TOP > 写真関係全般

【気になるLink】2014/11/16

FacebookにもLINKを載せましたが今日チェックしたサイトで気になるカメラ関係ものをピックアップしてみました。
最近時間がなくてブログをアップする余裕が・・・。

とはいっても今日も群馬への日帰りで決して暇なワケじゃないんですが^^;
エントリーを書くとそれだけでエネルギーを要するのですがLINKだけなら楽ですからFacebookと共に備忘録用に。



毎日ブログをアップしていると大変なんですが、それはそれでリズムが作れて良かったり、仕事とは違う達成感?のようなものがあったりするので地道に続けられる道を模索していますが忙しくなるとね~~~^^;


全然話は違いますが、今日乗った電車の後ろの席からピコピコ音が。
ピコピコぴこぴこぴこピコピコピコ・・・・・・・・

全然鳴り止まない・・・。
うるせ~~。
と思ってトイレにいく時に何をやっているのか見たらコンパクトデジカメでの撮影画像チェック^^;

コンデジの操作音!あれ不要だろ!!!と怒りを感じた瞬間でした。
デフォルト音はもう少し小さくしてもらえませんかね。音が消せるって知らなくて使ってる人多いと思うんだよなぁ。



写真関係全般 | 2014.11.16 [EDIT]

5秒で自動切り抜き!? 画像加工の自動システム「zenfotomatic」

ほぼ自動で画像の切り抜き出来るシステムが話題になっているようです。
日経新聞でも取り上げられていましたからご存知の方も多いでしょうが紹介しておきます。

「zenfotomatic」というサイトで主に通販サイト向けに作られたシステムのようです。
ざっくり言うとサイトへ白バックなど単色背景で撮影した画像をアップロードしてクリックすると自動で白抜き画像に切り抜かれるというシステム。


上記のようにアップロードした写真が1枚5~10秒程度で切り抜かれ通販サイトで使いやすいように自動トリミングも可能です。
撮影の段階で気をつける点はありそうですが、サイトの説明ではそれほど厳密なライティングでなくとも背景が単色であれば切り抜き可能だそうです。




もちろんシステムは無料ではなく有料なのですが、手作業での外注をお願いしていたとしたら割安感があります。
価格の一覧表は以下のとおり。





写真関係全般 | 2014.05.26 [EDIT]

最近は室内でのヌード撮影会でも逮捕される時代なの?

一昨日前のニュースでスポーツ紙などを中心に「ヌード撮影会で性器を露出したモデル逮捕 公然わいせつ容疑」という記事が出ていました。

通信社から配信された記事のようで、どのサイトをみてもほとんど同じ内容。これだけでは何故逮捕されたのか完全には理解しにくいですね。どこもつっこんで取材していないのかな。



ヌード撮影会で性器を露出したモデル逮捕 公然わいせつ容疑 - 政治・社会 - ZAKZAK


ここ数年は、ヌード撮影で逮捕されるニュースが多いような気がします。
記憶に残っているところですと

  • 浜辺でヌード撮影会をしているところを、釣り客が通報し、逮捕された事件。(2009年9月)
  • 篠山さんがヌード写真集「20XX TOKYO」のために結婚式場、百貨店前などで撮影したとして公然わいせつ容疑で書類送検された事件。(2010年5月)
  • ストリップ劇場で踊り子を撮影した客6人が公然わいせつほう助容疑で逮捕される事件。(2012年2月)


私はヌード撮影を生業としているわけではありませんが、芸術写真としてヌードを撮影する方は世の中に沢山いらっしゃいます。そして、撮影の勉強会としてヌードの撮影会を開催されている方もいらっしゃるかと思います。

今回がどういった撮影会だったのかこれだけでは分かりませんが、撮影会とワイセツ行為とは、どこで線引きするかは難しい問題かと思います。一番の問題は屋外なのか屋内なのかが重要なのかと思っていたらストリップ劇場での逮捕のように屋内であっても逮捕されるケースが出てきています。


ただ、今回のケースは以前の3つのケースと全く違う点がひとつ。
それは限られた人だけが集まって行われた室内でのヌード撮影が目的のイベントであること。


記事によれば
ヌード撮影会で性器を露出したモデルを撮影させたとして公然わいせつの疑いで主催した会社役員と22歳のモデル、19歳のモデルの3人を現行犯逮捕したとのこと。

場所は愛知県北名古屋市のスタジオ。主催者は東京や名古屋で毎週末にヌード撮影会を開催していたそうです。逮捕された22歳のモデルは専属モデルで、19歳の少女はモデル事務所からの派遣だったそうです。


私が覚えている以前の3つの逮捕されたケースと比べると、





写真関係全般 | 2014.03.26 [EDIT]

経年劣化したウェハーライトバンクの黄ばみで新品との色温度の差が激しい・・・。

コメット社のウェハーライトバンクを使っているのですが、最近新品が納品されて思ったのは、ずいぶん白いな~と^^;
それもそのはず、昔揃えたバンクはかなり黄ばんでますから。

でも私が想像していた以上に黄ばんでいたようです。
比較対象が無いと人間って差が分かりにくいもの。
反対に比較対象があると少しの違いも見分けられます。

こちらが新品のウェーハーライトバンク200の内部。



そしてこちらが古いウェーハーライトバンク200の内部。



結構な差です。
この新旧バンクを左右から同じ距離でライティング組んだら・・・。
後での処理が面倒ですね。

実際に撮影した時にどの程度差が出るのかテストしてみました。





写真関係全般 | 2014.01.30 [EDIT]

デジカメ備え付けのストロボをパワーアップさせるポップアップフラッシュブースター

発想が斬新なポップアップフラッシュブースター「Rogue Safari DSLR Pop-up Flash Booster 」なるものが発売になりました。
デジタル一眼レフカメラに備え付いているポップアップストロボに被せて使うことで、照射角度を狭くして遠くまで光が届くようにするアダプターのようです。


このアダプターを付けると光は遠くまで届きますが広角では反対にカバーしきれなくなるので、APS-Cサイズのカメラでなおかつ100mm以上のレンズで使用することが推奨されています。


ストロボのディフューザーの逆ですね。このアダプター単体でみると下のような感じです。





写真関係全般 | 2013.09.12 [EDIT]

さすがNASA! インスタグラムでアカウント開設して写真9枚しかアップしてないのにフォロワー数が約10万人

数日前にNASAがインスタグラムにアカウントを開設した!というのが海外で話題になっていました。
インスタグラムにアカウント開設したのは面白いなぁ~と思いつつも別に特別な写真をアップロードしているわけではないので気にしていなかったのですが・・・。


今日たまたま暇つぶしにインスタグラムのNASAのページを見て驚き^^;
写真のアップロード枚数に対してのフォロワーが凄い。爆発的に増えていて5日目にして9万人を突破。明日には10万人は超過するんじゃないかな?



それぞれの写真のLikeの数も数千から1万を超えています^^;
やっぱり凄いなNASAは。

http://instagram.com/nasa



写真関係全般 | 2013.09.10 [EDIT]

プロカメラマンが教える! 写真が上達するために必要な100項目

ロサンゼルスで活躍するストリート写真家でワークショップも行っているエリック・キム(Eric Kim)さんが、以前に提唱していた写真上達のための100項目を私の考えをプラスして書いてみました。

この100項目は非常に面白く読ませて頂いたので、私なりの考えも足して活用させて頂きました。他人のフンドシを借りるような感じで違和感はあるのですが、とりあえず書いてしまったので公開します。

黒太文字になっているのがエリック氏の言葉です。
青文字で書いてあるのが私の考えによる補足。

1)高価な機材を使っているからと言って、腕のいいカメラマンとは限らない。
・もちろん!それこそ最近は定年退職したオジサン達の方がプロより高いカメラやレンズを持っていることが多いですね。
プロは機材にお金をかけるよりも腕で勝負!

2)常にRAWで撮影すること。
・それは無い!カメラマンと行っても幅が広いわけで報道系のカメラマンでRAWで撮影している人は非常に少ないし反対にファッションなどを撮影するスタジオ中心のカメラマンは常にRAWで撮影する人が多い。業種によるかな。RAWで撮影したからといって上達の早道になるかは正直微妙な気もします。

3)単焦点レンズでの撮影は、腕磨きになる。
・基本中の基本かと。やはり昔から言われているように35mmカメラの場合は50mmの単焦点レンズを使いこなすことから開始。これには理由があって、ズームレンズだと自分が動いて撮影するという基本的なことを学びにくいんです。

4)写真編集はそれだけで、1つのアートだと言える。
・写真はプリントしてなんぼの世界。撮影後にセレクトし暗室(Photoshop含む)作業をしてプリントするのはアートです。

5)三分割法は99%の場合において効果的である。
・三分割法に限らず写真の構図を覚えておくのは撮影において効果的だと思います。ただ理想なのは構図を覚えて構図通り撮影するのでは無くて、心地良いフレーミングしたら理想的な構図通りだったという流れ。それにたどり着くには良い写真を見続けることだと思います。

6)マクロ写真は誰でもできるわけではない。
・この言葉の真意がどこにあるのか分からないのですが、マクロ撮影をするにはマクロレンズが必要で、ピント合わせは非常にシビアです。最初に手を出すと難しいかも。

7)UVフィルターはレンズキャップの役割もある。
・私は経験上でこの言葉を支持します。フィルターを付けるとレンズの描写が悪くなるので付けないという人もいるとは思いますが、それよりも高価なレンズを常に保護してくれるUVフィルターは職業カメラマンにとっては不可欠です。

8)写真フォーラムなんかに何時間も行くよりは、外に出て写真を撮った方がいい。
・写真の講義を聞く時間があるならば1枚でも撮影したほうが上達するという意味だと思います。

9)平凡な日々の生活の中にある美しい一瞬を切り取ること。それが、入賞作品になる。
・これはスナップ写真の醍醐味ですね。大事です。常に見ている風景だけれども彼が撮影すると非常に素晴らしい写真になると常に言われるのを目指したいものです。

10)フィルムがデジタルより良いというわけではない。
・もちろん。比べる対象ではありません。

11)デジタルがフィルムより良いというわけでもない。
・もちろん。比べる対象ではありません。

12)魔法のカメラやレンズなんてものは存在しない。
・最近は魔法のようなレタッチや加工が出来るカメラは増えてきました。後処理が苦手な方は、そういったカメラ内処理が優れているカメラを選ぶというのも選択肢の一つですね。

13)良いレンズを使ったからと言って、良い写真が撮れるとは限らない。
・そうですね。良いレンズを使ったからといって決定的な瞬間が撮影できるわけではありません。しかし描写が優れた写真が撮影できたりフレアやゴーストを軽減した写真を撮影できたりはします。

14)他の人の作品を見続けるよりも、自分の写真を撮りに行くこと。
・良い写真を見て触発されることは大事ですね。しかし他人の写真をみて批評している時間があるならば外に出たほうが良いでしょう。

15)パーティーにデジタル一眼レフは持って行くな。
・カメラはTPOに合わせて使うもの。確かにパーティではスマホやコンデジが違和感なく受け入れられ素直な写真が撮れるかも。

16)女はカメラマンに弱い。
・そうあって欲しいと切に願います。

17)写真を白黒にしたからといって、アーティスティックな感じになるわけではない。
・良い白黒写真を撮影するには撮影する前の段階からモノクロの目になって被写体をみる必要がありますからね。カラーの目で被写体を観察して撮影したものはモノクロには向きません。

18)Photoshop使ったというと、なぜか人は急にあなたの写真の価値を下げる。こういう時は、「Photoshop」ではなくデジタル暗室」という言い方をすること。
・最近はPhotoshopを使うと何でも出来てしまうから余計に煙たがる人がいるかも。確かにデジタル暗室という魔法の言葉を今度使ってみようかな。

19)何でもかんでも写真に撮れば良いというわけではない。
・作品として残すなら前もってしっかり観察することが大事ですね。記録という意味ではとりあえず撮影しておくという行為も大事だったりします。

20)少なくとも2つバックアップをとっておくこと。戦争での、2は1、1は0という考え方と同じ。
・ハードディスクは壊れるものという大前提は大事ですね。お金に余裕があればミラーリングしたハードディスク+メディアカードをそのまま残しておきたい所。

21)ネックストラップはやめて、ハンドストラップを使うこと。
・ハンドストラップを使ったことが無いのでコメント出来ませんが・・・。日本国内では一眼レフにハンドストラップを付けて撮影している人を見たことがありません。私は撮影するときにネックストラップを手首に巻いてハンドストラップ代わりに使用しています。これが現実的かと。





写真関係全般 | 2013.08.29 [EDIT]

世界一のカメラ収集家! アンティークカメラ4425台の所有台数はギネス記録です。

世界で一番アンティークカメラを所有しているのはインドのムンバイを拠点とするフォトジャーナリストのDilish Parekh氏だそうです。
なんと、その台数が4425台!
ギネスが認める世界一のアンティークカメラコレクションとのこと。




もともと彼は2634台のギネス記録を持っていたが、このたびの発表で一気に2000台近く記録を伸ばしたそうです。
発表したのは8月19日のWorld Photography Day(世界写真の日)。

8月19日は1839年の8月19日にタゲールがタゲレオタイプのカメラをフランス学術院で公式に公表したことから、World Photography Dayとなっています。


Dilish Parekh氏がカメラを収集し始めたきっかけは、父から600台のカメラを譲り受けたことから始まるのだとか。
その600台を手に入れてからは収集癖が加速し、収集することへの脅迫観念が現在の4425台というとてつもない数になったそうです。

彼のコレクションの中で最も貴重なカメラが





写真関係全般 | 2013.08.29 [EDIT]

Twitterで盛り上がりを見せている米軍の写真たち「#日本で学生が冷蔵庫に入ったと炎上してるその頃米軍では」

昨今、飲食店やコンビニ等で食材を遊びに使った写真を投稿して問題化していますが、その関連でアメリカ軍のお茶目な画像を投稿するのが流行っています。

誰が最初に作ったのか分かりませんが、「#日本で学生が冷蔵庫に入ったと炎上してるその頃米軍では」のハッシュタグを付けて投稿された写真が非常に話題になっています。

コレはコレで自衛隊が行ったら大問題ですよね^^;

ハッシュタグが付いた画像の中から一部をご紹介します。
気になった方はご自分でハッシュタグ検索してみて下さいね。






写真関係全般 | 2013.08.22 [EDIT]

キャノンEOS 6Dを使ってペルセウス座流星群をタイムラプス撮影した動画が凄い綺麗です

ロサンゼルス在住のKai Gradert氏がアメリカ・カリフォルニア州のジョシュア・ツリー国立公園で撮影したペルセウス座流星群のタイムラプス動画が話題になっていました。



動画は以下。


撮影に使ったのは
EOS 6D
14mmと16mmのレンズ2本

気になるISO感度は2500~4000の間で設定。
撮影時間は4時間~6時間程度で、その間のシャッターは25秒~30秒程度で切っていたそうです。14mmほどの超広角レンズであれば30秒ほど露光しても星は点として写りますからね。

処理した枚数は書かれていませんが、4時間も撮影したとなると、インターバルの時間が30秒ほどあったとしても1時間あたり3600枚程度は切ったでしょうから、そうと仮定した場合は14400枚は処理しないと行けませんね。

違う違う^^;
勘違いしてました。シャッターが30秒だとしたら1分間に最大2枚ですよね。ということは60分で120枚。120枚×4時間で480枚でした。なんという違い。ゴメンナサイ。
インターバルを入れるとしたら半分の240枚ですから、より現実的な数字になりました。


撮影したRAWデータはLightRoomで現像したと書かれていますが、480枚程度なら一括処理ならば出来そうです。1枚1枚丁寧に仕上げるとなると・・・。


いずれにせよ、本当に努力と根気と体力と、そしてマシンパワーが必要なタイムラプス動画ですね。
素晴らしい!



写真関係全般 | 2013.08.22 [EDIT]
前ページ | ホームへ | 次ページ