタンを押すと露光のロックが行われ、再度ボタンを押すまでロックされ続けます
  • AF-L
    ボタンを押した瞬間からオートフォーカスがロックされ離すと解除されます
  • AF-ON
    ボタンを押すとオートフォーカスが動作します
  • 発光禁止/許可切換
    ボタンを押している間はスピードライトが発光しません。ボタンを離すと解除されます
  • BKT自動連射
    ブラケット撮影状態の時にボタンを押すと1クールで連射が止まらずに連続で撮影を続けることが出来ます
  • プラスRAW記録
    JPEGのみで記録している時にボタンを押すとRAW記録が追加されます。再度ボタンを押すと解除されます
  • マルチパターン測光簡易設定
    ボタンを押している間だけマルチパターン測光になります
  • 中央部重点測光簡易設定
    ボタンを押している間だけ中央部重点測光になります
  • スポット測光簡易設定
    ボタンを押している間だけスポット測光になります
  • ハイライト重点測光簡易設定
    ボタンを押している間だけハイライト重点測光になります
  • ファインダー内格子線表示
    ボタンを押すとファインダー内に格子線が表示されます。もう一度押すと格子線が非表示になります
  • ファインダー内水準器
    ボタンを押すとファインダー内にインジケーター形式の水準器が表示されます。もう一度押すと水準器は非表示になります
  • 高速連続撮影14コマ(Mup)※D5のみ
    ボタンを押している間だけミラーアップ状態での秒14コマ高速連続撮影となります。この状態ではスピードライトは発光しません
  • 連動レリーズ切り換え
    ボタン操作によってマスターカメラのみレリーズやリモートカメラのみレリーズなどに切り替えることができます
  • マイメニュー
    ボタンを押すことでマイメニューが背面液晶に表示されます
  • マイメニューのトップ項目先へジャンプ
    ボタンを押すことでマイメニューのトップ部分に設定している設定を背面液晶に表示します
  • ネットワーク接続 ※一部機種に限られます
    ボタンを押すとLAN接続画面が背面液晶に表示されます
  • 再生
    再生ボタンと同じ動作が行われます
  • 設定しない


Fn1(ファンクションボタン1)又はPv(プレビューボタン)とダイヤルを併用(ボタンを押しながらダイヤルを回す)

  • 撮像範囲選択
    撮影範囲をクロップすることができます
  • シャッタースピードと絞り値のロック
    Pモード(プログラムオート)時にはロックできません
    Mモード(マニュアル)時にボタンを押しながらメインコマンドダイヤルを回すとシャッター速度がロックされボタンを押しながらサブコマンドダイヤルを押すと絞り値がロックされます
    Sモード(シャッター優先オート)時にボタンを押しながらメインコマンドダイヤルを回すとシャッター速度がロックされます
    Aモード(絞り優先オート))時にボタンを押しながらサブコマンドダイヤルを押すと絞り値がロックされます
  • シャッター・絞り値1段選択
    ボタンを押しながらダイヤルを動かすと1段分のシャッタースピードや絞りが変化します。ボタンを離すと解除されます
  • 手動設定済みレンズの選択
    非CPUレンズを使用する際に登録したレンズ設定を呼び出すことができます
  • アクティブDーライティング設定
    ボタンを押しながらダイヤルを回すことでアクティブDーライティングを設定することができます。ダイヤルを回すごとに以下のように設定が変わります
    D500/D7200などの場合
    「OFF」→「L(弱め)」→「N(標準)」→「H(強め)」→「HP(より強め)」→「A(オート)」
    D5の場合
    「OFF」→「L(弱め)」→「N(標準)」→「H(強め)」→「H1(より強め1)」→「H2(より強め2)」→「A(オート)」
  • 露出ディレーモード
    ボタンを押しながらダイヤルを回すことで露出ディレーモードを設定することができます。ダイヤルを回すごとに以下のように設定が変わります
    「OFF」→「1(秒)」→「2(秒)」→「3(秒)」
  • 静止画撮影メニュー切り換え
    SHOOT「A」~SHOOT「D」を切り替えることが可能です
  • 設定しない


D5600など5000番台の場合は下記のように少し設定できる機能が違います。
・QUAL画質モード/画像サイズ設定
・ISO感度設定
・WBホワイトバランス設定
・アクティブDーライティング設定
・HDR設定
・プラスRAW設定
・オートブラケティング
・AFエリアモード設定
・ファインダー内格子線表示
・Wi-Fi



夜景写真の撮り方は? トワイライトとマジックアワーとは?時間帯が重要

夜景の撮影は時間帯によって見え方が大きく変わってきます。

一般的に日没後30分前後の時間帯に撮影するのが比較的好まれます。この時間をトワイライトやマジックアワー、ゴールデンアワーなどと呼ぶこともあります。(トワイライトは薄明という意味ですので30分前後というピンポイントの時間帯を指す意味では少し正確では無いかも知れません)

sKUR_0894_01

なぜ日没後30分前後が好まれるかと言えば、空の明るさと地上の明るさが同等程度の明るさになるため、空が明るすぎることも無く地上の建物が暗くなりすぎることも無い絶好のタイミングとなるためです。

この時間帯より前に撮影してしまうと空が明るすぎて夜景の雰囲気が出ず、遅くなってしまうと地上が暗くなりすぎてしまいます。(とは言っても好みの問題もありますから絶対にマジックアワーが良いとはいえません)

日没後の時間経過によって専門的には以下のような呼び方があります。

「市民薄明」・・・人工光が無くても人がギリギリ屋外で活動が出来る時間帯
太陽の高度が水(地)平線下マイナス6度まで
◎日没後~約30分間

「航海薄明」・・・1~2等星が見えてくる時間帯。航海薄明という名前は、空と水平線が識別でき、天文航法に必要な星が見えることから来ているらしいです。船の航行が可能な程度の明るさということですね。
太陽の高度が水(地)平線下マイナス6度~マイナス12度まで
◎日没後約30分~約60分

「天文薄明」・・・多くの星が見えるものの空に若干の明るさが残っている状態。天文薄明を過ぎると完全に空は暗くなり天体観測に最適な時間帯になる
太陽の高度が水(地)平線下マイナス12度~マイナス18度まで
◎日没後約60分~約90分

市民薄明の終わりのタイミング前後を写真業界ではマジックアワーやゴールデンアワー、ブルーアワーなどと呼んでいることが多いです。トワイライトというと広義的には薄明時間全てを指しますが、写真業界では市民薄明の時間帯をトワイライトの時間として呼ぶことが一般的な気がします。

図にするとこんな感じになります。
薄明時間
そしてマジックアワーはどの時間帯かというと、下の図の感じになります。

マジックアワー001

実際、この時間帯の差でどの程度の違いがあるのかですが、少しだけ参考になりそうな写真がありましたので貼り付けておきます。
日没10分後に撮影したものがこちら↓
まだ夜になりきっていないものの、人物をシルエットではなく表情も分かるように写す場合には最良の時間帯かと思います。
縮小01258


そして、日没30分後はこちら↓
空がうっすら明るい状態です。もっと綺麗に撮れるタイミングや気象条件があるのですが、参考画像としてはこれで勘弁してください。市民薄明時間の終わりのタイミングです。マジックアワーと呼ぶには物足りなさがありますね。ただ気象条件によって、この時間帯が非常にドラマチックな状況になります。
4389


日没45分後になります↓
そらがかなり暗くなりました。市民薄明から航海薄明時間帯に完全に移行しています。
こちらの方が夜景っぽくて良いと感じる方も多いかも知れません。どういった夜景写真を撮りたいのか。それによって日没後何分目をメインの撮影時間にするのか決まってきそうですね。

4426

撮り方といっても時間帯の話がほとんどでしたが、一番大切なのが場所や時間帯(時期含む)と気象状況。
カメラの設定はISO感度はなるべく低く、必ず重たい三脚を使用し、絞りは8~11位を目安にしています。

軽い三脚だとちょっとした風でブレるんですよね。ブレといったいらレリーズを使うのも便利です。シャッターボタン押す時に結構ブレるので。レリーズが無ければセフルタイマーを使用して撮影するとブレ防止になりますね。

軽い三脚しかない場合は三脚が風でブレにくくするためにストーンバックなどを吊り下げるのも手かと思いますが、ストーンバックなどがない場合は重たい荷物をバランスよく三脚に吊り下げておくと多少は良いと思います。

色々と試して良い写真を撮ってみてくださいね。



ブログエディタのOpen Live Writerを日本語化する方法(パッチが公開されていました)

今までジャストシステムのxfy blog editorというブログ記事ソフトを使って書いていたのですが、パソコンのOSが変わって使えなくなってしまいました。とっくに開発は終了しているソフトだったので64bitには対応してなかったんですね。
まあ、xfy blog editorを現在まで使っていたのは私ぐらいかな(-_-;)

xfy blog editorは起動が遅くストレスも感じるソフトでしたが使い勝手は非常に良くて重宝していたので残念。で、代替ソフトをいろいろ探していたら、「Windows Live Writer」ってのがあったのですが、既にダウンロードは終了しているようで、後継ソフトの「Open Live Writer」を見つけました。

で、使ってみると日本語化されてないんですね。別に特別難しい設定とか無いので問題は無いかと思うんですが、日本語化パッチって公開されているのかな?とGoogleで検索してみると、ナント「鹿児島県肝属郡田代町関連の情報発信サイト」という個人ブログ運営者の方がパッチを公開されていました。1961年生まれとプロフィールに書かれていました。2018年現在で57歳になられるってことですよね。
こういうパッチの作成や公開ってもっと若い方を想像していただけに、意外でした。でも本当にありがとうございます。おかげで便利に使えております。

で、日本語化する方法ですが、非常に簡単です。
①サイトからパッチをダウンロードして解凍(展開)する。

②パソコン内にある「Open Live Writer > app-0.6.2」のフォルダを開く

③ダウンロードしたフォルダ内に入っている「OpenLiveWriter.Localization.dll」というファイルだけを「app-0.6.2」フォルダに入れる

④ソフトを再起動すると日本語化されます。

もともと同名のファイルが「app-0.6.2」フォルダに存在しているので、元々ある「OpenLiveWriter.Localization.dll」の拡張子をorgに変更しておくことを作成者の方はオススメされています。こういったパッチを公開してくださっている方には本当に感謝です。ありがとうございます。

ちなみに場所は「C:\Users\○○○○(ユーザー名)\AppData\Local\OpenLiveWriter\app-0.6.2」でした。
「AppData」は隠しフォルダになっているので通常は見えません。コントロールパネルのフォルダオプションから表示を選んで、「隠しファイル、隠しフォルダ、および隠しドライブを表示する」を選んで適用する必要があります。
もしくは、フォルダ検索で「OpenLiveWriter」を検索するという方法もありますが、もしも日本語化される方は、どちらかの方法でフォルダを見つけてください。
image


ということで、日本語化も出来たOpen Live Writerでブログを徐々に再開していこうかなぁと。前回は下書き投稿に失敗してしまいましたが・・・。てか、下書き投稿のボタンが非アクティブ化されてて下書き投稿出来ないんですけど~(-_-;)

ブログサービス上の下書きが出来ないので、別の方法として下書きの保存先をDropboxにしました。こうすれば別のパソコンでも下書きの読み込みが出来るので便利です。

あともう一つだけ課題が・・・。
まあ、とりあえずいいか。



Open Live Writerでテスト投稿

下書きテスト投稿。
もしも公開されていたらテスト失敗です(-_-;)

今まで使っていたブログソフトがPC入れ替えのタイミングでOS非対応だったために使えなくなりました。
新しいソフトを探していて、とりあえず使えそうなOpen Live Writerをテストしてみています。

ブログ書くのって作成ソフトの使い勝手の良し悪しが大きくて、以前のソフトが使えなくなってから投稿が面倒になり書いていません(-_-;)

とりあえずOpen Live Writerが使えそうであれば、また復帰すると思います。



AIを使った写真のノイズ除去技術が凄すぎて意味わからない

画像処理ソフトを使ったノイズ除去とかレタッチで何とか良くするとか、そういったレベルとは異次元のノイズ除去技術っぽいです。

「全層畳み込みネットワーク(Fully Convolution Network)」を使って写真のノイズ除去をする技術を米国のイリノイ大学アーバナ・シャンペーン校とIntel Labsの研究者らが発表したことをpetapixelで知りました。
9日には記事になっていましたのでご存知の方もいらっしゃるかも。

技術的な部分に関しては全く分からないので、詳しい内容を読みたい方はこちらのPDF(英文)を読んでみて下さい。
私に分かるのはスゲーAI技術が発表されたってぐらい^^;

私がなんとなく理解した中で言えるとすれば、5094枚の短時間露光画像と、それに対となる5094枚の長時間露光画像を使って学習させたらしいです。

この画像を使って機械学習させた結果が驚くようなノイズ除去技術になっています。
これが実際にどの程度汎用可能なのかは分かりませんが、条件さえそろえば凄いことになってます。

下の画像左側がFuji X-T2で撮影した元画像。右側が処理された画像です。



こちらも同様にFuji X-T2で撮影した元画像をAdobe Camera RAWで現像したものが左。処理画像が右側です。




実際にどういう画像を使って学習されたかというと、





ニコンが新マウントを採用してまでフルサイズの新型ミラーレスを発売するわけは?

ここ最近はニコンがフルサイズのミラーレスを投入するという話が結構盛り上がっています。そしてマウントは新型を採用するという噂です。ついにFマウントから脱却ですね。既にネット上では新マウントをZマウントと呼んで、マウントのサイズまで噂情報が出ています。それによれば

内径は49mm。マウントの外径が65.4mm。フランジバックは16mmなのだとか。

私も関係者にそれとなく話を聞いた所、ネットで話題になっている噂はそれなりに信憑性が高そう。

新しいマウントを採用したらFマウントのレンズは使えなくなるのかというと、そんなことはなく互換アダプターがありそうな感じです。

日経新聞にもキヤノンとニコンがフルサイズのミラーレスを2018年内に発表するとの記事がでました。

フルサイズミラーレスが両社から今年中に発表されることは間違いなさそうです。

では、なぜこのタイミングでキヤノンもニコンもフルサイズミラーレスを出してくるのか。

特にニコンはNikon 1シリーズの最後から長いことミラーレス一眼を出していません。ミラーレスに関しては諦めたのかと思っていたら・・・。

その背景にはミラーレスの出荷台数/売上高が一眼レフカメラに迫ってきたという事実があるようです。

CIPAのデータを元に日本向け一眼レフとミラーレスの2018年出荷台数を比べてみると・・・。



今年に入って日本ではミラーレスの出荷台数が一眼レフを上回ってきています。

過去を振り返っても一度も一眼レフを越えたことがないミラーレスがついに追いつき、そして追い抜いて行きました。2018年3月は一眼レフ3万8千台に対しミラーレスは6万4千台弱と圧倒的な差になっています。

これは日本においての出荷台数です。

では世界全体の総出荷台数はどうでしょうか?



| ホームへ | 次ページ