TOPフォトショップの使い方講座

レイヤーの描画「スクリーン」を使って写真を明るく補正する

グーグルディレクトリの「アート・写真・テクニックとスタイル・デジタル」などという、たいそうなディレクトリに登録されてしまったので、初心者用のレタッチテクニックをある程度充実させて、その後、中級を充実させていこうかと・・・。

(あくまでも予定!)

アクセス解析を久しぶりに見てみたらフォトショップネタで閲覧されている方が結構いることにビックリしました。
なので、依然として反応というか、対話の少ないブログですが、一応UPして行く予定です。



バージョンによって、多少違ってきますが、まあ、そこはご愛嬌でお願いします(笑)


※いまだ多くの方が使っていると思われるバージョン7で解説しています。ある程度バージョン7で解説を充実させたらCS4を使って書こうかとも考えていますが、そこまで頑張れるか・・・(~_~;)ウ~ン



では、以下から本文です。




写真を明るくする方法は沢山あるのですが、少しだけフォトショップを使える!っていう気分になれるのが「スクリーン」を使って写真を明るくする方法です。


まずは、画像を開きます。

20090425スクリーンで明るく001


次にウィンドウからレイヤーを選んでレイヤーパレットを出しましょう。

20090425スクリーンで明るく002

これが、レイヤーパレットです。

20090425スクリーンで明るく003

背景の上でマウスを右クリック。
するとウィンドウが出てきますので、そこでレイヤーを複製を選んでクリックします。

20090425スクリーンで明るく004


バージョンによっては違ってきますが、基本は下の画像のようなウィンドウが出てきますので、まだ初級編なので名称等は変更せずにとりあえずOKをクリックしてください。

20090425スクリーンで明るく005


すると、最初に表示させたレイヤーパレットに背景のコピーというレイヤーが追加されました。

20090425スクリーンで明るく006


そしたら、下の画像を参考にスクリーンを選択してクリックしてみてください。

20090425スクリーンで明るく007

すると、アラ不思議(笑)
最初の画像と比べれば一目瞭然ですが、とても明るく変化しました。

20090425スクリーンで明るく008

レイヤーパレットの不透明度の%を変化させることによって、明るさの調整が可能です。
上の写真は不透明度が100%になっていますが、50%に変更させてみましょう。
20090425スクリーンで明るく009


すると、このように変化します。
先ほどの100%と比べると明るさが軽減されています。
20090425スクリーンで明るく010







【関連するタグ】

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<切り抜きツールの解説 プリセットを作る | ホームへ | iPhone/iPod touch用のフリー辞書「キグソフト辞書」(Kingsoft Dictionary)がダウンロード出来るようになっています。>>
どの教科書にも無い応用編を。
カラの調整レイヤーを上に乗せ、レイヤーのモードを切り替えてみましょう。
2009/04/26 00:29 | 画像屋 #Cffe//BI | [edit]
画像屋さま

本職の方に応用の方法を教えて頂けるとは(^^♪

応用は、何も数値をイジらずに調整レイヤーを作成してモード変更ですね。

ありがとうございます。


描画モードを使いこなせるようになると面白いとは思うのですが、全てが全て、使いこなせているとは言いがたいです。

モードの本格的な使い方は一から勉強しなおして、中級あたりで書こうかと(~_~;)
2009/04/26 00:45 | Orca #VjrOQt26 | [edit]
  • 【】
【// :】
| ホームへ |