TOPフォトショップの使い方講座

簡単に人の肌を綺麗にする方法

画面のキャプチャを動画でお見せしていますが、テックスミス社のCamtasia Studio 6というソフトを使っております。

今までは、30日間の体験版を使っておりましたが、このたび正規品を手に入れました(^^♪

テックスミス社さま、ありがとうございます。
これで継続的に動画キャプチャをUPできます。
今後、Camtasia Studio 6 についてもご説明したいと思います。


さて、多くの方が気になる人物の肌の処理をご紹介します。

肌を綺麗にする。と、言っても無数に方法はあるかと(~_~;)

ですので、とても簡単に、そして画像を荒くする事無く、肌の色を綺麗に出来る方法をひとつ。


フリーで公開されている女性の写真を使わせて頂きました。

元画像



処理後






元画像


処理後



方法としては、非常にシステマチックですのでご自分でアクションとして登録することも可能かと思います。気に入った方はどうぞご登録してみてください。


最後に動画でご説明しますが、まずは文章で簡単に説明を・・・

画像を開いたら、

Labチャンネルに変換します。

新規レイヤを作成。

新規レイヤを選択した状態で、画像操作を選び、
レイヤーは「背景」
チャンネルは「a」
描画モードは「ソフトライト」
を選びます。



その後、作成されたレイヤーの描画をスクリーンに変更し、不透明度を10~30程度に調整します。

髪の毛などにも、色が乗ってしまうので、レイヤーにマスクをかけるのですが、簡単な方法としては、チャンネルのLをCtrlを押しながらクリックすると輝度が選択されますので、選択された状態でレイヤーマスクを作成してあげれば、黒の部分には適用されません。

このマスクは画像によって調整してみてください。

たったこれだけの作業です。非常に簡単です。
もしも、画像が暗ければトーンカーブ等で調整してくださいね。


動画でもどうぞ。





このエントリーをはてなブックマークに追加



【関連するタグ】

【最新記事一覧】

11/20   アサヒカメラでは「写真好きのための法律&マナー SEASON 2」の連載が行われています
11/15   7.67MBのJPEGデータが988KBに!新画像フォーマット「Webp」の実力とphotoshopでの扱い方
11/14   ブログの記事が一瞬にして消えた(T_T) 国際宇宙ステーションから満天の星空を撮影するのが難しいという記事を書いていたのに・・・
11/13   膨大なアナログ写真(フィルムや紙焼き)をデータ化しAIで解析することにより価値を増大させる取り組み
11/12   撮り鉄問題。私が20年前に写真コンテスト審査会場で言われた一言を思い出した。
11/09   Sony a7 III vs Canon EOS R vs Nikon Z7 vs Fuji X-T3を比較したISO高感度ノイズ対決動画など
11/07   写真関連ニュース 約550種類のカメラやレンズが定額制で借り放題のサービスGooPass(グーパス)が登場!など
11/06   写真関連ニュース 新聞社写真部の仕事の舞台裏や送信方法の変遷/フィルムカメラ展など 2018年11月6日
11/05   写真関連ニュース アイドルと学ぶ『カメラ基礎講座』や電源ケーブルも無い完全ワイヤレス屋外用wifi監視カメラなど 2018
11/03   写真関連ニュース オバマ大統領を追いかける朝日新聞社カメラマンの舞台裏/Nikon Z6がついに全国のカメラ店で先行展示など 2018年11月3日
11/02   写真関連ニュース Flickr無料版の保存容量が1TBから1000点に/スタジオ撮影講座の「Profoto Academy」の日本語字幕が開始 2018年11月2日
11/01   写真関連ニュース Adobe Lightroomが直感的に使える「Loupedeck+」のレビューなど 2018年11月1日

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<「Hague Mini Motion-Cam」が届いた! 激安ステディカムをNikon D5000に装着 | ホームへ | 週刊ダイヤモンドの表紙にアイコンが載りました。>>
こういう光を起こす作業は撮影の段階できちんとライティングしてすることですよね。
この方法はPhotoshopを使って肌を綺麗にするという意味では違うような気がします。
2010/02/28 02:20 | Keith #- | [edit]
Keithさん

ご指摘ごもっともですね。撮影の段階で最大限に努力するのがカメラマンの仕事です。

ただ、記事内にも書きましたが写真は借り物であり、処理テスト用の画像です。実際、どのような画像を使うかは各個々人に委ねられます。

フォトショップでこの方法を使うと、このように変化します。ということを結局のところは言いたい訳で、分かりやすく肌の修正というタイトルを付けました。

その意味では肌を綺麗にするというタイトルが最適だったかどうかは確かに疑問です。
この方法を使って、別の使い方をするかたもいるでしょうし、十人十色ではないでしょうか?
2010/03/01 00:15 | ☆Orca☆ #VjrOQt26 | [edit]
  • 【】
【// :】
| ホームへ |