TOP > 写真&カメラのコラム

キヤノンの社名は観音菩薩のカンノンの発音から取ったんですよ~

これは有名な話ですから写真好きの人だけでなく多くの人が知っている事実かもしれませんね。

キヤノンの前身である精機光学研究所の吉田五郎氏が観音菩薩の信者だったことから、最初の試作機には「KWANON(カンノン)」という名称が付いたそうです。
 
“Kwanon”と命名された試作機には観音菩薩をモチーフにした彫刻が付けられていたんだとか。この彫刻はキヤノンのホームページでも紹介されています。

ちなみに試作機本体は「KWANON(カンノン)」ですが、レンズの方は「KASYAPA」(カサパ)と命名されたのだとか。KASYAPAは、釈尊の弟子のある摩訶迦葉(マハーカシャパ)の音をから来ているという話ですよ。

高いカメラやレンズを購入した時には機材に保険を掛けるという選択肢も考えてみましょう

プロカメラマンならば数百万円もする超望遠レンズやボディなどを持っている人も多いのですが、今ではハイアマチュアの方でも驚くような高価な機材を使っている人を見かけます。機材だけ見たら、どちらがプロだか分からない時代になりました^_^;

高いレンズは車と同じような値段の物もあります。大きな高いレンズほど重かったりするので落とした時には自重で壊れてしまうことも。
数十万や数百万円のレンズやカメラが壊れてメーカー保証が使えれば良いですが、保証が使えない壊れ方の場合は自分で修理代を支払うことに。

そんな時に助かるのが動産保険などの保険商品。
プロならば代理店を通してカメラやレンズに動産保険をかけることも可能ですが、最近では素人の方の動産保険は断られるケースもあるそうです。

そこで、携行品損害を補償できる保険などに入るという選択肢もあるようです。「携行品損害」や「持ち出し家財」といった文言にカメラが入るのかは保険会社に直接聞いてみるのがいいと思います。


カメラが対象に入る場合には、保険料と1事故あたりの最大保証金額、そして免責金額などもチェックしておくと他社の保険と比較しやすいですよ。
高いレンズやカメラをお持ちの方は検討してみても良いかも知れません。

ちなみに私は100万円近いカメラが壊れた時に動産保険で助かった経験があります。あの時は保険会社が神に見えました^_^;



今から150年前の写真館で家族写真を撮ると撮影料は20万円だったんですよ~。

日本の最初の写真館「上野撮影局」が出来たのが今から150年前。それを記念して撮影料金を現在の金額になおして考えてみました。その結果家族写真は20万円という驚きの結果に^_^;

ピッタリ20万円だったかどうかは微妙ですが、日本最初の写真館を作った上野彦馬の写真館では1人での撮影で二分金。
2人での撮影の場合は倍の一両。
3人での撮影の場合は3倍の一両二分だったそうです。

ですので、4人家族で撮影した場合には二両ってことになります。

当時(1862年)の江戸職人の1日の手間賃は三百文から五百文だったそうです。一分は千文。
今の職人さんの日当が1万円だとして一分は2万円程度になります。

一両は四分ですから、二両は八分です。

一分を2万円で計算すると・・・。八分は16万円になります^_^;
今から考えると高いですね~~~。

昔は子宝に恵まれたでしょうから家族で撮影すると(可能であればの話ですが・・・)20万円は超えそうです。
ちなみに、外国人が写真館に訪れることが多かったようですが、外国人からは倍の金額をとったのだとか。



記念撮影で笑顔の写真を撮りたい時は「ハイ・チーズ」では無く、みんなに「ミッキー!」と呼んでもらうと良い笑顔が撮れますよ

記念撮影を頼まれた時って、結構ドキドキしたりしませんか?
それは全員の目が開いていないとダメ出し、顔が隠れないように全員を撮影する必要がありますからね。

そして大切なのが皆の笑顔!ず~~~っと長いこと歴史に残るのが記念撮影。真面目なカットも大切ですが、いい笑顔も残しておきたいところ。

写真を撮影するときの掛け声で有名なのが「ハイ・チーズ」
でも、この掛け声で笑顔になりますか^_^;

モデルさんでも無いと難しいですよね。
誰でも笑顔になる秘密の言葉をコッソリお教えします。

それは夢の国のあのキャラクターを呼ぶことです「ミッキー!!!」って(^^)

これはウソじゃないですよ。試しにパソコン画面に向かって「ミッキー!」と叫んでみましょう!
口角が上がるの分かりますか?とても良い口の形になります。

日本人が笑顔の口を作るには
「ティー」「キィー」「シィー」などの発音が良いらしいんです。


「ミッキー」の他には「ミルクティー」や「クッキー」「パーティ」「ガッキー」などがあります(笑)
ガッキーはともかく、キィーやティーなどの最後の「ィー」を伸ばして発音してもらうことで自然な笑顔を簡単に作ってもらえます。

自分なりの秘密の言葉を見つけて試してみて下さいね。



折りたたみ傘の先端のキャップを外すとカメラの三脚用ネジ穴にピッタリ合うのってしってました?意外と使えるトリビアですよ

カメラマンなら皆しってるコトなんですが・・・。
折りたたみ傘の先端がねじ込み式のキャップになっているものって多いですよね。あれってネジの経がカメラの三脚穴とピッタリあうんですよ~。

なので、傘の先端にカメラを付けて高いところからセルフタイマーで撮影することも可能だし、傘を一脚(三脚)代わりに使用して撮影することも可能だったりします。
注意するポイントは折りたたみ傘のキャップは無くさないように^_^;

傘として使えなくなったら元も子もないですからね~。





晴天の日にポートレート撮影する場合はモデルを木陰に入れて撮影すると太陽光が柔らかくなり自然のディフューザー代わりになります

ポートレート撮影で特に気を使うのはモデルのポーズやシチュエーション。そして忘れてはいけいないのが光の質ですよね。
晴天時のピーカンを上手に使って撮影するのも面白いのですが、モデルさんに当たる光の角度など気をつけなくてはいけないポイントが沢山あったりします。

最初の頃は多少の曇り空などのほうが簡単に綺麗なポートレートが撮影できると思います。それは雲が太陽の光を柔らかくディフューズしてくれているから。簡単に言えばバンクライトを使っているようなものです。

では晴天の日に太陽光をディフューズする方法は?
答えは木陰など、何かの陰に入ること。オススメはやはり木陰。

木陰に入ることによって、モデルにあたる直射日光が和らぎます。注意するポイントは木陰の場合、葉っぱと葉っぱの間から光が漏れて木漏れ日になっている場合があります。
この光がモデルの顔にあたるとまだら模様になることもあるので、それは注意して下さいね。



レンズの最短撮影距離よりも近づいて撮影したい!そんな時は絞りを思いっきり絞り込むと良いですよ。

被写体にグッと近づいて撮影したいけど、ピントが合わない!そんな時があります。レンズにはピントが合わなくなる最短撮影距離がレンズごとにあって、マクロレンズは最短撮影距離が非常に短いので接写が可能です。

マクロレンズじゃないけど、もっと被写体に近づいて撮影したい!そんな時には絞りを思いっきり絞ってF16とかF22とかに設定してみましょう。
そうするとファインダーではボケていた被写体にピントがあうことがあります。

被写界深度が深くなることによってピントが合っているように見えるだけなんですが・・・。でも非常事態や撮影の幅を広げたい時には使えるテクニックですよ。



旅行や運動会など大切な日の前日にはデジカメ電池の充電を忘れずに!

これからの時期は運動会シーズン。もう終わってしまった学校も多いかもしれませんね。
でもせっかくの晴れ舞台を撮影しようと思ったら電池切れ・・・。そんなことが実際に多かったりしますよね。
旅行に行った先で電池が無いことに気が付いて泣くに泣けないケースも。

大切な日の前日にはしっかり確認を(^^♪

どうしても忘れてしまうという人は、単三電池が使えるコンパクトデジカメを使うという裏技もありますよ!



前ページ | ホームへ |