TOP > iPhone/iPod touch

Googleフォトでのキーワード検索が驚くほど便利! さらに今後は人物検索まで可能に!

写真のクラウドサービスであるGoogleフォトのバージョンアップが昨日発表され、今後は人物タグも付けることが可能になるようです。
スマートフォンの救世主とも言える画期的なフォトアプリ「Googleフォト」ですが非常に便利なタグ検索に付いてご紹介してみようと思います。


Googleフォトアプリをインストールしてスマートフォン内の写真を順次アップロードさせて行くと自動的にGoogleフォトが写真を解析して写真に写っているものをタグ付けしていきます。

つまり写真に写っているキーワードを解析しタグ付けしていくわけですが、そのタグが実に実用的なんです。

たとえば、
空/花火/クルマ/スカイライン/自分撮り/結婚式/遊び場/滝/列車/森林/砂浜/自転車/月/山/日没/磯/アクアリウム
などなど
多くのタグが自動的に付加されます。


アプリの写真一覧にタグが表示されますが、表示されるキーワード以外にも多くのタグが付加されていて検索することが可能です。

Googleフォトアプリを立ち上げて検索項目にたとえば「橋」と入れるだけで「橋」の写真が一覧表示されます。
この自動タグが非常に便利かつ優秀で、昔撮影した「橋」の写真を友人に見せたいんだけど、どこにあったかなぁ~、なんて時にも非常に便利。

もちろん間違ってタグ付けされている写真もあるんですがそれはそれでご愛嬌。


もちろん、野菜の写真や花の写真も「野菜」「花」と検索すれば出てくるんですが、もっと細かく詳細に検索しても引っかかる所が最高に凄い!


ごく一部ですが以下のような項目でも検索できます・

・野菜/くだもの 

  • トマト
  • キュウリ
  • 玉ねぎ
  • ぶどう
  • もも
  • オレンジ




果物や野菜以外にも色々と詳細に検索できるタグが付いています。
自分のiPhoneに入っている写真でザックリ確認しただけでも以下の様なタグが付いていました。実際にはもっと多くのタグ付けが可能だと思うのですが私のiPhone内の写真の種類が少ないので調べ切れていません。
どんなタグが付いているか調べるだけでも結構楽しめますし、今後さらにタグに関しては増えていく可能性も十分にあるんだと思います。





iPhone/iPod touch | 2015.09.30 [EDIT]

ネタかと思ったんですがガチかも知れないスマートフォン用撮影アクセサリ「IndieVice」

スマートフォンでの撮影を劇的?にカッコ良く、便利に出来るアクセサリーの登場があるかも・・・^^;
というのもこれからキックスターターにアップするようで現在のところは価格含めて詳しい情報は無いのですが既にホームページが立ち上がっていて商品説明がされています。

IndieViceと呼ばれるこのアクセサリーですが、スマートフォンを装着するだけでなく様々なアクセサリーを装着できるため動画撮影の際に重宝するかも知れません。



基本的な考え方はスマートフォンを見るためのスコープアクセサリーなんですが、この商品に様々アクセサリーが装着できるので格好いい!って感じる人や使いやすそうっていう人がいるかもしれません。
そんな人が多ければ商品化も?





このIndieVice単体ではスマートフォンの画質が向上するわけでは無いので何かしらのレンズ等を装着するのが基本的な使い方になりそうな感じ。
このIndieViceを装着してiPhoneの撮影画面を見るとこんな感じ↓





iPhone/iPod touch | 2015.05.19 [EDIT]

動画のような空間写真が撮影できるFyuseアプリ

Fyuseってご存知ですか?
私は最近知ったのですが意外と面白いです。


動画と写真の間のような不思議な写真が撮影できるアプリなんですが言葉でいっても伝わらないでしょうから人気になっている写真をいくつかご紹介。

埋め込んだ写真は全てFyuseアプリで撮影されたもの。ひと目でこのアプリの特徴が分かるようなものばかりです。




他にも色々とありますがいくつかご紹介↓





iPhone/iPod touch | 2015.05.09 [EDIT]

トラブルによりiPhone用ステディカム「Elephant Steady」発送予定日が延期 

キックスターター等で出資者を募っていたiPhone用の小型軽量のステディカム「Elephant Steady」が来月より順次発送予定だったのですが、製造工場とのトラブルで発送時期は遅れるとのこと。
アドプラスのElepahnt Steady開発チームから3日ほど前にアナウンスがありました。



非常に小型軽量でiPhone内にあるジャイロを使って動きを制御するという今までにない新しい発想のステディカムに魅力を感じて私も出資しています。国内でも結構な数の方が出資しているのでは?と思います。

来月の到着を楽しみにしていたのですが手元に来るのが遅れるのは少し残念。
ただ中途半端な状態で送られてくるよりも時間はかかっても完璧に仕上がってから届けてもらいたいですね。
最近ではサンコーレアモノショップで"3軸電子制御カメラスタビライザー"なる小型のステディカムが売られていてコチラも結構すぐれものっぽいです。価格は少し高いですが使い勝手は良さそう。

サンコーレアモノショップの"3軸電子制御カメラスタビライザー"も電池駆動型で電動3軸ブラシレスジンバルだから誰でも簡単に撮れるというのがウリ文句らしい。こちらはiPhoneにかぎらずスマートフォンならOKでGoProも取付可能ですからいますぐ電動型の手軽なステディカムが欲しい方は良いかも。



ちなみにElephant Steadyをまったくご存知無い方は以下の動画をどうぞ。

製品の発送が遅れる理由として





iPhone/iPod touch | 2015.01.19 [EDIT]

次期iPhoneはデュアルレンズ採用で光学ズームや位相差AF導入か?

次期iPhoneは2つの背面カメラが搭載されたデュアルレンズ仕様との噂があります。
iPhone 7 may have TWO camera lenses to boost picture quality Daily Mail Online

次のカメラの進化は今までも進歩の中でも最も大きなバージョンアップになるという予測だそうです。今までも驚くような進化を遂げてきたiPhoneのカメラだけにその内容が気になります。
次期iPhoneってことはiPhone7?それともiPhone6s???
上の記事の中では来年のという言葉が出てきますからiPhone7ではなくiPhone6sか・・・。



デュアルレンズを搭載したスマートフォンといえば、真っ先に頭に浮かぶのが「HTC One M8」だと思います。Duo Cameraと呼ばれる2つのカメラを使って後からピント合わせを行えたり被写界深度の調整が行えたりする画期的なスマートフォンですよね。




実際に使ったことは無いのでどの程度の画質なのかまでは知りませんが、大きなレンズ(約410万画素)と小さなレンズ(210万画素)の2つのカメラを使った新しいカメラであることは確か。
「HTC One M8」のカメラ機能に関してはここの記事が詳しいです。


ただ今回の次期iPhoneの噂を読む限りでは「HTC One M8」とは違い2つのレンズを使うデュアルレンズ仕様にする理由は写真画質の向上の為らしい。
詳しい情報に関しては2つのレンズを搭載する可能性があるということ以外は何も無いので勝手ながら予測してみました。
2つのカメラを使って何かを向上させるとなると思い浮かぶのは





iPhone/iPod touch | 2014.11.20 [EDIT]

2万円相当のフィルター等を期間限定で無料に! Adobeが買収したAviaryのフォトエディタアプリ

9月22日にAdobeがAviaryを買収したことを発表したのでAviaryのフォトエディタに関してはご存知の方も多いかもしれませんが、AdobeIDでログインすると通常200ドル分のフィルターやフレーム、スタンプ各種などが期間限定で無料になっています。


先ほど確認したら12/1までの期間限定とのこと。
フィルターが28パック。フレームが24パック。スタンプも51パック。オーバーレイも5パックほど提供されているとのこと。
使いこなすには数が多すぎる気もしますが、もしも自分のスタンスに合っていれば今のうちにダウンロードしておきたいところですね。

もちろん iOS 8、iPhone 6、iPhone 6 Plusをサポートしています。


【Aviaryのフォトエディタ】
https://itunes.apple.com/jp/app/aviarynofotoedita/id527445936?mt=8&ign-mpt=uo%3D4



iPhone/iPod touch | 2014.11.17 [EDIT]

写真の文字をOCRして翻訳してくれる便利アプリが無料になってます。通常500円

たまたま見つけたのですがダウンロードしてみて結構使えそうだったのでご紹介しておきます。
恐らく本日のみの無料かも。これを書いている時点では無料ですが朝になって有料になってたらゴメンナサイm(__)m


写真を翻訳 - Cam,PDFドキュメントスキャナ、OCR、テキストグラバーと翻訳

似たようなアプリもあるのかも知れませんが、たまたまダウンロードしてみたら意外と使い勝手が良さそうだったので消さずに残しておこうと思います。
英語が堪能な方には必要ないと思いますが私のような人間にとっては重宝しそうです。
アプリの説明にあるように雑誌などの書籍の翻訳には役に立つかも。


あ、もしも上のアプリが500円に戻ってしまっていたら下のアプリはいかがでしょうか?





iPhone/iPod touch | 2014.10.16 [EDIT]

レンズを繰り出すこと無く光学ズームが可能なスマートフォン用レンズが既に開発されていた

iPhone6Plusには光学手ブレ補正がついに搭載され、残るは光学ズームの搭載!!! 来年発表されるであろうiPhone6Sには光学ズームが搭載されるのでは?な~んて夢みたいな話が実は結構すぐそこまで来ているということで話題になっています。

DynaOpticsというベンチャーが開発するスマートフォン用レンズが今までの繰り出し型ズームレンズとは全く考え方の違うズームレンズを開発しているそうです。
海外のネットメディアが技術発表を受けて一斉に報道しています。

DynaOpticsは2010年に発足されたスタンフォード大学公認の起業支援組織"StartX"から誕生した企業の一つだそうですが、スタンフォード発の企業が一体どんなカラクリのレンズを創り出したのか非常に気になります。

考え方としては以下の図のようなイメージだそうです。



凹凸レンズでは無い???
前後のレンズをズラすことによって広角から望遠まで画角を変えていくというイメージなのでしょうかね。
この技術を使うとレンズを繰り出す必要がないのだとか。
つまり非常に薄いスマートフォンにマッチングしたレンズでありながら光学ズームを搭載できる夢の様なレンズです。


CEOのLi Han CHAN氏がブログでレンズを手に持っている写真をブログにアップしているのですが、手に持っているレンズが小さくてよく分からない(笑)一応その写真のレンズ拡大部がこちら↓





iPhone/iPod touch | 2014.10.01 [EDIT]

iPhoneのカメラをマニュアル操作で使えるアプリが登場 ISOもシャッター速度も自由に!

無料ではなく有料アプリですがiPhoneのカメラをマニュアル操作出来る待望のアプリが登場しました。
【Manual – Custom exposure camera】

このアプリは

  • シャッタースピード
  • ISO感度
  • ホワイトバランス
  • ピント
    これらの項目でマニュアル操作が出来てなおかつ露出ブランケット機能も付いているようです。



ヒストグラム表示やEXIFビューア機能もあるそうなんですが、iOS8以上でないとインストール出来ないので私のiPhone5sには入れてません・・・^^;

一度使ってみたいですね。シャッター速度の最低値とかは気になります。

             
本当は5sもiOS8にしたいのですがまだ様子見。

このアプリが実際に動いている様子はYouTubeに上がっているので後で貼り付けておきます。
現在200円なのでそれほど高いアプリでもありません。今後は既存アプリでもアップデートでマニュアルモードが追加されるかも知れませんが、いち早くマニュアル操作がしたい方や気になった方はどうぞ。

Manual – Custom exposure camera





iPhone/iPod touch | 2014.09.25 [EDIT]

歴代iPhone全てのカメラで同一被写体を撮影して性能比較しているサイトのご紹介。

"snap snap snap"というCamera+やmagicamアプリを作っているメーカーのサイトがあるんですが、その中で投稿された以下のエントリーが非常に話題になっています。
・iPhone camera evolution How does the iPhone 6 camera compare to previous iPhone cameras?

サイトが盛り上がればサイトで紹介している自社アプリの売上にも大きく影響するとあって、かなり力の入ったエントリーになっています。サイトで拡散されるように色々と仕掛けているかとも思いますが、素直に参考になるページでもあるのでご紹介します。

Lisa Bettany氏が投稿した記事ですが初代iPhone~iPhone6まで同じ被写体を撮影しそれをスリット状に並べて比較しています。



比較はそれぞれ6つのシチュエーションごとに分かれ行われています。
・Macro
・Backlit
・Daylight
・Portrait
・Sunset
・Lowlight

下が縮小キャプチャー画面。




実際の比較写真は以下のソースサイトにて確認してみてください。
iPhone6のフォーカス速度などハードの部分の比較は実際に触ってみないと体感できませんが、画像比較だけでもこうしてわかりやすく並べてくれると参考になります。

初代iPhoneからこんなに進化してるんですね~。
ただ5Sと6ってもう少し差があるんじゃないかと思っていたので結構意外。

比較サイトはこちら↓





iPhone/iPod touch | 2014.09.24 [EDIT]
前ページ | ホームへ | 次ページ