TOP > ブログのネタ関係

Twitterで激リツイートされたツイート画像3つ。 ふなっしー足出てる…ほか

たまにはTwitterの世界ではどんな面白い画像が出回っているのかなぁ~と思い覗いてみました。
そしたら想像以上に面白い写真が・・・。
世の中では知らない間に面白いことが起きているんですね~~~^^; こういうのは現場にいないと絶対に撮影出来ません。

新聞紙大の大きさもリングファイルの資料も無理なくスキャンできちゃうBookEye4! コンビニでのコピー機は将来コレを導入して欲しいなぁ。 

今回ご紹介するのはドイツで開発された驚きの大型スキャナ「Book eye」!
先ほど紹介したScanRobot2の流れで少し違った高性能スキャナーをご紹介です。

最近ScanSnapの最新版「ScanSnap SV600」が発表されて非常に話題になっています。
本をスキャナの下に置いてスキャンできるので手軽で便利という点が評価されているのでしょうか。

ですが業務版の世界では数年前からすでにこういったスキャナが存在していたんですね~~~。
BookEye4というスキャナーです。御存知ですか?
値段的には500万円程度らしい・・・。

新聞紙も1面まるまる簡単にスキャンOK! もちろん自動フォーカスです。
使っている姿を動画アップされているので貼り付けておきます。動画を見ると非常に便利で簡単そう。
コンビニにコピー機能を付けて設置してくれたら嬉しいな~。



下の動画を見ると便利さがよくわかりますが、新聞もそのままスキャン出来ますし、リング型ファイルもリングから外さずにそのままスキャンOK。

本もページをめくるだけでOKですから、コピー機のようにひっくり返す必要がありません。


ScanSnapの最新版「ScanSnap SV600」が発売後に更に注目度があがれば、コピー機として採用される日も近かったりして・・・。ちなみに私はスキャナー代わりにコンデジで撮影してデータで残しています。

それが一番カンタンで楽だったりしてね^^;


世界最速!? 裁断無しで非破壊ブックスキャン なんと1時間に3000ページ!!!

ScanRobot2という非破壊ブックスキャナは御存知でしょうか?オーストリアのTreventus社が開発した全自動のブックスキャナーです。
Googleが世界中の本をスキャンしてデータ化しようと試みていますが、そんなGoogleの壮大な計画に携わっている一つが、このScanRobotと呼ばれるブックスキャン! なんと2000万円以上するのだとか。




このスキャナの凄いところは本を裁断することなく、完全に自動でページをめくり300dpiでスキャンしていくところ。
基本的なスピードは1時間に2500ページをスキャン可能だとか。

驚きの動作はこちら

設定によっては更に早く出来るようで、なんと最速レコードは1時間に3118ページ!
1分間に52ページってことですよね。500ページほどの文庫本であれば裁断することなく10分でスキャン可能!
凄すぎる^^;

ScanRobot2はバージョン2で以前のScanRobotよりも色々とバージョンアップしているようですが、本の厚みも15センチまでOKなんだそうです。広辞苑って15センチありましたっけ?



こんなスキャナーを使える場所があったらいいなぁ。最速の「3118ページ/時間」を記録した画面。


以前開催されたeドキュメントJAPANでは前のバージョンのものが展示されていたそうです。
今年開催されるeドキュメントJAPAN 2013では最新型がお披露目されるのかな。

ちなみに今年の会期は2013年10月9日(水)~11日(金)
会場は東京ビッグサイトです。 


アメリカって空母とか戦艦とかを博物館としてそのまま使ったりしてるんですね~。ちなみにミッドウェイ空母はGoogleストリートビュー対応

知人から米軍の面白ネタをまたまた聞いたのでご紹介。

前回聞いたのは戦闘機の墓場と呼ばれるデビスモンサン空軍基地でしたが今回聞いたのは戦艦や空母の博物館!
日本にも無いことはないのですが、アメリカのは規模が違います^_^;

サンディエゴにある「USS ミッドウェイ・ミュージアム」
パールハーバーにある「Battleship Missouri Memorial(戦艦ミズーリ博物館)」
ニューヨークにある「イントレピッド海上航空宇宙博物館」

どれも超巨大な空母や戦艦がそのまま博物館になっちゃってます^_^;

凄いですね~。
ちなみにUSS ミッドウェイ・ミュージアムはストリートビューで甲板をあるけてしまいます。最近はガラパゴスもストリートビュー対応すると発表したGoogleですが、知らない所で色々と撮影しているんですね。



USS ミッドウェイ・ミュージアム 【地図】http://goo.gl/maps/Amv13


Battleship Missouri Memorial(戦艦ミズーリ博物館) 【地図】http://goo.gl/maps/CK3OV


イントレピッド海上航空宇宙博物館 【地図】http://goo.gl/maps/K4MVU


ちなみにストリートビューだとこんか感じに見ることが出来ました。




世界最大の「飛行機の墓場」デビスモンサン空軍基地をグーグルマップで見てみたら・・・



知人から教えて頂いた「飛行機の墓場」と呼ばれる米軍のデイビス・モンタン空軍基地。
グーグルマップで見たら想像以上の解像力もあいまって驚きの景色でした。
実際にマップで見たい方は「Davis-Monthan Air Force Base」と入力すれば基地が表示されますよ。

米軍で現役を終えた軍用機が整然と並べられています。
これらの飛行機の多くはイザとなれば整備して使えるものもあればパーツを取るためだけの機体。それにロシアと結んだ軍縮をしっかりと守っていますよ~と表明するためにバラバラにして置かれた機体などなど。

バラバラにされた機体はロシアも軍事衛星で確認しているのでしょうね。

驚きの光景です。


この飛行機置き場の敷地面積はサッカーコート1430個分(約10.5平方キロメートル)とも言われています。
一体何機の機体がここで解体されたのでしょう。


この基地も凄いですがグーグルマップの解像度にも驚きです^_^;




インスタグラムやTwitterに面白ポーズで撮影投稿するのが流行中!? 今の流行りはダースベーダの「Vadering.」

少し前にマカンコウサッポウとか波動拳とかを真似た写真を投稿するのが流行っていましたが、その他にも色々と流行っているみたいです。
これってインスタグラムとかTwitterが無ければここまで急速に広がることが無いでしょうね。

そういういみでは新しい写真の形!?


マカンコウサッポウとか波動拳以外に最近流行ってきているのがダースベーダを真似た「Vadering.」というポーズだそうです。
試しにインスタグラム検索で「Vadering.」と打ってみると、出るわ出るわ^_^;

http://searchinstagram.com/







こういうのが流行しているとか。写真って本当に面白いですね^_^


水没させたカメラは煮るんじゃなくて真水に浸してサービスセンターに持ち込みましょう

何だか海水に水没させてしまったカメラを台湾のニコン修理センターで修理受付した人が「鍋で茹でる」ことによって復活させたって話が盛り上がっているようです^^;

話題の記事
ギガジン「海に落ちたレンズをニコン修理センター担当者が鍋でゆでて修理


これが本当か!?な~んてことを書きたいわけではなくて、基本は水没させてしまったカメラは真水に漬けたままにしてサービスセンターへ持って行けというのが基本的な対処方法だと私は教わりました。

素人は乾かすな!と^^;

その昔、私はリンホフマスターテヒニカという電気を一切使わない古典的なカメラを水没させたことがありまして・・・。
その当時の定価が77万円だったかな~。もう最悪の気分になったのを覚えています。電気接点とかは関係ない昔むかしの箱型カメラなので水没させても基本は問題ないのですが、軸がズレてしまったりして色々と苦い経験があります。


水没という言葉は聞きたくないですが、基本は水没させた時には乾かさずに真水に浸した状態でサービスセンターに持ち込むってのは今でも基本だと思うのですが・・・。
フィルム時代と違うのはフィルムからメディアカードに変化したこと。
メディアカード、特にSDカードは水没にある程度は強いのでカードはすぐに抜いておいたほうが良いでしょう。あとバッテリーも。


一番やってはいけないのが、乾いてもないのに電源を入れちゃうこと!!!
これが一番のタブーです。絶対にダメ。一瞬でショートして壊れます。中途半場に乾かすのが一番良くないようです。表面的に乾いているようでも中の基盤部分は簡単には乾かず、通電させるとショートします。



それで思い出したのですが数年前に水没させてしまった携帯電話を完全に乾かして復活させることが出来る「ドライヤーボックス」なるものがヨドバシカメラを中心とした量販店に導入されたことがありました。あれって今でもあるのかなぁ。


世界中の子供達のお気に入りのオモチャを撮影したフォトグラファーGabriele Galimberti氏の写真と言葉



フォトグラファーであるGabriele Galimberti氏が"トイ·ストーリー"と題して撮影した子どもたちの肖像画が海外で話題になっていました。
写真としての面白さを海外のサイトでは取り上げていたようですが、私としてはGabriele Galimberti氏が自分のサイトで書いていた内容にたいして改めて考えさせられました・・・^_^;

彼は世界中を旅して、子どもたちのお気に入りのオモチャと共に子供の肖像画を撮影して旅してきたわけですが、その中で裕福な国の子供達と貧しい国の子ども達との差を独占欲の違いとして表現していました。

裕福な国の子供達は彼が一緒にオモチャで遊ぼうとしても独占欲が強く最初は触らせてもらえなかったと。
反対に貧しい国の子供達は寛容でまったく反対の対応だったそうです。

もちろん全てが同じではなく個々の違いは相当あるとは思いますが、多くの玩具を独り占めして誰にもかさない・・・・。
まさに、私の家にも同じような対応を取る息子が・・・^_^;


貧しい国の子供達はオモチャの数は少ないもののほとんど外で遊ぶため室内で遊ぶようなオモチャは必要無かったようです。
外で元気に遊ぶのが子供らしい子供ですよね。


同じ世代の子供を持つ親としては・・・。


あと、パソコンやコンピュータ関係のゲームは進化しているものの、それ以外のオモチャに関しては30数年間変わらないことを発見したそうです。
それを聞くと、やっぱり世界はパソコンが出来てから一変したんですね。



すでにiPadの使い方は何となく分かり始めている三歳児の息子にパソコンを何歳になってから触らせるか・・・。悩む所です。


35mmフィルムでパノラマステッチして芸術作品に仕上げた作品の数々。綺麗に繋げるだけがステッチじゃないと思い知らされました^_^;

ドイツのフォトグラファー「Thomas Kellner 」が35mmフィルムのベタ焼きで作る芸術作品が本当に驚きの美しさです。
デジタルカメラですとパノラマステッチする時に、なるべく綺麗に繋がるようにノーダルポイントをきちんと把握してパノラマ雲台を使って丁寧に撮影するのが基本ですが・・・。

そういった概念から全て開放されてしまったような作品の数々。
適当に撮影したからと言ってこうはならないはず。

緻密な計算の上で撮影しているのでしょうね。
フィルムのベタ焼きですから途中で間違ってしまったら最初のコマから撮影し直さなくてはなりません。

おそらく彼は撮影しているときには既に完成された作品が頭の中では見えているのでしょうね。




初めて見ましたがビジュアルエコーの動画って綺麗! “Visual Echoes”

“Visual Echoes”なる動画作成があることを初めて知りました。
いや、今までも一度ぐらいはテレビで見たことはあったのかもしれませんが、こういう動画をビジュアルエコーと言うんですね。
良く人が行うパフォーマンスでは似たようなものを見ますけど、それを動画でやった感じ。




まず、最初に動画をご覧頂ければなぜビジュアル+エコーなのかが良く分かります。
13分間の実験的な映画だそうです。



この動画のコメントには
・魔法だ!
・今まで見た動画で一番感動した!
・ブラボー
・美しすぎる!

などなど驚きの反響があるようですが、確かに綺麗ですね~。

気になる方は以下のソースサイトをお読み下さいね。
私は正確に訳す自信が無いため詳細を書くのは止めておきます^_^;

(ソース)
Choros A Transfixing Experimental Dance Film by Michael Langan & Tera


前ページ | ホームへ | 次ページ