TOPカメラ関係

SB-900がやはり加熱(~_~;) Nikonスピードライト

過熱防止の文字が「加熱」となっておりました(~_~;)
申し訳ありませんでしたm(__)m
正しくは「過熱防止」です。



ここの所、毎日毎日忙しくて・・・。撮影する枚数もハンパない(~_~;)

外は暑いし、インフルエンザは流行ってるしで外での撮影は結構大変。機材にも限界値ギリギリで頑張ってもらってます(^^♪


でも、新しいニコンのスピードライトSB-900の加熱過熱防止機能ってのはすぐに警告表示が出ます。本当にこれしか撮影していないのに警告???ってことも。

以前は、加熱過熱防止機能をONに設定していたので撮影中にスピードライトがスリープしちゃって大変だったので、現在は加熱過熱防止機能の設定をOFFに。


今までのスピードライトに温度計なんて付いていなかったし、加熱過熱防止機能も付いていなかったですが、故障した経験は無し。

以前と同じような使い方をしていてSB-900の加熱過熱防止機能の警告が出るってことは今までのSB-800とかのスピードライトでも、表示は出ないものの警告状態だったと言うことでしょ?

でも、今まで故障したことないしなぁ~(~_~;)
SB-900の加熱過熱防止機能って疑問なんですけど・・・。


ちょっと撮影しただけで、



こんな風に温度が上昇。警告表示が出る直前まで温度が上昇してますね。で、このまま撮影を続けると、あっという間に警告表示が出ます。



温度上昇の警告表示にも3段階あって、上の表示上体は温度が最高になった状態を示しています。
しかし、加熱過熱防止機構をOFFにしているのでシャッターを切ればストロボは光ります。

ただ、今日はストロボが半分壊れたような気がしました。というのは、何も触っていないのに、いきなりプレビューボタンを押したときのように、少ない光量のパッという発光がパッパッパッパッパッパッ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
っと光るんですね~(~_~;)


何かの接触エラーなのかもしれませんが、少し壊れたかも。う~~~ん。この程度で壊れるとはSB-800の方が圧倒的に優秀というか頑丈ですね~。


余計な機能は付けないで良いから、ちゃんと現場で使えるストロボを作ってもらわないと困りますOrz
とは言っても、あの小さな箱の中でどれだけスゴイことが行われているのか技術者からしたら驚きの機械なんだとおもいます。

友人にCADで基盤設計してのがいるのですが、彼いわく「スピードライトの中の基盤設計は並みの人間じゃ出来ないよ。あの中身は偶然に偶然が重なって出来たとしか思えないほど複雑で難しい基盤だと思う」と言っていました。

確かに、あれほどの高出力を出す箱の中でCPUが動いているわけですからスゴイ話です。

とはいえ、現場で使えなければ意味は無いわけで、その辺りはニコンさんに頑張って欲しいです。







カメラ関係 | 2009.08.22 [EDIT]

【関連するタグ】

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<「WinZip 12.1」JPEGも20~25%程度圧縮可能とのこと。 | ホームへ | サンディスクのおまけ CFカードケース>>
私も買って間もない仕事撮影の最中に 発熱警告=発光禁止 が出ました。 その日にニコン梅田に文句を言いました。 カスタム設定で 発熱警告 が出ても 発光禁止 にならないような設定に出来る と教えてくれた。 その設定で1年使いましたが、やはり 発熱警告 が発生すると 調光精度(露出精度)がバラ付きます。 このストロボに外部電源など、もう投資する気がなくなりました。 ですからニッシンDi866プロに浮気しました。 不安なメーカーでしたが、発色はシアン浮きもなく、調光精度も正確。 これでSB-900のようにストロボヘッドが左右180度まわり、フロント補助光が32分の1まで落とせたら最強マシーンになりますよ。
2010/01/07 20:06 | アリュールスポーツ #JC.SlBpo | [edit]
アリュールスポーツさん

>発熱警告 が発生すると 調光精度(露出精度)がバラ付きます。

まったく気にもとめていなかったのですが、貴重な情報ありがとうございます。
今度、私も調べてみようかと思います(^^♪

2010/01/08 13:48 | ☆Orca☆ #- | [edit]
  • 【】
【// :】
| ホームへ |