TOP時計関係

伝説の時計! マリーアントワネットが16日~31日 東京・銀座のニコラス・G・ハイエックセンターで一般公開

伝説の時計!

幻の時計!

世界最高峰の時計!

超複雑時計 マリーアントワネット「ブレゲNo.160」

 

2007年11月11日、発見されたマリー・アントワネット(Marie Antoinette)の懐中時計。 (c)AFP/MENAHEM KAHANA

 

 

 

どんな言葉を使っても言い表せないほどのスゴイ時計のレプリカが日本に来ています。

 

 

レプリカだからといって、侮ってはいけません。

 

 

本物の超複雑時計「マリーアントワネット」は天才時計師ブレゲが44年間かけて製作した信じられないようなスゴイ時計なんです。

 

 

なぜ、この超複雑時計が「マリーアントワネット」と呼ばれるのか。それはブレゲに、この時計を作るように注文を出したのがマリーアントワネットだったんですね~。

 

このマリーアントワネットは時計マニアには伝説の時計として語られている超有名な時計なんです。

 

 

 

なぜ、そんなに有名なのかというと、天才時計師ブレゲが、持てる技術の全てを駆使して世界で一番複雑で美しい時計を作り上げたからなんです。

 

そして、その時計は現代においても複雑すぎて同じものを作ることは不可能だと長い間言われていたんですね。これを聞いただけでもスゴイでしょ。

 

 

 

この小さな懐中時計の中に

「永久カレンダー」

「ミニッツリピーター」

「パワーリザーブ表示」

「バイメタル温度計」

などの複雑機構が入っているんです。

(ブレゲといえばトゥールビヨンが有名ですが、この時計には入っていないそうです。製作注文を受けた時点ではまだトゥールビヨンを発明していなかったのが原因だったとか)

 

 

 

 

これだけで、伝説の時計と言っても過言ではないのですが、なぜ伝説!幻!と言われるかというと、注文をしたマリーアントワネット自身は、処刑され、この時計の出来上がりを見ることが出来なかったこと。

 

そして、マリーアントワネットが死んでしまったために、これほどの時計を購入できる人が現れることは無く、誰の手に渡ることも無かったんです。

 

それどころか、1983年に時計が盗まれるという時計の窃盗事件の歴史上もっともショッキングな事件が発生したんです。

 

 

ですので、同じものを二度と作れないほどの複雑なマリーアントワネットは本当に幻の時計になってしまったわけです。

 

 

 

しか~し、一昨年本物が見つかったとして、昨年のスイスの時計フェア・バーゼルワールドで本物と、レプリカが同時展示されるという夢の競演が実現したんですね~。

 

時計マニアは世界中からマリーアントワネットを見るために集まったようです。

 

 

 

これが、レプリカ

 

どうでしょう?

見事な出来ではないでしょうか?

 

本物のマリーアントワネットの設計図等は残っていないと言われている中で、良くここまで再現できたものです。驚きというか、ため息が出るような美しさです。

 

 

 

 

で、このレプリカが今月の16日~31日 東京・銀座のニコラス・G・ハイエックセンターで一般公開されるというんです!!!!

 

つまり今日から一般公開!

 

 

これは見に行くしかありません!

 

ぜひ、隣近所、友人、親類をお誘いの上、世界最高の時計をみんなで見に行きましょう!!!

 





このエントリーをはてなブックマークに追加



時計関係 | 2009.05.16 [EDIT]

【関連するタグ】

【最新記事一覧】

12/07   マウントアダプターの世界が奥深い。MFレンズがAFレンズのように使えるアダプターがあるとは・・・
12/05   マルチレンズカメラとシングルレンズカメラは共存共栄で発展!? ユーザーが意識せず使える時代へ
11/28   最近話題のコンピュテーショナル・フォトグラフィーが気になる
11/26   Nikon Z6のISO感度別テストデータ 驚きの高感度ノイズ耐性!
11/20   アサヒカメラでは「写真好きのための法律&マナー SEASON 2」の連載が行われています
11/15   7.67MBのJPEGデータが988KBに!新画像フォーマット「Webp」の実力とphotoshopでの扱い方
11/14   ブログの記事が一瞬にして消えた(T_T) 国際宇宙ステーションから満天の星空を撮影するのが難しいという記事を書いていたのに・・・
11/13   膨大なアナログ写真(フィルムや紙焼き)をデータ化しAIで解析することにより価値を増大させる取り組み
11/12   撮り鉄問題。私が20年前に写真コンテスト審査会場で言われた一言を思い出した。
11/09   Sony a7 III vs Canon EOS R vs Nikon Z7 vs Fuji X-T3を比較したISO高感度ノイズ対決動画など
11/07   写真関連ニュース 約550種類のカメラやレンズが定額制で借り放題のサービスGooPass(グーパス)が登場!など
11/06   写真関連ニュース 新聞社写真部の仕事の舞台裏や送信方法の変遷/フィルムカメラ展など 2018年11月6日

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<新型インフルエンザに関しての備忘録  | ホームへ | 東洋経済に連載されたキヤノン工場特集の「上・下」がWEBにUPされているそうです。>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |