TOPカメラ関係

ついにコンパクトデジカメでCM撮影だそうです。ソニーが新サイバーショットで岡田准一氏を起用して製作。明日2月7日から放送とのこと。

コンデジでの撮影って相手に余計な気を使わせずに、比較的ありのままを撮影できますよね。

そんなことを感じている昨今、新しい話題がきました。


ソニーから新しいコンデジとして2機種発表されたんですが、その性能の発表の場としてCMを使うことになったらしいです。

新しいサイバーショットは
『DSC-TX7』と『DSC-HX5V』


上記写真はDSC-HX5V



『DSC-TX7』は薄型コンパクトを売り文句として発売。
『DSC-HX5V』は高倍率でもブレないことを強調。

両方とも45,000円程度の発売になるそうです。


まだ、CMを見ていないので何とも言えないのですが、メイキングもソニーのHPで発表するらしいので、どんな環境下で撮影されたのかが非常に気になりますね。


CMは2010年2月7日(日)~ 全国(一部除く)O.A.予定

メイキング動画は1日遅れて2月8日の13:00~
http://www.sony.jp/cyber-shot/madewith/
上記アドレスで公開だそうです。

もちろんメイキング動画もサイバーショットで撮影したもの。


CMは15秒バージョンと30秒バージョンの2種類があるそうで、内容的には

<ストーリー>

岡田さんが被写体を探しながら次々と撮影していきます。

撮影した映像を確認して、クオリティの高さに一言。

「この動画はすごい!」最後に岡田さんが新しい

コンパクトデジタルカメラの時代を宣言。

「サイバーショットは、フルハイビジョンへ」


とのこと。


気になるといえば、気になる(~_~;)


ただ問題なのが、

テレビCMをフルハイビジョン対応のテレビで見なくちゃ真意は伝わらないということでしょ?

うちのテレビはハイビジョン対応だけど、フルハイビジョンじゃないもんなぁ(笑)

まあ、ある程度は伝わるのかな?
いつ流れるのか告知がないから、CM枠の買い方は時間枠では買ってないのでしょうね。


撮影では通常の大きなカメラに慣れている岡田氏にとっては、コンデジで撮影されている違和感があったそうで、目線を合わせるのが大変だったとの。

普通は大きなカメラで撮影されたら緊張してカチカチになるのに、さすがは大物(笑)


しかし、撮影中に邪魔に感じなかったとの感想もあったようで、この感想に関しては万人に言えることなのかな。

その場に溶け込むことが大切なカメラマンという職業にあっては、意識させない!邪魔にならない!

と言う点においては、ひとつ考えるべき点があるのかも知れません。






カメラ関係 | 2010.02.06 [EDIT]

【関連するタグ】

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<2009年のアート・フォト・サイト写真集人気ランキングが発表されました。 | ホームへ | このサイトの価格は800円!? サイト価格ランキングのブログパーツを付けてみました。「サイトキャッチャー」>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |