超広角4.9mm!! 画角270°のモンスター級魚眼レンズ C-4 Optics 4.9mm など

C-4 Optics 4.9mm f/3.5 Hyperfisheye Prototypeと名付けられたモンスター級の魚眼レンズが現れました。その画角はなんと270度!
レンズの後方まで撮してしまう驚きのレンズ。ニコンから220度の画角を持つNikonの6mm f/2.8なんてレンズもありましたが、それを超えるレベル。

WS000050.jpg 

2015年の4月1日にテキストで発表された際には4月1日という日の影響もあってエイプリールネタだと思われていたようです。

しかしこのモンスターレンズ制作のタイムラプス動画も公開され実写画像も出たことで一転!海外でも驚きの声が上がっています。

実際には手軽に持ち歩いて撮影できるような代物ではありませんが、こういった限界に挑戦的なレンズって面白いですよね。

リンク先には実写画像と展開させたパノラマ写真が掲載されています。周辺部の描写とかどうなっているのか良く分かりませんが、そういったのは抜きにしてオモシロレンズであることは確実です。

他に気になったのが2月24日に東京都が天皇陛下御在位三十年を記念して多くの施設を無料公開するようです。
通常であれば700円する葛西臨海水族園や600円する多摩動物公園など。
詳しくは以下のリンクから情報をお取り下さい。

 平成31年2月24日(日曜日)に無料公開される施設一覧 だけ掲載しておきます。

文化施設
東京都庭園美術館(通常:200円)
東京都江戸東京博物館(通常:600円)
江戸東京たてもの園(通常:400円)
※東京都庭園美術館内の展覧会は有料。

庭園・動物園など
賜庭園(通常:300円)
旧芝離宮恩賜庭園(通常:150円)
小石川後楽園(通常:300円)
六義園(通常:300円)
旧岩崎邸庭園(通常:400円)
向島百花園(通常:150円)
清澄庭園(通常:150円)
旧古河庭園(通常:150円)
殿ヶ谷戸庭園(通常:150円)
恩賜上野動物園(通常:600円)
葛西臨海水族園(通常:700円)
多摩動物公園(通常:600円)
井の頭自然文化園(通常:400円)
神代植物公園(通常:500円)
夢の島熱帯植物館(通常:250円)
東京港野鳥公園(通常:300円)

このカスタムメイドの「超魚眼レンズ」は自分の後ろを写すことができる | TechCrunch Japan

Assembling the C-4 Optics 4.9mm f3.5 Hyperfisheye Prototype

この世に存在しない人の顔写真をAIが生成!試すなら今しか無いゾ!:世永玲生の電網マイノリティ - Engadget Japanese

ニコン製品愛用者向け機材の点検・メンテナンスサービスをリニューアル | ニコンイメージング

カメラと写真映像のワールドプレミアショー「シーピープラス 2019」

天皇陛下御在位三十年記念慶祝事業を実施

2/24は都内の人気施設が多数無料開放! 天皇陛下在位30年記念

Twitter、新デザインを試せるベータ版の参加申し込み受付を開始/会話の文脈を系統立てて把握しづらいという問題を改善へ



女優の写真を修正する美人女性レタッチャーが禁断の裏技を大暴露

テレビ東京で放送されている「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」知られざる業界の裏側大暴露SPで現役レタッチャーの元日田先(もとひだ さき)氏が写真のレタッチ技を公開しています。
フリーのレタッチャーである元日田氏がセクシー系映像作品のパッケージなどのレタッチの裏側を公開してくれています。

WS000049.jpg 

現在TVerで期間限定無料公開されています。
https://tver.jp/episode/54793430
期間は2/22の00:59まで。気になる方は早めに視聴することをオススメします。気がついたときには配信が終わっていたりしますからね。


気になるレタッチ料金は別のサイトで元日田さんが言及していますが写真1枚全身フルレタッチで8000円からが相場だそうです。
細かい修正が重なってくると料金は上がるわけで手が込んだ作業になると1万円は超えてくるのだとか。ちなみにセクシー系映像作品のパッケージの写真は1万円程度とのこと。

女性のレタッチャーって少ない気がしますが、女性が女性の写真をレタッチするときの注意点なども話されていますから結構面白かったです。

世に出ているセクシーDVDのパッケージは「無加工で出ている写真はないと思う」とし「何かしら加工する場所とか無いほうが良いものは絶対存在する」と語られていました。
ただ、パネマジのような写真の修正は好まれず、自然に見えるように違和感のないナチュラルな修正を心がけているそうです。
確かに中身の動画を見てみたら全然違う人だったら困りますからね。
逆を言えば別人に仕上げることも可能なわけで・・・。

フォトグラファーであれば自分の写真をレタッチした後で納品することは当然ですからね。そう考えると、全くのノーレタッチ写真ってのは、この世界に限らずかなり少ないでしょうね。程度の問題でしょうか。


写真投稿SNSの500pxやEyeEmで大量に個人情報が流出!さらにダークウェブで販売中

イギリスのITニュース誌「The Register」によると16のサービスで情報流出が確認され、ダークウェブで2月11日から販売されていると報じています。その中には500pxやEyeEmなども含まれているとのこと。

500pxで1487万304アカウント
EyeEmで2236万765アカウント
など
最も流出量が多かったのはDubsmashで1億6154万9210アカウントの情報が流出したとのこと。

情報流出だけでも驚きなのにダークウェブにおいて流出した個人情報が販売されているというのだから更に驚きます。具体的な価格まで報じられており
500pxの1487万件の情報データは$780で。
EyeEmの2236万件のデータは$1,040で販売されているのだとか。
情報流出に関しては事実のようで500pxは2019年2月8日に情報流出したことを確認したようです。

一昨日にセキュリティ問題のFAQに公式コメントを載せています。
それによると流出した情報は

・500pxに入力した、ユーザー氏名
・500pxユーザー名
・500pxのログインに関連づけられているEメールアドレス
・不可逆暗号アルゴリズムを用いてハッシュ化された、ユーザーパスワードのハッシュ
・提供していた場合、ユーザーの生年月日
・提供していた場合、ユーザーの市、県、国名
・提供していた場合、ユーザーの性別

2018年7月5日以前に500pxユーザーであった場合、影響を受けているようですので、私の情報も確実に流出したようです。500pxで使用しているパスワードと同様のパスワードを使っていたサービスのパスワードは全て変更したほうが良さそう・・・。

面倒ですよね~。ただ以前にPayPalでクレジットカードが不正利用されたことがあるのでパスワードを変更しないことの怖さはわかっています。
どこかでIDとパスワードが流出した場合は、そのIDとパスワードを使ってあらゆるサービスでログインできるか試されてしまいます。実際に使用できると分かれば当然悪用されてしまうわけで個人でできる防衛策としては、より強力なパスワードを使うしかありません。

日本では宅ふぁいる便の情報流出が問題になりましたが、今回の流出劇も数が多く個人的にも使用していたサービスだけに衝撃が大きいです。
こうしてパスワードが流出することは珍しいことでは無くなりました。サービスごとにパスワードを変更することを当然のこととして考えを改めなくてはいけませんね。
詳しくは以下のリンク先をご確認下さい。
620 million accounts stolen from 16 hacked websites now for sale on dark web, seller boasts

500px Hacked: Personal Data Exposed for All 14.8 Million Users

セキュリティ問題2019年2月号:よくある質問 - 日本語

富士フイルムのフォトストレージ「マイフォトボックス」がサービス停止 ダウンロード可能期限は2019年8月末

Flickrの無料版サービスの内容が大幅改変が大きな話題となり、無料版で保存できる写真と動画の上限が1000点となりました。

一昨日までに1000店を越えるデータをアップロードしている方はダウンロードしておく必要がありましたが、正常にダウンロードできない問題があったためダウンロードの可能期限を3月12日に延期しました。
大量にアップロードしている人は大変だろうなぁと思っていたところへ別のニュースが入ってきました。

WS000048.jpg

それが富士フイルムのフォトストレージ「マイフォトボックス」がサービス停止をするというニュース。
こちらはFlickrと違ってサービスそのものの停止のため無料ユーザーも有料版ユーザーも影響が出てきます。

写真・画像ファイルの共有・保存サービス マイフォトボックス | 富士フイルム

------------------------------
「マイフォトボックス」は2019年8月末をもちまして、サービスを終了させていただくこととなりました。br>
サービス終了に伴い、2019年3月より有料会員の課金停止し、画像アップロード機能を停止させていただきます。ご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承をお願いいたします。br>
お客様の保存画像については、2019年8月末まで保管させていただきますので、お客様ご自身でダウンロードをお願いいたします。
------------------------------

無料では1.5GBの容量が使えるようになっていました。
有料会員になると100GBのデータを保存することが可能だったようです。

100GBすべてを使い切るほどアップロードしていた人はほとんど存在しないとは思いますが、それでも数十GBのデータをダウンロードするのは大変。

まさかすべてのローカルデータを削除してしまった人は少ないとは思いますが、富士フイルムの「マイフォトボックス」にしか残っていないデータがあったとしたらサービス期限内にダウンロードする必要がありますよね。

こういったニュースを聞くと、フォトサービスはバックアップとして使用するというよりも、出先でデータを確認する程度の気持ちでサービスを使っていないとサービス停止の時には痛いなぁと。

流出の危険性もありますから、やはりローカルでしっかりした保存をするのが最善なんですかね。地震などのことを考えるとそれも微妙ですが・・・。

いずれにせよ、各フォトストレージサービスに関しては利用規約を読んでから選んだほうが良いですね。
例えばアマゾンフォトサービスの利用規約を読むと以下のように書かれている部分があります。

---------------------------------
5.1 変更アマゾンは、いつでも、お客様に何らの通知なくして、本サービスもしくはその一部を、変更、停止または中止することができます。アマゾンが本サービスを中止した場合には、アマゾンは、お客様にお支払いいただいた料金を本サービスプランの残りの満日数に基づいて日割りで払い戻します。
------------------------------------

この辺りの話はGoogleフォトやOneDriveなどの利用規約を調べて書いた以前のエントリーがあるので気になる方は以下のリンクからどうぞ。

利用規約を読んでからアマゾンのプライムフォトを使うことを強くオススメします。|写真関係全般 デジタル@備忘録



| ホームへ | 次ページ